RTFファイルを変換して開く方法

0
330

さまざまなファイル形式の中で、RTFに出会うユーザーもいます。この形式は、テキスト文書を保存するために設計されています。その結果、ユーザーは、PCやオンラインでRTFファイルを開く方法について疑問を持ちます。

RTFファイルを変換して開くために必要なもの

拡張子がRTFのファイルは、リッチテキストフォーマットファイルです。プレーンテキストファイルとは異なり、太字や斜体などの書式設定や、さまざまなフォント、サイズ、画像などを含むことができます。

RTFファイルは、多くのプログラムでサポートされているため便利です。つまり、macOSなどの特定のオペレーティングシステムのあるプログラムでRTFファイルを作成し、その同じRTFファイルをWindowsやLinuxで開いても、基本的に同じように見えるということです。

WindowsでRTFファイルを開く最も簡単な方法は、WordPadがプリインストールされているので、それを使うことです。しかし、LibreOffice、OpenOffice、Jarte、AbiWord、WPS Office、SoftMaker FreeOfficeなど、他のワープロソフトでも問題なく動作します。

そこで、RTFファイルを変換して開く方法を紹介します。

RTFファイルとは

RTF形式は、1982年にマイクロソフト社とアドビ社が共同で、テキストエディター「Word」用に作成したものです。その後、両社は別々の道を歩み、マイクロソフト社だけがこのフォーマットの開発を担当するようになりました。PostScript言語は1985年に作成されました。フォーマット仕様の最終更新は2006年に発表された。

RTF形式はメタタグをサポートしているので、文書の保存によく使われます。インターネット上には、RTF形式で保存された文書や電子書籍がかなり多く存在します。そこでユーザーは、PCでRTF形式を開く方法、またはPCでソフトウェアを使用せずにオンラインでRTFファイルを開く方法について、疑問を持っています。RTFを開くプログラム、またはRTFをオンラインで開くことができるインターネット上のサービスが必要です。

RTFファイルを開くソフトウェアによって、ドキュメントの内容をさらに操作するためのユーザーのオプションは異なります。RTFファイルを開くソフトによっては、編集が可能なものもあれば、閲覧のみのソフトもあります。

プログラムウィンドウからエクスプローラダイアログボックスでRTFファイルを選択するには、アプリケーションのグラフィカルインターフェースで必要な操作に加えて、キーボードショートカット「Ctrl + O」を使用します。

RTF文書をWordPadで開く方法

このアプリはオペレーティングシステムに組み込まれており、RTFファイルがこのプログラムのメインフォーマットであるため、RTFファイルを扱うために特別に設計されています。WordPad は、「スタート」メニューの標準プログラムのフォルダで見つかります。WordPad で RTF ドキュメントを開くには、次の手順を実行する必要があります。

  • PCでプログラムを実行する。
  • ファイル」メニューを開き、コンテキストメニューの「開く」をクリックする。
  • エクスプローラ]ダイアログボックスで、RTFファイルを選択します。
  • WordPadウィンドウにRTF文書が表示されます。

WordPadのドキュメントの内容はページ分割されておらず、リーディングモードもありません。開いているファイルを編集するためのオプションが組み込まれています。

RTFをWordで開く方法

多くのユーザーは、Wordと呼ばれるワープロを含む人気のオフィスソフトパッケージ、Microsoft Officeを持っています。MS Wordは同じ開発元のソフトウェアなので、RTFファイルを開くのに問題はありません。

プログラムインターフェイスまたはエクスプローラのコンテキストメニューからRTFファイルを開くことができます。Always use this program to open .rtf files” ボックスをチェックすると、この形式のファイルは自動的にこのテキストエディタで開かれます。

LibreOffice で RTF ファイルを開く方法

無料のオフィススイート「LibreOffice」には、RTFファイルを開くことをサポートする「Writer」アプリがあります。Windowsだけでなく、他のオペレーティングシステムもPCにインストールすることができます。どちらの場合も、LibreOffice はこのテキスト形式を開くことをサポートしています。LibreOffice で RTF ファイルを開くには、次の手順に従います。

  • LibreOfficeのメインウィンドウで、“Document Writer “ボタンをクリックします。
  • LibreOffice Writerのウィンドウで、「ファイル」メニューから、「開く」をクリックします
  • デバイスからファイルをアップロードします。

必要に応じて、LibreOffice Writerで拡張子が”.rtf “のファイルを編集することができます。

Google ドキュメントで RTF ファイルを開く方法

クラウドストレージ「Google Drive」は、Googleメール(gmail.com)のメールユーザーであれば誰でも利用することができます。このクラウドには、テキスト、表、プレゼンテーションを扱うためのGoogle Docsツールがあります。Googleドキュメントの機能を利用するには、以下の手順で行います。

  • ブラウザでGoogleドライブを開く。
  • 新規作成」ボタンをクリックします。
  • 次に、「ファイルのアップロード」を選択します。
  • ファイルを右クリックし、コンテキストメニューから「Open with」「Google Docs」を選択します。
  • RTFファイルは、クラウドサービス「Google ドキュメント」で開かれます。

RTFファイルの変換方法

RTFファイルを変換する最も早い方法は、FileZigZagのようなオンラインRTFコンバータを使用することです。RTFをDOC、PDF、TXT、ODT、またはHTMLファイルとして保存することができます。RTFをオンラインでPDFに変換したり、PNG、PCX、PSに変換するもう一つの方法は、Zamzarを使用することです。

RTFフォーマットで他に気になる点

RTF形式は1987年に初めて使用されましたが、Microsoftは2008年に更新を停止しました。それ以来、この形式にはいくつかの変更が加えられています。これは、RTFのどのバージョンを使用するかによって、あるドキュメントエディターがRTFファイルを作成した他のエディターと同じように表示するかどうかを決定するものです。

例えば、RTFファイルに画像を挿入することはできますが、すべてのリーダーが最新のRTF仕様に更新されているわけではないので、どのように表示すればよいのかわかりません。

Windowsのヘルプファイルには、かつてRTFファイルが使われていましたが、現在はCHMという拡張子を持つMicrosoft Compiled HTMLヘルプファイルに置き換わっています。

RTF形式はバイナリではなくXMLをベースにしているので、実際にはメモ帳などのテキストエディタでファイルを開けば内容を読むことができます。

RTFファイルはマクロをサポートしていませんが、だからといってRTFファイルがマクロセーフであるわけではありません。例えば、マクロを含むMS Wordファイルは、名前を変更して拡張子をRTFにすることで安全に見せることができますが、その後MS Wordで開くと、実際にはRTFファイルではないため、マクロは問題なく動作することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here