Windows 10のアップデートエラー0x80244018を修正する方法

0
939

Windows 10 PC の OS をアップデートすることで、PC の全体的なパフォーマンスを向上させることができます。前のバージョンのアップデートによるバグ修正や問題点はもちろん、新しく追加された機能、強化されたプライバシー、セキュリティ対策も享受できます。しかし、アップデートすると、時にはすべてを台無しにするようなバグが現れることがあります。それは修正可能であることを知っておく必要があります。

Windows 10のアップデートエラー0x80244018を修正するために必要なもの

最近の機器はすべて、定期的なソフトウェアのアップデートが必要です。これは、特にPCに当てはまります。オペレーティング・システムの開発者は、PCの様々なバグフィックスやセキュリティ・アップデートを含む新しいアップデートを常にリリースしています。

これは、特にWindowsオペレーティングシステムに当てはまります。マイクロソフトは、システムの改善、様々な新機能の追加、バグの修正などを目的とした新しいアップデートを常にリリースしています。

Windowsの長年の歴史の中で、マイクロソフトはオペレーティング・システムをアップデートするためのかなり便利なツールを開発してきました。

現在では、Windows Updateを使用して、最新の更新プログラムをダウンロードすることができます。しかし、この機能を使用する際に、時々、エラー0x80244018が発生することがあります。

さて、ここではこのエラーを修正する方法を説明します。ステップバイステップで進めていきましょう。

エラー0x80244018とは?

0x80244018エラーは、通常、Windows 11またはWindows 10のPCでWindows Update経由でFeature Updateをインストールしようとしたときに発生します。この場合、更新プログラムをインストールしようとすると、エラーコード0x80244018が表示され、失敗します。

このエラーの主な原因は、お使いのPCがプロキシサーバーを経由してインターネットに接続されていることです。

Windows 10 PC のアップグレードや Microsoft Store アプリのインストール時に発生するエラー 0x80244018 には、他にも考えられる原因や理由があることを念頭に置いてください。これを特定することで、アップデートを続行できるように、修正方法に力を注ぐことができます。

Windowsのエラー0x80244018を修正する方法

もし、そのような問題に出くわしても、怖がる必要はありません。実は、この問題を解決するのはとても簡単です。そのためには、次のことが必要です。

プロキシサーバーの無効化

エラーの説明によると、お使いのPCがプロキシサーバー経由で接続されているようですので、PCからプロキシサーバーを無効化または削除してみてください。その後、アップデートを再実行し、問題が解決されるかどうかを確認してください。

また、VPNサービスを利用している場合にも問題が発生することがあります。これは、WindowsクライアントPCとWindows Updateサーバー間の接続をブロックする干渉が原因です。この場合、VPNを事前にインストールしている場合は、VPNを無効にしてください。

アンチウイルスとダウンロードマネージャを無効にする

アンチウイルスソフトやネットワーク監視ソフトは、Windowsストアからのアプリケーションのダウンロードを防止またはブロックすることができます。

ユーザーからのフィードバックによると、Avira Security SuiteとAVGのセキュリティパッケージがブロックに関与していることが判明しています。したがって、これらのアンチウイルスを使用している場合、一時的にリアルタイム保護を無効にしてみてください。これを行うには、タスクバーにあるアンチウイルスのアイコンを右クリックし、対応する項目を選択します。

PCにダウンロードマネージャがインストールされている場合は、無効化またはアンインストールすることをお勧めします。ダウンロード マネージャーは、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を妨害することがあります。また、MBSAがMssecure.cabセキュリティ更新プログラムをダウンロードするのを妨害することもあります。

ネットワークとインターネット接続を確認する

インターネット接続が安定しているかどうかを確認してください。これもアップデートに問題がある可能性があります。可能であれば、デバイスを別のネットワークまたはアクセスポイントに再接続してみてください。多くの場合、この方法でアップデートの問題が解決されます。

BITSサービスを再起動する

サードパーティアプリによってBackground Intelligent Transfer Service(BITS)が手動で停止または無効化されているため、エラー0x80244018が発生している可能性があります。これを起動するには、以下の手順に従ってください。

  • 実行ウィンドウから「services.msc」コマンドでシステムサービスを開く(「Win + R」キーを押す)。
  • 次に、BITSサービスを見つけてダブルクリックし、そのプロパティを展開します。
  • その後、「起動の種類」のドロップダウンリストをクリックし、値を「自動(遅延起動)」に変更します
  • 次に、サービスを強制的に開始し、「OK」まで変更を保存します。

Windows Updateトラブルシューターを実行する

Windowsには、Windows Update Troubleshooterというトラブルシューターが内蔵されています。これを実行してから、更新を再実行してみてください。エラーが発生せずに手順が完了するかどうか確認してください。

そのためには、以下の手順を踏む必要があります。

  • まず、「Win + R」キーを押します
  • 次に、テキストフィールドに「ms-settings:troubleshoot」コマンドを入力します。
  • その後、「追加のトラブルシューター」のリンクをクリックします。
  • 最後に、「Windows Update」をクリックします。

ユーティリティが最初のスキャンを完了するのを待ちます。不一致が見つかった場合は、「この修正を適用する」ボタンをクリックして要求を確定します。

終了後、PCを再起動し、エラー0x80244018でアプリが中断されるかどうか確認します。

Windows 11/10 ISOでアップデートする

Windows UpdateまたはWindows Updateアシスタントを使用してアップデートする場合、インターネット接続が必要な場合があります。Windows 11/10のISOを使用して更新することができます。この方法では、更新時にインターネットに接続する必要はありません。

ISOイメージのダウンロード後に必要なことは、デバイスをインターネットから切断し、ISOイメージをマウントし、setup.exeをダブルクリックして、Windowsインプレースアップデートプロセスを開始することです。更新プロセスが正常に完了したら、PCをインターネットに接続し、更新プログラムを確認し、利用可能な更新プログラムをインストールすることができます。

Windows 11/10のクリーンインストール

それがうまくいかない場合は、リムーバブルドライブに必要なすべてのファイルのコピーを作成することができます。その後、Windows 11/10をPCにクリーンインストールするだけです。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here