iPhoneの画面が消えないようにする方法

0
757

iPhoneの画面が使用中に消え続けてイライラしている人はいませんか?特に重要な作業の最中や映画を見ている時など、イライラすることがありますよね。しかし、iPhoneの自動ロックを解除する方法があります。ディスプレイの設定からこれを行うことができます。

iPhoneの自動ロックを解除する方法

iPhoneのオートロック機能は、一定時間操作しないと自動的に画面がオフになり、バッテリーの寿命を節約するように設計されています。しかし、自動ロックの設定をより長い時間に調整したり、完全に無効にして画面の電源を切らないようにすることもできます。ここでは、iPhoneのオートロックの設定を調整する方法を説明します:

  • iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  • 下にスクロールして、「ディスプレイと明るさ」をタップします。
  • 自動ロック」をタップします。
  • 自動ロックの時間間隔を選択するか、完全に無効にする場合は「しない」を選択します。

自動ロックの設定を調整することは、iPhoneの画面がオフになるのを防ぐための迅速かつ簡単な解決策です。ただし、iPhoneの画面を長時間オンにしたままにしておくと、バッテリーの消耗が早くなることを覚えておく必要があります。

通話中にiPhoneの画面が消えないようにする方法

iPhoneを使った通話中は、端末に内蔵された近接センサーが自動的にディスプレイをオフにして、不用意なタッチ入力を防止します。この機能は、バッテリーの節約になり、通話中に意図せず画面上のボタンを押してしまうことも防げるので便利です。しかし、通話中に画面上の情報にアクセスしたり、他のアプリケーションを使用したりする必要がある場合など、通話中も画面を表示したままにしたい場合があります。

残念ながら、iPhoneには、近接センサー機能を無効にする簡単な方法はありません。しかし、試せる回避策はいくつかあります。ひとつは、携帯電話を顔や他の物から遠ざけることです。そうすることで、近接センサーが顔の近くに携帯電話がなくなったことを検知して、ディスプレイを再活性化することができるかもしれません。

または、ホームボタンを1回または2回押して、スリープモードから携帯電話を起動することもできます。これにより、近接センサーが一時的に無効になり、通話中に画面にアクセスすることができます。ただし、これは恒久的な解決策ではなく、通話中に画面を起こし続ける必要がある場合があります。

どちらの方法もうまくいかない場合は、iPhoneの近接センサーが故障している可能性があります。もしそうだと確信が持てたら、Appleのサポートに連絡するか、正規の修理センターに持ち込んで修理してもらうことができます。自分で近接センサーを直そうとすると、かえって害になることがあり、携帯電話に永久的なダメージを与える可能性があることに注意してください。

画面が消え続ける場合の対処法

iPhoneの自動ロックをオフにした後、しばらくしても画面が消え続ける場合は、何らかのソフトウェアエラーに引っかかっている可能性があります。サービスに行く前に試してほしい、いくつかの普遍的な修正方法があります:

iPhoneを再起動する

単純な再起動で、iPhoneのソフトウェアの問題が解決することがあります。iPhoneを再起動するには、「スライドして電源を切る」オプションが表示されるまで、電源ボタンを長押ししてください。ボタンをスライドさせてiPhoneの電源を切り、電源ボタンをもう一度長押しして電源を入れます。

iPhoneのソフトウェアをアップデートする

Appleは、バグフィックスやその他の改善を含むソフトウェアアップデートを定期的にリリースしています。アップデートを確認するには、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順に進みます。アップデートがある場合は、画面の指示に従ってダウンロードとインストールを行ってください。

iPhoneの設定をリセットする

iPhoneの設定をデフォルト値にリセットすることで、ソフトウェアの問題が解決することがあります。設定」>「一般」>「転送」または「リセット」>「すべての設定をリセット」でこれを行います。なお、この操作により、設定や環境設定が消去されますが、データやメディアは削除されません。

上記の方法がどれもうまくいかない場合は、Appleサポートに連絡する必要があるかもしれません。問題を診断し、解決策を提案してくれるでしょう。

画面点灯中にiPhoneのバッテリーを節約する方法

iPhoneの画面はバッテリーを最も消耗するものの1つなので、画面が表示されている間はバッテリーを節約するための対策が不可欠です。特に、長時間画面を消さないと決めて、自動ロックを無効にする場合は、以下のような工夫が必要です:

  1. 画面の明るさを抑える画面点灯中にバッテリーを節約する最も簡単な方法の1つは、画面の明るさを下げることです。設定」>「ディスプレイと明るさ」と進み、スライダーを左に調整することで可能です。また、周囲の明るさに応じて画面の明るさを調整する「自動輝度」をオンにすることもできます。
  2. 不要な機能をオフにする使っていない機能をオフにすることで、画面点灯中のバッテリー消費を抑えることができます。例えば、Wi-Fi、Bluetooth、位置情報サービスは、画面下部から上にスワイプして該当するアイコンをタップすると、不要なときにオフにすることができます。
  3. 使っていないアプリを閉じるバックグラウンドで複数のアプリケーションを実行すると、iPhoneのバッテリーを消耗します。未使用のアプリを閉じるには、画面の下から上にスワイプし、左または右にスワイプして閉じたいアプリを探します。次に、そのアプリを上にスワイプして閉じます。
  4. ローパワーモードを使用する:低電力モードは、特定の機能をオフにしたり、減らしたりすることで消費電力を抑える機能です。設定」>「バッテリー」と進み、”低電力モード “をトグルすることで、低電力モードをオンにすることができます。ただし、バッテリーを節約するためにiPhoneを長時間使用しないと、低バッテリーモードが画面をオフにすることがあることを覚えておく必要があります。
  5. ダークモードを使うダークモードは、明るい色の代わりに暗い色を使う機能で、OLEDスクリーンを搭載したiPhoneのバッテリー寿命を延ばすのに役立ちます。ダークモードをオンにするには、「設定」>「ディスプレイと明るさ」で “ダーク “を選択します。
  6. モーションとアニメーションを減らす:モーションとアニメーションは視覚的に魅力的ですが、iPhoneのバッテリーを消耗させることがあります。設定」>「アクセシビリティ」>「モーション」と進み、”モーションを減らす “をオンにすることで、モーションやアニメーションを減らすことができます。

これらのヒントに従うことで、画面点灯中のバッテリーを節約し、iPhoneのバッテリーを最大限に活用することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here