Google Chromeで「接続がプライベートではありません」を回避する方法

0
277

インターネットは、人々の生活にとって良いものです。コンピュータやモバイル機器を通じて、学習や仕事、ショッピングをするための素晴らしいリソースをもたらしてくれます。しかし、インターネットは、ハッカーがユーザーの情報を搾取し、それを盗むために利用できる強力なものでもあります。ユーザーが安全でない接続でインターネットにアクセスするとき、攻撃者が収集できる情報はたくさんあります。プライバシーと個人情報は重要なものです。

Googleのインターネット上の注意事項のひとつに、保護されていないサイトからあなたを守る仕組みがあります。そのようなサイトに遭遇すると、システムが立ち上がり、あなたを守ります。あなたの接続はプライベートなものではありません」というメッセージは、あなたへの警告になりえます。怪しいサイトを開こうとしているとシステムが判断すると、接続を一時停止します。ほとんどの場合、これは防衛策です。しかし、場合によっては、信頼できるソースを傍受してしまうこともあります。このような場合、この問題を解決する方法を理解することが有効です。

通常、Google Chromeブラウザで上記のエラーメッセージが表示されるのは、SSL接続に問題があり、ブラウザがSSL証明書を確認できないためです。SSLは、お客様のコンピューター(この場合はブラウザ)からデータを暗号化してサーバーに送信する安全な方法で、情報が転送されている間、お客様の情報を非公開にし、安全に保つのに役立ちます。

Google Chromeで「接続がプライベートでない」と表示されるのを回避する方法

このSSLエラーでは、お使いのコンピュータまたは現在のインターネット接続が、要求されたウェブサイトをプライベートで安全な方法でGoogle Chromeブラウザに読み込ませることを妨げていることを意味します。アンチウイルスや暗号化をインストールしていない場合、あなたのデバイスはハッカーにとって金鉱のようなものです。そのため、ブラウザが奇妙な証明書を検出した場合、ウェブサイトへのアクセスをブロックします。

まず、Webページを更新または再読み込みしてください。先ほど接続しようとしたタイミングで、証明書に瞬間的な問題が発生したか、ブラウザの不具合が発生した可能性があります。それでも解決しない場合は、ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてみてください。そのためには、以下の手順で行ってください。

  • Google Chromeブラウザを起動し、画面右上の「3つの点」のアイコンをクリックします。
  • その後、「その他のツール」タブをクリックし、「閲覧データの消去」を選択します。
  • 次に、時間範囲を選択するか、すべてを削除する場合は「すべての時間」オプションをクリックします。
  • 次に、「クッキーとその他のサイドデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
  • 最後に、「データを消去する」をクリックします

これらの手順が完了したら、OSを最新にする必要があります。OSが古いと、ブラウザが最新の暗号化ツールに対応しなくなり、互換性がなくなる可能性があります。特に、最新のSSL証明書のコンポーネントが動作しなくなります。Windows 10やMac OS X、AndroidやiOSの最新版など、OSが最新であることを確認してください。

これらの操作が完了したら、デバイスを再起動し、再度Webサイトにアクセスしてみてください。

AndroidのGoogle ChromeでキャッシュとCookieをクリアする方法

Android端末のGoogle ChromeでキャッシュとCookieをクリアしたい場合、以下の手順で行う必要があります。

  • まず、モバイル端末でGoogle Chromeブラウザを開いてください。
  • 次に、「その他」アイコンをタップし、「履歴」セクションに移動します。
  • その後、「閲覧データの消去」リンクをタップしてください。
  • 時間範囲を選択するか、「すべての時間」オプションをタップして、すべてを削除します。
  • 次に、「クッキーとその他のサイドデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
  • 最後に「データを消去する」オプションをタップしてください。

iOSのGoogle ChromeでキャッシュとCookieをクリアする方法

iOSデバイスのGoogle ChromeでキャッシュとCookieをクリアしたい場合は、以下の手順で行う必要があります。

  • モバイル端末でGoogle Chromeブラウザを起動します。
  • 次に、「その他」アイコンをタップし、「履歴」セクションに移動します。
  • その後、「閲覧データの消去」リンクをタップしてください。
  • クッキー、サイトデータ」キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。
  • 最後に「閲覧データの消去」オプションをタップします。

これらの手順が完了すると、キャッシュとクッキーが削除されます。

Chromeの拡張機能でサイトをブロックする方法

もちろん、多くの人はソーシャルメディアをエンターテインメントのために使っています。しかし、それがあなたの生産性にまで及んでしまうと、問題になってきます。拡張機能をインストールすることで、一時的にブロックすることができます。

Chromeのウェブサイトブロッカーを無料で入手する方法。

  • 気に入った無料の拡張機能を選び、「Chromeに追加」をタップします。
  • ブラウザの右上にある拡張機能を選択し、その設定を開いてください。
  • 望ましくないウェブサイトをブラックリストに追加し、その後、変更を保存します。

セーフサーチでアダルトサイトをブロックする方法

子どもに優しい場所を求めるなら、インターネットは文字通りその保証はできませんが、Google Chromeのセーフサーチ機能を使って、子どもが繊細なコンテンツに触れるのを制限することで、より危険の少ない場所にすることは可能です。

Chromeでセーフサーチフィルターをオンにするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • まず、Googleアカウントにログインしてください。
  • 次に、google.com/preferencesにアクセスします。
  • セーフサーチを有効にする」ボックスをクリックします。

セーフサーチがアダルトコンテンツを排除するのに役立つとしても、検索エンジンやリンク先のウェブページへのアクセスを制限するものではないことを覚えておく必要があります。

Google Chromeで迷惑なウェブ通知をブロックする方法

このような単純な方法で人気を保っているウェブサイトにアクセスすると、割引や新製品などのニュースを受け取るように招待する通知が届きます。

通知されないようにするためには、2つのことが必要です。

  • 過去に作成したサイトの購読を解除する
  • 将来的にサブスクリプションを追加しない

では、Google Chromeに入りましょう。

  • 3つの点のボタン(ブラウザウィンドウの右上隅)をクリックする
  • 設定 “をクリック
  • プライバシーとセキュリティ “の下にある “サイトの設定 “をクリックします。
  • “Notifications “をクリックします。
  • サイトが通知の送信を要求できる(推奨)」がオンになっていることを必ず確認すること
  • そして、迷惑な広告があるサイトを選び、それに対して3つの点があるボタンをクリックします。
  • 開いたメニューの中に、大事な項目である “ブロック “があります。

インターネットは、好むと好まざるとにかかわらず、私たちが持てる時間の大半を過ごす場所です。そして特に、PCだけでなくスマートフォンも利用できるお子さんがいる場合は、特定のコンテンツの閲覧を禁止することができるはずです。

Chrome をどのように使用するかはユーザー次第ですが、閲覧するすべての Web サイトが安全で有益、かつ生産的であるとは限らないことに留意してください。Chrome で Web サイトをブロックすることは、家庭でのインターネット セキュリティを高めるための 1 つの方法にすぎません。

また、Windows 10 に搭載されているファミリー セキュリティ機能を使用することもできます。この機能により、デバイス全体で特定の Web サイトへのアクセスをブロックすることなどが可能になります。Chromeのセキュリティに関するヒントを以下のコメント欄で教えてください。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here