Android端末のバッテリーの健康状態を確認する方法

0
226

現代の頭痛の種は、スマートフォンやタブレット端末のバッテリーの消耗が激しいことです。この問題の一部は、PowerBankを使うことで解決することができます。しかし、時間が経つと、スマートフォンのバッテリーが「切れて」、充電を長く保てなくなり、すぐに放電して、Androidガジェットの使用時間が短くなることを覚えておく必要があります。そのため、Android端末のバッテリーの健康状態を知っておく必要があります。

Android端末のバッテリーの健康状態を確認するために必要なもの

同じスマホを長く使っている場合もあるので、バッテリーの健康状態を確認する方法は知っておきたいところです。バッテリーの充放電を繰り返せば繰り返すほど、電力を保つ効果が低下し、コンセントに行く回数が増えたり、外出中に突然スマホの電源が切れて取り残される可能性があります。

幸いなことに、スマートフォン内のバッテリーをチェックする方法があります。デフォルトの方法は、現在使用されている電力についてだけ教えてくれるので、それに応じて特定のアプリを終了させることができます。また、携帯電話のブランドや専門アプリをインストールすることで、より詳細な情報にアクセスすることができます。

この記事では、携帯電話の余命を調べる方法と、アプリのエネルギー消費に関する統計に注目する価値があるかどうかを学びます。

Androidスマートフォンのバッテリー容量とは

電池容量は、機器が途切れることなく動作する時間の目安になります。容量全体を消費することを1サイクルと呼ぶことができます。1サイクルは、スマートフォンのバッテリーの1回の充放電です。

500回から100回のサイクルで、機器の自律性は良好なレベルにあると考えられています。500回を超えると、原則としてスマートフォンやタブレットの電池の持ちが悪くなり、すぐに電池が切れてしまう傾向があります。

設定メニューからAndroidのバッテリーの健康状態を確認する方法

方法はすべてのアンドロイド携帯に共通ですが、機種が違うので、細かいところが違うかもしれません。ここでは、androidで設定メニューからバッテリーを確認する方法をご紹介します。

  • スマートフォンの設定アプリで、「バッテリー」を選択します。このオプションは、最上層のメニューから簡単に見つかるはずですが、ページを上にスクロールして検索バーを見つけて検索することもできます。
  • バッテリー」セクションで、目的の情報がすぐに見つからない場合は、「バッテリーの使用状況」などのオプションを探します。
  • ここでは、過去24時間のバッテリーの状態や、最も電力を消費したアプリを確認することができます。
  • アプリを強制終了したり、完全に無効にしたい場合は、このメニューでアプリのひとつをタップします。すると、無効化、強制停止、または最適化設定を選択するオプションが表示されます。

一部のスマートフォンは、さらに詳細な情報を提供することができます。例えば、Xiaomi、Redmi、POCOなどのMIUIを搭載したデバイスでは、バッテリーの現在の温度が表示されます。

これは定期的にチェックする必要はありませんが、50℃(華氏約122度)以下の温度であれば、まったく問題ありません。

ダイヤルコードでAndroidのバッテリー残量を確認する方法

ほとんどのスマートフォンは、「設定」だけでなく「ダイヤルパッド」からも技術情報を得ることができることをご存知ですか?つまり、電話アプリのダイヤルパッドに数字やハッシュ、アスタリスクなどの文字列を入力することで、スマートフォンはあらゆる情報を教えてくれるのです。

  • 電話アプリのダイヤルパッドで、携帯電話を起動します。コード *#*#4636#*#* を入力します。
  • 最後の「*」を入力すると、次のメニューが表示されます。
  • ここで、「バッテリー情報」という見出しを探します。表示されない場合は、残念ながらこの方法からロックアウトされています。表示されている場合、それを選択すると、充電レベル、健康状態、温度などの情報が表示されます。

以上の手順が完了すると、ダイヤル番号を使ってAndroidスマートフォンのバッテリー残量を確認できるようになります。

Android端末のバッテリーの状態を確認するにはrootが必要ですか?

バッテリーをテストするときに高度な統計を取りたい場合は、以下のアプリが役立ちますが、Root権限が必要です。ただし、これは前提条件ではありません。通常使用時、バッテリーの消耗度合いを明確に示すことも可能です。

買ったばかりのスマートフォンやタブレットが、(本来なら)100%まで充電されていないのに、シャットダウンする前にすぐに放電してしまい、さらにしばらく充電していない(だから放電したままだった)場合、ソフトウェアの統計が正しくなくなります。

キャリブレーションを行ってください。ほぼ間違いなく、問題はソフトウェアベースであり、バッテリーは実際には消耗していません。1ヶ月間アクティブに使用し、定期的に充電と放電を行えば、消耗率は修正されます。

Androidのバッテリー残量をアプリで確認する方法

上記の方法が合わない場合は、DigibitesのAccuBattery(下の写真)、CPUIDのCPU-Z、MacroPinchのBatteryなどのサードパーティアプリを使ってみることができます。これらは、典型的なバッテリー容量、温度、使用情報など、スマートフォンのバッテリーに関する基本的な情報と追加的な鋭い情報をすべて表示します。

どれも無料ですが、広告が含まれており、これが苦手な方は、わずかな金額で煩わしいウィンドウを消すことができます。

ガジェットの急速な充電減少の原因は、バックグラウンドで動作する多くのインストールされたプログラム、およびバグ、ウイルス、または不正な設定である場合がほとんどです。ヘルパーアプリを使えば、問題を特定し、Androidのバッテリー自体の状態を調べることができます。しかし、バッテリーの正確な消耗の度合いは、目視検査とテストでしか判断できないことを覚えておくとよいでしょう。

以上が、携帯電話のバッテリーの現在の状態を確認する方法です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here