デスクトップパソコンにWi-Fiを追加する方法

0
109

Wi-Fiルーターを導入した後、多くの人が妥当な疑問を持っています。Wi-Fiモジュールを搭載していない通常のデスクトップパソコンをインターネットに接続する方法です。

デスクトップパソコンにWi-Fiを追加するために必要なもの

以前は、インターネットはケーブルでパソコンに接続していました。そして現在では、ほとんどの場合、ルーターからコンピューターまでネットワークケーブルを敷設する必要があります。この開発は必ずしも望ましいものではなく、時にはいくつかの要素を許容しないこともあります。それでも、人々は家の中の配線をなくすために、ルーターを設置するのです。

ノートパソコンをWi-Fiルーターに接続するのは、それほど難しいことではありません。しかし、パソコンを無線LANに接続するのは難しいという方も多いのではないでしょうか。ほとんどのパソコンには、Wi-Fiモジュールが搭載されていません。そのため、セットアップには専用のUSB Wi-Fiアダプターが必要です。

PC用Wi-Fiアダプターは、無線でブロードバンドパケットデータをやり取りするために設計されています。簡単に言うと、ケーブルなしでインターネットに接続するための機器です。

さて、ここではデスクトップパソコンにWi-Fiを追加する方法について説明します。

Wi-Fiアダプターの種類は?

パソコン用のWi-Fiアダプターには、外付け型と内蔵型の2種類があります。外付けはUSB出力があり、普通のフラッシュ・ドライブのように対応するポートに挿入します(ちなみに、これらのモデルは非常によく似ています)。内蔵型はマザーボードのPCI-Expressコネクタに装着するため、接続にはPCケースを分解する必要があります。

コンピュータのアダプターは、Wi-Fi技術が使用されている周波数帯で動作します。このセグメントで受信した信号を読み取り、デジタルに変換することができます。また、「デジタル」を「電波」に変換して、他の受信機器にデータを送信(Wi-Fiを配信)することができます。

このために、デバイスには特別な内蔵または外付けのアンテナが装備されています。ソフトウェアで制御される別のチップは、無線信号をデジタルコードに変換して戻すプロセスを担当します。このモジュールをコンピュータにインストールすることで、ケーブル接続なしで、利用可能なネットワーク接続に「無線で」接続することができます。

Wi-Fiアダプターの設定と接続方法

Wi-Fiアダプターをコンピュータに接続した後、デバイスドライバーをインストールする必要があります。デバイスドライバーとは、システムがアダプターを識別し、その後の対話と操作を正しく実行するためのファイルのパッケージです。

ドライバとユーティリティは通常、アダプタに付属しています。これらはディスクに収録されていることもあれば、USBモデルの場合はデバイスにプリインストールされていることもあります。後者の場合、USBポートからモジュールを接続すると、自動的にインストールが開始されます。

ディスクからのインストールも簡単です。CD/DVDドライブで起動し、メニューが起動するのを待ち、「インストール」を選択すればよいのです。ドライバがない場合は、インターネットに接続できるパソコンであれば、ダウンロードすることができます。アダプターのメーカーの公式サイトからダウンロードする必要があります。

ドライバをインストールしたら、「コントロールパネル」の「ネットワークとインターネット」から「ネットワークコントロールセンター」(または「ネットワーク接続」)を選択します。ここに、お使いのアダプタの名前が入った新しいショートカットが表示されます。

ソフトウェアをインストールすると、お使いのコンピュータは、利用可能なすべてのWi-Fiネットワークを「見る」ようになります。スマートフォン、ノートパソコン、テレビなど、他のデバイスでコンピュータを検出できるようになります。

すでにWi-Fiによるネットワーク接続を提供しているプロバイダーと契約している場合は、このショートカットを右クリックすることでインターネットに接続することができます。

内蔵型Wi-Fiアダプターとは

これらのアダプターは、コンピュータのマザーボードにあるPCI(またはPCI Express)コネクターに差し込みます。このようなアダプタをインストールするには、システムユニットを分解する必要があることは明らかです。取り付けも基本的に複雑ではありません。システムユニットの蓋を外したら、PCIコネクタにアダプタを入れ、コンピュータを再起動し、ドライバをインストールすれば完了です。

システムユニットの外側に、アダプターのアンテナ、あるいはいくつかが出てきます。これはすべて、受信状態をよくするためです。結局、通常のUSBレシーバーは延長コードで接続することで、電波をより良く受信できるようになりますが、内蔵アダプターではこれがうまくいかないのです。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here