Windowsでnetsh winsockリセットを行う方法

0
1388

Windows PCでネットワークに問題が発生した場合、ネットワーク設定を復元することができます。コマンドラインから簡単なコマンドを実行するだけです。

Windows で netsh winsock reset を実行するために必要なもの

というように、PCに異変が起き始めることがあります。

  • IPアドレスによるPingはダメで、名前による可用性、またはその逆。この場合、デフォルトの設定は変更されていない。
  • インターネットからのファイルのダウンロード速度が低下したり、PCの電源を入れてからしばらくすると完全に接続が切れたりする。
  • 自動モードではすべて動作するのに、手動でIPを設定するとネットワークに接続できない。ただし、その逆の場合もあります。
  • DHCPサーバーを設定した際に、自動でIPアドレスを取得できない。
  • ローカルネットワークにアクティブに接続されているときに、IPアドレス、ゲートウェイ、サブネットマスクの値が一切ないこと。

一般に、マシンのネットワーク設定に不可解な不具合が生じ始めたとき、netsh winsock reset が役立ってくれる。このコマンドで、ネットワーク設定をデフォルトにリセットし、再び起動できるようになるのです。

さて、ここではWindowsでnetsh winsock resetを行う方法を説明します。

Winsockの意味

Winsock(Windows Socket)とは、Windowsが使用している用語で、プログラムがネットワークにアクセスするために使用するPC上のデータのことを指します。プログラムがネットワーク上で動作するためには、Windows Socketを使用する必要があります。

この手順は、Winsockプロトコルスタックのリセットとも呼ばれ、ほとんどの場合、TCP/IPのリセットと一緒に使用されます。つまり、ネットワーク接続を担当するWindowsコンポーネントがリセットされるのです。

Netsh Winsock リセットは、ネットワークの問題に対する一般的なトラブルシューティングステップです。ほとんどの人にとって、Winsock のリセットは新たな問題を引き起こさないはずですが、Netsh Reset Winsock の手順を説明する前に、まず、いつ、なぜそれを行うのか、そしてコマンドを実行すると実際に何が起こるのかを見ていきましょう。

Winsockリセットを行うタイミング

Windows で Winsock をリセットする最も一般的な理由は、以前はアクセスできたかもしれない Web サイトにアクセスできない場合です。インターネット接続は完全に安定しているように見えるかもしれません – Wi-Fiは強力に動作しているか、ケーブルは接続されています – しかし、任意のWebページを閲覧することはできません。

Winsockのリセットは、次のような状況でインターネット接続に問題がある場合にも有効です。

  • マルウェア駆除後。
  • ネットワークに関連するポップアップエラーが表示される。
  • DNSルックアップに問題がある。
  • ファイアウォールやVPNなどのネットワーク関連ソフトをアンインストールしただけです。
  • 接続が制限されている、または接続されていない」エラーが表示されます。
  • IPアドレスを解除して更新しても、接続が回復しなかった。
  • 同じネットワーク上にある他の機器ではインターネットが使えるのに、Windows PCでは使えない。

Netsh Winsock resetは実際に何をするのか

つまり、Winsockリセットは、WindowsのWinsockディレクトリで行われた設定を元に戻すものです。変更は、ウェブブラウザやVPNプログラムなどのネットワークプログラムによって行われます。

Winsockのリセットは、wsock32 DLLファイルをデフォルトの設定に戻すものです。Winsockがリセットされると、それを使用していてネットワークエラーが検出されたプログラム(Webブラウザや電子メールクライアントなど)は、最初からTCP/IPトラフィックへの接続を開始するようになります。

つまり、DLLが何らかの形で変形している場合、それをクリーンなバージョンにリセットすれば、それらのネットワークプログラムがインターネットに到達する方法もリセットされ、アクセスを回復することができるのです。

したがって、マルウェアやWindowsの障害、ソフトウェアなどがこの仕組みを乗っ取ると、インターネットへのアクセスが阻害される可能性がある。異なるプロバイダー(レイヤーサービスプロバイダー、LSPと呼ばれる)を重ねる手法で動作するため、数が多ければ多いほど、問題が発生する可能性は高くなります。

Winsock をリセットすると、これらのカスタム プロバイダのすべてのレイヤーが削除され、Winsock ディレクトリがデフォルトの状態に戻ります。このため、Netsh Winsock をリセットすると一部のプログラムの機能が失われることを認識することが重要です。このため、リセット後に再び正常に動作するように、一部のプログラムを再設定する必要があります。

Windows10でnetsh winsockをリセットする方法

Windows 10でnetsh Winsockをリセットしたい場合は、以下の手順を実行する必要があります。

  • まず、スタートボタンをクリックし、「cmd」と入力します
  • その後、”管理者として実行 “をクリックします。
  • 表示されたコマンドプロンプトで、「netsh winsock reset」と入力します

うまくいくと、”Successfully reset the Winsock Catalog. “というメッセージが表示されます。リセットを完了するには、PCを再起動する必要があります “と表示されます。

再起動後、不具合が解消されていることを確認する。

このようなリセットを何度も行うことができる

Winsock resetコマンドを必要なだけ実行することはおそらく問題ありませんが、PCの寿命が尽きるまで数回以上実行するのはよくありません。特に、どのようなソフトウェアをインストールし、どのようなときにネットワークエラーが発生するのかに注意してください。問題が発生したタイミングを知ることは、原因究明に非常に役立ちます。

また、Winsock関連のエラーの原因となる感染症を検出するために、PC上でアンチウィルスプログラムを常時起動しておくことも非常に重要です。

ネットワークに関する問題を解決するために、他に頼るところがない場合は、システムの完全な再インストールが役立つはずです。ただし、Windowsの再インストールは最後の手段にしてください。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here