iPhoneで隠しアルバムをロックする方法

0
240

iPhoneの隠しアルバムは、ユーザーがメインのカメラロールから特定の写真やビデオを隠し、パスワードで保護された別のアルバムに配置することができる機能である。友人や家族と携帯電話を共有するときなど、機密画像やプライベートな画像を覗き見されないようにするのに便利です。

iPhoneで隠しアルバムを保護する方法

隠しアルバムを使用する場合、デフォルトでFace IDまたはTouch ID、またはiPhoneに設定されたパスワードで保護されている必要があります。ただし、iPhoneの保護を無効にしている場合、隠しアルバムは保護されないままとなります。

また、iOS 16では、新機能により、Face IDまたはTouch IDオプションで隠しアルバムの保護を手動で有効または無効にすることができます。これを行うには、次のことが必要です:

  • iPhoneまたはiPadの「設定」にアクセスします。
  • 設定」で、”写真 “を選択します。
  • 下にスクロールして、「Face IDを使用する」または「Touch IDを使用する」のチェックボックスをオンにします。

なお、この機能はデフォルトで有効になっている必要があります。また、iPhoneでFace IDまたはTouch IDのセキュリティを有効にしていない限り、この機能は有効になります。

iPhoneでパスワードを設定する方法

iPhoneにパスワードを設定することは、デバイスと個人情報を不正アクセスから保護するための重要なステップです。また、iPhoneで隠しアルバムをロックするための保護を設定する必要があります。これを行うには、次のことが必要です:

  • iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  • Face ID & Passcode “または “Touch ID & Passcode “移動します。
    • iPhoneでパスコードを設定済みの場合、「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」メニューにアクセスするために、パスコードの入力が求められます。現在のパスコードを入力し、「OK」をタップして次に進みます。パスコードを設定していない場合は、この手順をスキップすることができます。
  • パスコードをオンにする “をタップする
  • 次に、パスコードの種類を選択する画面が表示されます。6桁の数字パスコード、4桁の数字パスコード、またはカスタム英数字パスコードを選択することができます。お客様のニーズに最も適したオプションを選択してください。
  • 新しいパスコードを選択します。
  • 次に、画面に表示される指示に従って、Face IDまたはTouch IDを設定する必要があります。
  • 手続きを終えるには、Apple IDアカウントのパスワードの入力が必要です。

その後、iPhoneのロックを解除し、「隠しアルバム」や「最近削除した写真」などの機能にアクセスするには、Face IDまたはTouch IDが常に必要となります。

iPhoneで隠しアルバムを表示・非表示にする方法

iOS 16のもう一つの便利な機能は、「写真」アプリから「隠しアルバム」を隠すことができることです。これを行うには、次のことが必要です:

  • 設定」に進みます。
  • iPhoneの設定にある「写真」をタップします。
  • 下にスワイプして、”隠しアルバムを表示 “をオフにする。

この後、iPhoneの写真アプリのアルバム一覧に隠しアルバムが表示されなくなります。これで、隠しアルバムがあることを誇示することはなくなります。再び必要になった場合は、上記の手順の助けを借りて表示させることができます。

iPhoneで隠しアルバムに写真を追加する方法

iPhoneの隠しアルバムは、プライベートな写真やビデオをのぞき見から遠ざけるのに最適な方法です。そのためには、以下のものが必要です:

  • 写真」アプリを開きます。
  • 非表示にしたい写真を選択します。
  • 右上の三点アイコンをタップします。
  • ドロップダウンリストから「隠す」オプションを選択します。
  • 動作の確認を求められたら、「写真を隠す」オプションをタップして進みます。

隠した写真を見るには、メインの写真アプリに戻り、画面下部の「アルバム」タブをタップします。隠し」アルバムが見つかるまで下にスクロールし、タップします。隠し撮りした写真や動画はすべてこのアルバムに保存されます。

隠しアルバムから写真を削除したい場合は、写真アプリの「隠し」アルバムに移動し、削除したい写真を選択します。共有」アイコンをタップし、「非表示を解除」オプションを選択します。写真を非表示にする」をタップして動作を確認します。写真が隠しアルバムから削除され、メインのフォトライブラリに追加されます。

iPhoneで隠しアルバムが必要な理由

iPhoneで隠しアルバムを使いたい理由はいくつかあると思います。ここでは、最も一般的な理由をいくつか紹介します:

  • あなたのプライバシーを守る:隠しアルバムを使う最も分かりやすい理由は、プライバシーを守るためです。時には、誰にも見られたくない個人的な写真やビデオがあるかもしれません。これらの写真を隠しアルバムに隠すことで、あなたの携帯電話にアクセスできる人が誤ってそれらを見ることがないようにすることができます。
  • 写真を整理する隠しアルバムを使うもう一つの理由は、写真を整理することです。削除はしたくないけど、メインのフォトライブラリがごちゃごちゃになるのは嫌だという写真があるかもしれません。別のアルバムに隠すことで、必要なときまで整理して目につかないようにすることができます。
  • 気まずい状況を避ける:誰かに写真を見せるときなど、携帯電話の特定の写真やビデオを見られたくない場合もありますが、フォトライブラリ全体をスクロールさせたくない場合もあります。写真を別のアルバムに隠しておけば、誰かに見られてはいけないものを見られる心配をせずに、簡単にアクセスできます。
  • 仕事とプライベートの写真を分けて管理するiPhoneをプライベートと仕事で使い分けている場合、個人的な写真やビデオを仕事用の写真と分けて管理したいと思うかもしれません。隠しアルバムを使えば、仕事用の写真とプライベートな写真を分けて管理することができます。
  • 機密情報を守る:プライバシーを守るだけでなく、隠しアルバムは機密情報の保護にも役立ちます。機密書類の写真や、誰にも見られたくない情報があるかもしれません。それを別のアルバムに隠すことで、誤って他の人に見られたり、共有されたりするのを防ぐことができます。

結論から言うと、iPhoneで隠しアルバムを使いたいと思う理由はたくさんあります。プライバシーを守りたい、写真を整理したい、仕事とプライベートの写真を分けておきたいなど、隠しアルバムを使えば、写真やビデオを安全かつセキュアに管理することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here