Amazonでは、求職者や従業員に対して薬物検査を行っていますか?

0
105

Amazon.com Inc.は、米国で提案されている連邦レベルでの大麻合法化法案を支持し、一部の従業員に対する薬物検査の要件を免除すると述べています。

アマゾンは、求職者や従業員に対して薬物検査を実施していますか?

世界的な労働力不足のため、世界中の企業が、より多くの応募者を集め、最大限の人材を確保するために、薬物検査を放棄しています。米国、英国、カナダ、オーストラリアなどの国々では、過去15年間の最大限の人手不足が、失業率の上昇と並行して存在しています。

つまり、職を失う人が増える一方で、雇用主はますます人手不足に悩まされることになる。そして、薬物検査のような措置は、ただでさえ少ない候補者をふるい落とし、採用活動をより困難なものにする恐れがあるのです。

大麻が非犯罪化されていない国では、薬物検査は雇用主にとって頭の痛い問題です。例えば、オーストラリアの起業家は、求職者にこのテストを言及すると、求職者が怖気づくと不満を漏らす。この要件がなければ、10倍もの潜在的な従業員が反応する。

すでにこのことに気づき、採用方針を適応させ始めた大手企業もあります。2021年6月、アマゾンは、入社前の薬物検査の一環として、大麻の有無を検査しないことを発表した。同社の方針改訂の動機の一部は、米国での大麻使用に関する法律の変更にある。

この記事では、最近のAmazonでこのポリシーがどのように機能しているかを説明します。

新しいポリシーが採用される前の薬物検査はどのように行われていたのか

会社の薬物検査方針がかなり厳しくなっています。求職者の立場から見てみましょう。まず、あなたはいくつかのステップからなる採用プロセスを経なければなりませんでした。

  • 希望する倉庫のオペレーションマネージャーと面接し、ステップ2に進めるかどうかを判断します。
  • 個人情報や職務経験に関する質問を含む、バックグラウンドチェック。
  • 薬物検査に合格すること。

もちろん、応募する職種によっては、会社側がさらにステップを増やしている場合もありますが、いずれにしても、ほぼ即座に薬物検査を受けなければならなかったはずです。

いずれにせよ、そもそも面接の段階をすべて経て、最後の最後に薬物検査に合格することが求められるのです。

アマゾンの薬物検査ポリシーは、今どうなっているのか?

同社は現在、社員や求職者の大麻使用をアルコール使用と同じように扱い、そのような社員がアマゾンの倉庫で働くことを制限していません。

アマゾンは、大麻を使用する従業員に対する方針を緩めた。さらにアマゾンは、ブランドバンを運営する業者に対し、ドライバー候補者に対して、同社が大麻を使用しているかどうかをテストしないことを説明するよう助言している。同社はこのテストによって、候補者の数が30%近く減ると見積もっている。

アマゾンが口スワブによる薬物検査を行うのは、この検査がマリファナを吸うだけでなく、コカイン、メタンフェタミン、アヘンなどのより深刻な(そして違法な)薬物も検出することができるからです。しかし、例えば昨夜マリファナを吸ったことが判明しても、昨夜お酒を飲んだのと同じ扱いになります。つまり、採用される、あるいは採用が決まっている場合は停職にならない、ということです。

また、会社はこれまで通り口スワブによる無作為の薬物検査を実施しますが、仕事の後に大麻を吸うだけなら、他に心配することはないでしょう。

アマゾンは無作為の薬物検査を行っていますか

アマゾンは無作為に薬物検査を行っていますので、あなたも会社が検査する従業員の一人になるかもしれません。ただし、ランダム検査ということは、アマゾンでの勤務期間中に一度も検査を受けない可能性もあります(場合によっては、複数回検査を受ける可能性もあります)。

正直、何万人(何十万人とは言わないまでも)もの従業員を抱え、全米で2番目の民間企業ですから、検査に受かる確率は低いでしょう。

しかし、使い方を誤ると自分や他の従業員の生命・健康に危険を及ぼす可能性のある機器を扱っている場合は、その可能性は高くなります。それでも、検査を受ける可能性はそれほど高くはありません。ただし、何らかの事故を起こしたことがある場合は、検査を受ける可能性が高くなります。

薬物検査はどのように行われるのですか?

アマゾンは従業員から口スワブを採取しています。これは、その人が過去24時間にどんな薬物を使用したかを調べるための、最も基本的な検査の一つである。もちろん、これは人体の特性による大まかな数値で、薬物の痕跡が40時間も体内に残る人もいれば、20〜22時間で消えてしまう人もいるのだそうです。

口腔スワブは、大麻、アヘン、メタンフェタミン、コカインなど、かなり広範囲に人気のある薬物を検出することができます。

大麻が非犯罪化されていない国では、薬物検査は雇用主にとって頭の痛い問題です。例えば、オーストラリアの起業家は、求職者にこのテストを言及すると、求職者が怖気づくと不満を漏らす。この要件がなければ、10倍もの潜在的な従業員が反応する。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here