8Kテレビ用プロセッサ MediaTek Pentonic 2000

0
255

2022年TV向け8K TVプロセッサ

MediaTekは、2022年初頭に8Kテレビ向けの新しいプロセッサチップを発表しました。このプロセッサは、主要な8Kテレビメーカーに採用される予定です。2022年には、このプロセッサーが8Kテレビのモデルに搭載されることになると思います。テレビに搭載されるプロセッサーは、テレビメーカーが商品の魅力を高めるためにコマーシャルネームを考えていることを知っておいてください。実際には、MediaTekなどの専門企業が開発したプロセッサーがテレビに搭載されています。

MediaTek Pentonic 2000の特長

このプロセッサーの特徴は、もちろん8K解像度のサポート以外にあります。

  • AI超解像8K
  • 第2世代AI-ピクチャーシーン認識
  • 第3世代AIによる物体認識-画質について

MediaTek Pentonic 2000は最大4つの指向性マイクの接続をサポートしており、AI-Voice技術に加えて、テレビメーカーは音声アシスタントサービスや直接音声操作、スマートホームとの連携を提供できるようになります。4つのHDMI 2.1ポート(この8K規格はHDMI 2.1経由でのみ伝送可能)。Wi-Fi6E対応の実装により、8Kコンテンツのストリーミングに適した超高速インターネット接続を実現。プロセッサーは汎用性があり、必要に応じて5G接続を追加することが可能で、MediaTek T700をベースにしたオプションのM.2カードが必要で、超高速インターネット接続の幅と可能な用途を大きく広げます。

MediaTek Pentonic 2000の詳細スペック

  • プロセッサー
    • CPUタイプ – Arm Cortex-A76
    • CPUコア – クアッド(4)
    • CPU最大周波数 – 1.8GHz
  • メモリ 96ビット LPDDR4 @ 4266Mbps
  • GPUタイプ – Arm Mali-G57 MC3
  • 最大GPU周波数 – 1GHz
  • ディスプレイ
    • 最大表示解像度 – 7680 x 4320 (8K) @ 120Hz
    • ME/MC – 7680 x 4320 (8K) @ 120Hz
  • HDR規格
    • ドルビービジョンIQによる高精度なディテール
    • BBC HLG
    • HDR10 (SMPTE2084)
    • テクニカラー/フィリップス JHDR (ESTI TS 103 433)
    • HDR10+
  • ビデオデコード
    • HEVC (H.265)
    • VVC(H.266)
    • AV1
    • AVS3
  • Demod Embedded, Full-Region Demodulators
    • dvb-t/c/t2/s2/s2x
    • エーティーエスシー
    • ISDB-T
    • DTMB
  • オーディオ – オーディオデコード
    • ドルビーアトモス(2.6)
    • DTSマスターHD
    • DTSバーチャルX
  • マイクロフォン – はい
  • AI統合型AIプロセッサー
    • メディアテック社DLA
  • AI-Voice(エーアイボイス) – はい
  • AI-Display(エーアイ・ディスプレイ
    • AI-SR 2.0 8K
    • AI-PQ Scene Recognition 2.0
    • AI-PQ オブジェクト認識 3.0
  • インターフェイスと拡張性 – 外部インターフェイス
    • HDMI 2.1 x4
    • USB 3.2 Gen-1 (5Gbps) x2
    • USB 2.0
  • 内部IO
    • PCI-Express Gen-3 2倍速
    • USB 3.2 Gen-1 (5Gbps)
    • UFS 2.1

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here