PoEスイッチとは

0
102

現代社会は絶え間なく進化しています。そして、それに遅れないためには、さまざまな興味深い新技術や、古い技術の改良に注意を払う必要があります。そのひとつがPoEです。

PoEスイッチについて知っておくべきこと

PoEは、スイッチが1本のイーサネットケーブルで電力とデータを同時に伝送することを可能にする技術です。ネットワーク機器の増加に伴い、PoEスイッチの利点はますます明らかになっています。PoEスイッチにより、IP電話、IPカメラ、アクセスポイントなど、さまざまなPoEデバイスをあらゆるシーンで効率的に接続することができます。

昨今、ネットワークユーザーの間では、マネージドPoEスイッチの人気が高まっています。アンマネージドスイッチよりも、PoE機能付きのマネージドスイッチを選ぶ方が多いようです。では、なぜかというと、何か特別な理由があるのでしょうか。ということで、ここではPoEスイッチについてご紹介します。

マネージドスイッチとアンマネージドスイッチとは

ネットワークスイッチは、管理レベルでマネージド・スイッチとアンマネージド・スイッチの2種類に分けられることをご存じでしょうか。実際、マネージド・スイッチは、STP、ポート速度、VLANなどの機能を設定または管理するために、1つまたは複数のインターフェースにアクセスできるスイッチです。これにより、LANのトラフィックをより詳細に制御し、そのトラフィックを管理するための追加機能を提供することができます。

アンマネージド・スイッチは、機能的にはハブに近いデバイスで、1つのポートから他のポートにデータ・パケットを送信します。ただし、ハブとは異なり、スイッチはデータを受信者に直接送信するだけで、すべてのデバイスに送信するわけではありません。なぜなら、スイッチはMACアドレステーブルを持っており、このテーブルによって、デバイスがどのポートにあるかが記憶されるからです。

マネージド・スイッチの主な利点の1つは、VLANを使用してローカル・ネットワークをパーティション化できることです。つまり、MACテーブルを埋めるだけでなく、受信したフレームが特定のネットワークセグメントに属しているかどうかの情報も追加されます。したがって、最低限、大量のブロードキャストトラフィックを排除し、特定のサブネットにデバイスの可用性を設定し、セキュリティを高めることができます。

PoEとは

PoEは、実際には「Power over Ethernet」という意味です。PoEスイッチは、IPカメラ、無線アクセスポイント、ネットワークハブなど、電源ケーブルの配線が望ましくない、あるいは不可能な機器に、ツイストペア経由で電源を供給する機能を持つネットワークスイッチです。PoEの主な利点や特徴は、1本のCat5eまたはCat6イーサネットケーブルでデータと電力を同時に供給することである。これにより、AC電源やDC電源が不要になる。

IEEE802.3af/規格によると、スイッチのPoEポートの出力電圧は48Vで、IPカメラやアクセスポイントなどの周辺機器の電圧はすべて12Vなので、PoE対応のこれらの機器にはそれぞれ48Vから12Vへの電圧変換器が追加されています。

さらに、リモートインストールは、ファイバよりも低コストです。PoEスイッチは、同時にPoEデバイスのポートに接続することができ、同時にPCやルータの通常のネットワークカードで、例えば、ネットワーク機器の様々な作業を行うことができます。接続された機器の種類を自動的に検出し、機器の種類に応じた電力を供給します。

マネージドPoEスイッチを使用した方が良い理由

PoEは、産業用の指定がない限り、ネットワークデータを長距離に送信したり、極端な温度で使用することは推奨されません。ギガビットイーサネットスイッチでよく見られ、主にIPカメラ、VoIP電話、WAP(無線アクセスポイント)などで使用されます。ここでは、マネージドPoEスイッチを使用すべき理由を説明します。

マネージドスイッチには、多くの微調整オプションが用意されています。このデバイスは、機器の異なる技術的特性を含む大規模な分岐システムを構築する、複雑なタスクのために設計されています。最新のPoE-スイッチは、複雑なセキュリティシステムの本格的な要素となっています。

PoEスイッチのメリットとは

この技術には多くの利点があります。

  • コンセントのない、手の届きにくい場所に機器がある場合、POEが役に立ちます。ポートを介したケーブル1本で、カメラなどの機器の通信、電源、制御が可能です。
  • システムから独立した電源ラインが不要になることで、すべての機器のメンテナンスが省力化されます。
  • PoEの最大電圧は57ボルトなので、安全に使用することができます。システムを維持する従業員は、電気を扱うための許可証は必要ありません。

また、PoEスイッチは、接続されたすべての機器に電力を供給できるように設計されていなければならないことに注意する必要があります。一度に接続される電力は、本機の最大許容電力を超えてはなりません。それを超えると、本体が破損することになります。

接続可能な電力は、本体の技術仕様に明記されています。例えば、150Wの電力を持つ8ポートのPoEは、130Wの接続機器に奪われる可能性があります。802.3規格では、1台15.4Wの機器を8台接続することができます。しかし、802.3が入っていると、30Wの家電は4ポートからしか給電できません。

PoEスイッチと非PoEスイッチ:どちらを選ぶべきか

この疑問に直面したユーザーも多いだろう。結局のところ、PoEを搭載していないスイッチでも、オプションのPoEインジェクタを装着することでPoEを得ることができるのだ。しかし、PoEスイッチにはいくつかの利点があります。

  • 柔軟性。
    • PoEスイッチは、既存のPoEネットワークインフラから電源を供給するため、追加配線は不要です。
    • これにより、必要な場所で柔軟にスイッチを使用することができます。
  • 性能が良い。
    • このPoEスイッチは、高性能なハードウェアとソフトウェア、PoE準拠の自動検出、高いネットワークセキュリティ、環境への適応性など、高度な機能を備えて設計されています。
    • これにより、ユーザーに対してより良いパフォーマンスを提供します。
  • 費用対効果に優れている。
    • PoEスイッチを使用することで、ユーザーは追加の電気配線、コンセント、PoEインジェクターを購入し、配置する必要がありません。
    • その結果、設置費用やメンテナンス費用を大幅に削減することができます。

実際、スイッチの選択は、実際のニーズによってまったく異なります。要するに、ホームネットワークにはシンプルでコストパフォーマンスの高いPoEがあれば十分なのです。イーサネットケーブルでの電力供給に対応したデバイスを使用しないネットワークであれば、通常のスイッチで問題ありません。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here