スマホの画面を焼きつきから守る方法

0
141

多くの携帯電話ユーザーが直面する共通の問題は、画面の焼き付きです。これは、同じ画像を長時間表示すると、ディスプレイに永久的な損傷を与えるものです。これは、デバイスに多額の資金を投入したユーザーにとって、特に不満の残る問題です。しかし、お使いの携帯電話の画面の焼き付きを防止したり、最小限に抑えるためにできるさまざまな対策があります。

スマートフォンの画面の焼き込みとは?

画面の焼きつきは、画像の持続性とも呼ばれ、静止画像を長時間表示した後にスマートフォンやあらゆる電子機器のディスプレイに生じる永久的なダメージです。この結果、画像が変化した後も、画面にゴーストや影のような画像が残ります。

画面の焼き付き現象は、ディスプレイ上の画素が、同じディスプレイ上の他の画素と異なって老化することで発生します。ロゴマークやナビゲーションバーなどの静止画像を長時間画面に表示すると、画像を構成する画素が画面上の他の画素よりも早く劣化することがあります。これは、画像を構成する画素が常に照らされているのに対し、その他の画素が照らされていないためです。その結果、静止画を構成する画素が永久的に変色することになります。

画面の焼き付きは、OLEDやAMOLEDディスプレイなど、どのような画面でも発生する可能性があります。しかし、OLEDやAMOLEDディスプレイでは、その設計方法から、より一般的に見られる現象です。OLEDやAMOLEDディスプレイは、有機材料を使用して光を生成するため、より薄く、より柔軟なディスプレイを実現することができます。しかし、その分、ディスプレイに使用されている有機材料の劣化が液晶ディスプレイに使用されている有機材料よりも早いため、焼き付きが発生しやすくなります。

携帯電話の液晶は焼き付くのか?

スマホの液晶ディスプレイについては、有機ELと違って動作原理が違う。このディスプレイでは、画素がセルの中で回転し、その偏光が変化し、光束を透過させる能力が変化します。技術的には、LCDは焼き付くことはありません。
しかし、これらのディスプレイには別の問題があることがあり、ここではその問題を紹介します:

ブロークンピクセル:1つのピクセルが動作しなくなることです。
この場合、同じ色のピクセルが常に動作しているのが見えることがあります。
動作しない画素列:この場合、画面の構造上、常に異なる色の縞模様が表示され、通常は縦縞になります。
画面の白い点:画面が劣化し始めると発生します。原因は過熱や表示品質の低下などが考えられます。バックライトからの光がスクリーンマトリックスを透過し始める。通常、ディスプレイの光散乱層が損傷することが原因。

スマートフォンの画面を焼き付きから守るためには、どうしたらいいのでしょうか?

スマートフォンの画面を焼き付きから守るために、いくつかの対策がありますが、その一部をご紹介します:

スクリーンセーバーやスリープモードを利用する

使用していないときにディスプレイの電源を自動的に切ることで、焼き付きを防止することができます。これにより、静止画が長時間画面に表示されることを防ぐことができます。

画面の明るさを下げる

また、高い輝度で長時間使用することも、画面の焼き付きにつながる可能性があります。画面の輝度を下げることで、画面の発熱を抑え、画素の劣化を遅らせ、焼き付きのリスクを最小化することができます。

ダークテーマを使用する

ダークテーマを使用すると、ディスプレイ全体の輝度が低下するため、焼き付きのリスクを軽減することができます。ダークテーマは、ライトテーマよりも明るいピクセルを使用しないため、ロゴやテキストなどコントラストの高い画像による焼き付きを防ぐことができます。

スマホの使用を定期的に中断する

スマホの使用を定期的に中断することで、静止画を長時間表示することによる焼き付きを防ぐことができます。これにより、画面上のピクセルが休息し、静止画像を構成するピクセルの永久的な変色を防ぐことができます。

高品質なスクリーンプロテクターを使用する

高品質なスクリーンプロテクターは、スクリーンとプロテクターの間にこもった熱を軽減することで、焼き付きを防ぐことができます。これにより、画素の劣化を遅らせ、焼き付きのリスクを最小限に抑えることができます。

極端な温度で携帯電話を使用しないようにする

極端な温度で携帯電話を使用すると、画素の劣化が早くなり、焼き付きのリスクが高まります。直射日光の当たる場所や高温になる環境での使用は避けてください。

携帯電話の画面の向きを回転させる

画面の向きを回転させることで、ディスプレイ上のピクセルに均等に磨耗を分散させ、焼き付きを防止することができます。これにより、静止画を構成するピクセルの永久的な変色を防ぐことができます。

これらのヒントに従うことで、スマートフォンの画面を焼き付きから守り、スマートフォンのディスプレイを長持ちさせることができます。

スマホの画面が焼ける原因とは

スマホの画面の焼きつきは、いくつかの原因によって起こりますが、そのうちのいくつかをご紹介します:

  • 静止画を長時間表示する静止画を長時間画面に表示すると、画像を構成する画素が他の画素より早く劣化することがあります。これは、画像を構成する画素が常に照らされ、その他の画素は照らされていないためです。その結果、静止画を構成する画素が永久的に変色することになります。
  • 画面の輝度が高い長時間、高輝度レベルで携帯電話を使用することも、画面の焼き付きにつながります。スクリーンから発生する熱は、ピクセルの劣化を早め、焼きつきにつながる可能性があります。
  • コントラストの高い画像ロゴや文字など、コントラストの高い画像は、明るい画素が暗い画素より早く劣化するため、画面の焼き付きを引き起こす可能性があります。
  • 携帯電話の経年劣化:携帯電話が古くなると、ディスプレイの画素が自然に劣化し、画面の焼き付きが発生しやすくなることがあります。
  • ディスプレイの技術:ディスプレイの種類によって、焼き付きやすさのレベルが異なることがあります。OLEDやAMOLEDディスプレイは、液晶ディスプレイよりも画面の焼き付きに弱い。これは、有機材料を使用して光を生成するため、ディスプレイをより薄く、より柔軟にすることができるためである。しかし、その分、ディスプレイに使用されている有機材料の劣化が液晶ディスプレイよりも早いため、焼き付きに弱いという特徴もあります。
  • スクリーンプロテクター質の悪いスクリーンプロテクターは、スクリーンとプロテクターの間に熱を閉じ込め、スクリーンの焼き付きを引き起こす可能性があります。これは、ピクセルの劣化を早め、焼きつきにつながる可能性があります。
  • 製造上の不具合まれに、ディスプレイやその他の部品の製造上の欠陥により、画面の焼き付きが発生することがあります。

上記のような理由で画面の焼き付きが発生することがありますが、一般的な問題ではなく、ほとんどのユーザーは携帯電話の寿命の間に焼き付きを経験しないはずであることに留意することが重要です。しかし、画面の焼き付きを防ぐ、あるいは最小限に抑えるための対策を講じることは、携帯電話のディスプレイを長持ちさせるために、やはり推奨されます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here