Windows 11で自動輝度をオフにする方法

0
522

オートブライトネスとは、周囲の明るさに応じてディスプレイの明るさを自動的に調整する機能です。この機能は、状況によっては便利ですが、明るさを自分でコントロールしたい場合には、迷惑になることもあります。幸い、Windows 11で自動輝度をオフにするのは簡単な手順です。Windows 11では、設定から直接行うことができますが、Windows 10の場合、または設定の方法がうまくいかない場合は、別の方法として、コントロールパネルを使用することができます。

Windows 11でオートブライトネスを無効にする方法

Windows 11では、コンピュータの自動明るさを無効にすることは非常に簡単です。これは、システム設定からディスプレイ設定を使用して直接行うことができます。これを行うには、次のことが必要です:

  • Windowsの設定」アプリを開きます。Windowsの設定」アプリを開くには、「スタート」、「設定」の順にアイコンをクリックします。または、キーボードのWindowsキー+Iを押して、「設定」アプリを開くこともできます。
  • 設定」アプリで、「システム」オプションをクリックします。
  • システム設定で、ウィンドウの左側にある「ディスプレイ」オプションをクリックします。
  • ディスプレイの設定」の下にある「明るさ」セクションまでスクロールします。次に、「表示されるコンテンツと明るさを最適化してバッテリーの改善を支援する」オプションをオフに切り替えて、Windows 11デバイスで自動明るさをオフにします。
  • その後、「システム設定」から「電源とバッテリー」を選択します
  • ここで、「Battery Saver」を探して選択する必要があります。
  • 次のウィンドウで、「バッテリーセーバー使用時に画面の明るさを下げる」の横にあるスイッチを切り替えます。

これらの手順を完了すると、Windows 11デバイスで自動明るさが無効になり、必要に応じてディスプレイの明るさを手動で調整することができます。ディスプレイの設定に「表示されるコンテンツと明るさを最適化してバッテリーの改善を支援する」オプションが表示されない場合は、お使いのデバイスが自動明るさに対応していないことが原因である可能性があります。また、この機能は外部モニターを使用している場合は機能しません。ノートパソコンなど、モニターを内蔵しているコンピューターでのみ機能します。

Windows 11/10でコントロールパネルを使って自動輝度をオフにする方法

コントロールパネルは、ユーザーがデバイスの様々な設定をカスタマイズすることができるWindowsの定番機能です。ここでは、Windows 11または10でコントロールパネルを使用して自動輝度をオフにする手順を説明します:

  • コントロールパネルを開くには、スタートボタンをクリックし、“コントロールパネル “を検索します。または、キーボードのWindowsキー+Xを押して、オプションの一覧から “コントロールパネル “を選択することもできます。
  • コントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」の項目を開きます。
  • その後、「電源オプション」アイコンをクリックし、デバイスの電源設定にアクセスします。
  • 次に、お使いの端末で現在選択されている電力プランの「プラン設定を変更する」リンクをクリックします。デフォルトでは、通常「バランス」電力プランが選択されています。
  • 次のウィンドウで、「詳細な電源設定の変更」リンクをクリックして、デバイスの詳細な電源設定にアクセスします。
  • ディスプレイ」カテゴリで、「アダプティブブライトネスを有効にする」オプションを探し、展開します。次に、「バッテリー時」と「プラグイン時」の設定を「オフ」に設定し、デバイスの自動明るさを無効にします。

自動明るさを無効にしたら、「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタンをクリックして、電源設定に加えた変更を保存します。これらの手順を実行すると、Windows 11または10デバイスで自動明るさが無効になり、必要に応じてディスプレイの明るさを手動で調整することができます。

Windows 11で自動輝度トグルが表示されない理由

アダプティブブライトネスとは、Windowsデバイスが周囲の照明条件に基づいて画面の明るさを自動的に調整する機能です。この機能は、光センサーを内蔵した多くのノートパソコン、タブレット、オールインワンデスクトップPCで利用可能です。光センサーは、デバイスの周囲の環境光を測定し、それに応じて画面の明るさを調整します。例えば、薄暗い部屋でノートパソコンを使っている場合、目に優しいように画面の明るさを自動的に下げます。

ただし、すべてのデバイスがアダプティブブライトネスに対応しているわけではないことに注意が必要です。お使いのデバイスに光センサーが内蔵されていない場合、この機能を使用することはできません。また、デバイスで外部モニターを使用している場合、Windowsの設定にアダプティブブライトネスのコントロールが表示されません。

コンテンツ適応型輝度制御(CABC)も、一部のWindowsデバイスがサポートする機能です。CABCは、画面に表示されているコンテンツに応じて、画面の明るさを調整する機能です。例えば、暗い画像を表示している場合、CABCはバッテリーを節約するために画面の明るさを下げます。一方、明るい画像や動画を見る場合は、CABCが画面の明るさを上げて見やすくします。

Windows 11で自動輝度をオフにしたほうがいい理由

Windows 11で自動輝度をオフにした方が良い理由はいくつかあります。ここでは、その理由について詳しく説明します:

  • 一貫性のない明るさノートパソコンやタブレットで作業をしていて、明るさの自動調節が有効になっている場合、画面の明るさが頻繁に変化したり、一定でないことに気づくことがあります。デバイスの光センサーは、周囲の小さな照明の変化を感知して、それに応じて明るさを調整することがあります。オートブライトネスをオフにすることで、より安定した視聴体験を確保することができます。
  • バッテリーの寿命オートブライトネスは、周囲の明るさに合わせて画面の明るさを調整することでバッテリーの節約に役立ちますが、常に完璧というわけではありません。明るさの調節が激しすぎたり、不必要になったりすることもあり、一定の明るさのレベルよりも実際に多くのバッテリーを消費する可能性があります。手動で明るさを快適なレベルに調整し、自動明るさを無効にすることで、デバイスのバッテリー寿命を延ばすことができます。
  • 色の正確さ:オートブライトネスは、時にディスプレイの色精度に影響を与えることがあります。光センサーの調整により、スクリーンの色温度が変化することがあります。自動明るさをオフにし、明るさと色温度の設定を手動で調整することで、ディスプレイができるだけ正確に色を表示するようにすることができます。
  • 外付けモニターです:前述の通り、自動輝度は内蔵スクリーンを持つデバイスにのみ適用されます。Windows 11デバイスで外部モニターを使用すると、設定に明るさの調整のコントロールが表示されません。つまり、外付けモニターは内蔵ディスプレイと同じ輝度レベルにならない可能性があり、気が散って効率的に作業するのが難しくなる可能性があります。自動輝度をオフにすることで、両方のディスプレイの輝度レベルを手動で調整し、互いをより密接に一致させることができます。

要約すると、Windows 11で自動輝度をオフにすると、より安定した表示体験を確保し、デバイスのバッテリー寿命を延ばす可能性があり、色の精度を向上させ、外部モニターを使用しやすくすることができます。自動輝度は状況によっては便利ですが、必ずしも完璧ではなく、すべての人にとって必要なものではない可能性があります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here