ピークイルミネーター、ピークイルミネータープロサムスンテレビ、この説明は何ですか?

0
100

サムスンのテレビに採用されている技術です。この技術は、2015年に初めてサムスンのテレビに登場し、2016年まで続きました。時間の経過とともに、技術はあなたがこれらの技術を満たすことができる進化してきました。

  • ピークイルミネーターです:
  • ピークイルミネーター アルティメット
  • ピークイルミネーターPro:

当時のテレビのディスプレイを見ると、ピークイルミネーターもプロもアルティメットも違いがない場合がほとんどです。当時のテレビのディスプレイを見ると、ピークイルミネーター、プロ、アルティメットの違いはないことがほとんどです。これは単なるマーケティングで、新しいテレビは以前のテレビよりも優れた技術を持っているはずです。

このPeak illuminatorという技術は何ですか?

ピークイルミネーター:個々の映像要素の明るさを変化させ、テレビ画面に明るく高画質な映像を映し出す技術です。元画像はテレビが表示できるよりも悪い画質である必要があります。

動画を撮影する際、オペレーターはアングルや照明を選び、良い光学系を使って高画質の原画を得ます。しかし、動画を再収録する過程で、画像の色深度を回復する必要があります。フレーム内に色のグラデーションはあるものの、映像の暗部ではディテール(視覚的)が失われてしまうのです。Peak Illuminatorを使用すると、画像の細部がより顕著に溶け、映像の全体的な知覚が改善されます。

サムスンのどのテレビでPeak illuminatorが使えるか

ピークイルミネーターは、色深度10ビットの高品質なスクリーンを持つテレビで機能します。しかし、Peakイルミネーターを搭載したテレビの多くはEDGEバックライトディスプレイを採用しており、少なくとも現在ではこれらのディスプレイはハイクラスに分類されることはない。つまり、テレビに映し出される映像は、テレビが映し出す映像よりも質が悪いということになる。この場合、Peakイルミネーターの技術で画質を向上させる必要があります。

サムスンのピークイルミネーターの仕組み

ピークイルミネーターをオンにすると、映像の背景を全体的に均一にすることができ、暗い部分が明るく見え、質の高い色調を得ることができます。HDR非対応の映像でも使える技術です。本技術は、HDRに対応した映像では使い物にならないため、HDR映像には対応していません。テレビに内蔵されたソフトウェアにより、ストリーミング映像を受信すると、色調の明るさレベルを変更し、全体の明るさは変えずに個々の映像要素の明るさを上げる。

2017年以降、この技術は使われず、新しいQLEDスクリーンがあり、当初はより良い画質を示すことができます。また、画像補正技術がすでにデフォルトで組み込まれているソフトウェアの改良も行われています。また、より重要な技術革新が一部のソフトウェア技術の影に隠れてしまっているため、ピークイルミネーター技術を宣伝する必要性もありません。しかし、数年後には記憶され、再び広告でピークイルミネーターという言葉を目にすることになるかもしれませんね。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here