サブウーファーをレシーバーとアンプに接続する方法

0
33

この記事では、LFEケーブル、RCAケーブル、またはスピーカーワイヤーを使って、サブウーファーをレシーバーやアンプに接続する方法を説明します。サブウーファーを接続する前に、レシーバーまたはアンプをセットアップする必要があります。これには、適切なオーディオ出力モードの選択と、信号レベルの調整(可能な場合)が含まれます。

望ましい方法:LFEサブウーファー出力を使用する。

アンプのモデルによっては、LFE、SUB OUT、SUBWOOFERと表示されている場合があります。この接続にはLFEケーブルが必要です。

サブウーファーの入力ポートにLINE INと表示されている場合もあります。この呼称は、5.1 サラウンドサウンドシス テムでよく使われます。ベースチャンネルはこのポートから送られます。そのため、サラウンド・サウンド・システムを使用している場合は、レシーバーの出力端子(LFEまたはSUB OUT)をサブウーファーのLINE INまたはLFE IN端子に接続します。

RCAケーブルを使用する

レシーバーやサブウーファーにLFE出力がない場合、またはLFEケーブルがない場合は、2つのステレオRCA端子を使用して接続することができます。お使いのモデルによって、これらのコネクタはプラグの形をしている場合と、クリップの形をしている場合があります。左右のRCAを識別し、プラグを差し込むだけです。レシーバーとサブウーファーの両方に左右のRCA端子があるかどうかを確認し、すべて差し込むように注意してください。

2台以上のサブウーファーを接続するには?

複数のサブウーファーをレシーバーに接続するには、2つの方法があります。最初の方法は、各サブウーファーをレシーバーの個別の出力に接続する方法です。これにより、各サブウーファーに個別の信号が供給されます。もう1つの方法は、RCA Yアダプターを使用して、1つの低周波オーディオ信号を2つに分割し、両方のサブウーファーを並列に接続する方法です。この方法は、レシーバーにサブウーファー出力が1つしかない場合に適しています。どちらの方法も、複数のサブウーファーをオーディオシステムに効果的に統合するのに役立ちます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here