家電製品の寿命

0
42

家電製品や電子機器の寿命は、メーカー、モデル、使用条件、メンテナンス、技術の進歩によって大きく異なります。全体像を把握するために、電化製品を分類し、その典型的な寿命について説明します。ただし、これらは平均であり、実際の寿命は異なる可能性があることに留意してください。

ただし、すべての電化製品にはメーカーが設定した寿命があることを知っておく必要があります。はい、定期的なメンテナンスと、摩耗したコンポーネントや交換デバイス (フィルター) がある場合はそれらを適時に交換することで、そのような耐用年数が可能となる条件が存在する可能性があります。耐用年数中に機器が故障し、多額の復旧費用が必要となった場合には、メーカーから補償を受けることが可能です。このようなプロセスは複雑で労力を必要とし、原則として、そのような請求は製造業者に対する集団訴訟としてまとめられ、最終的には和解で終わります。

アプライアンスの平均寿命チャート

平均余命(年)マックス平均耐用年数(修理)
冷蔵庫10201530
食器洗い機10151220
洗濯機と乾燥機10151220
冷蔵庫、コンパクト412815
オーブンとストーブ10151220
ゴミ圧縮機7121115
電子レンジ712820
ゴミの処理101512
移動式エアコン5108
ウィンドウエアコン81511
セントラル冷暖房システム15201830
給湯器152017
小型家電製品354
フードプロセッサー2437

冷蔵庫の寿命

最新の冷蔵庫の寿命は通常10 ~ 20 年の範囲ですが、高品質のモデルではこの範囲を超える可能性があります。冷蔵庫の耐久性は主に、その材料と組み立ての品質に影響されます。いくつかの主要なコンポーネントと要因が冷蔵庫の耐用年数に影響します。

  1. 製氷機: 信頼性を向上させるためのメーカーの努力にもかかわらず、製氷機は故障する傾向にあります。設計はシンプルですが、さまざまな要因がパフォーマンスに影響を与える可能性があり、頻繁に問題が発生します。
  2. コンプレッサー: この重要な電気モーターは、システム内で冷媒を循環させます。製造上の欠陥により故障することがよくあります。コンプレッサーの交換は、不活性ガス環境での交換が必要となるため、専門施設でのみ実行可能ですが、標準的な作業場や家庭では再現できません。
  3. 冷却システム: 冷却システムは複雑なので、高品質の製造が求められます。よくある問題の 1 つは、はんだスケールによる汚染です。さらに、最新の冷蔵庫のラジエーターにアルミニウムを使用すると、寿命が短くなる可能性があります。
  4. ドアのシールゴム: 冷蔵庫のドアのゴムシールは時間が経つと劣化して効果がなくなるため、適切な断熱を確保するために交換が必要になります。
  5. 制御電子機器: 一般に信頼性は高いですが、冷蔵庫のさまざまな機能を制御する電子コンポーネントも故障する可能性があり、修理や交換が必要になる場合があります。

冷蔵庫が最適に機能するためには、定期的なメンテナンスと特定の部品のタイムリーな交換が不可欠です。

  • 電球または LED ライト: ユニット内の視認性を維持するために交換する必要があります。
  • 水フィルター: ウォーターディスペンサーまたは製氷機が装備されているモデルでは、水質を確保し、システムの詰まりや損傷を防ぐために、メーカーの推奨に従って水フィルターを定期的に交換する必要があります。

要約すると、冷蔵庫の寿命は、製氷機、コンプレッサー、冷却システム、ドア シール、制御電子機器などのさまざまなコンポーネントや要因の影響を受けます。

食洗機の寿命

食器洗い機の平均寿命は、芸術性の高さに応じて10 ~ 15 年です。食器洗い機のさまざまなコンポーネントでは、寿命全体に影響を及ぼす問題が発生する可能性があります。

  1. 発熱体:このコンポーネントは、特に困難な水域では故障しやすいです。独自の水軟化塩を定期的に使用しないと、発熱体の早期故障につながる可能性があります。
  2. 高圧水圧ポンプ:食器洗い機の飲料水圧ポンプは頻繁に故障することはありません。スプレーと洗浄の効率はこのコンポーネントに依存します。
  3. 電子機器:他の多くの現代の家電製品と同様、食器洗い機の電子コンポーネントは誤動作する傾向があります。

食器洗い機の寿命と効率を最大限に高めるには、いくつかのメンテナンス手順をお勧めします。

  • 定期的に特別な塩を加えて水を柔らかくします。
  • 洗浄効率を高め、機械コンポーネントを保護するために、高品質の洗剤を使用してください。
  • フィルターの目詰まりを防ぎ、最適な水の流れと洗浄効率を維持するために定期的にフィルターを掃除してください。

結論として、食器洗い機の寿命はその構造の品質に依存します。軟水器の使用、効果的な洗剤の選択、定期的なフィルターの掃除など、適切なメンテナンス手順に従うことで、これらの機器の寿命を大幅に延ばすことができます。

洗濯機と乾燥機の寿命

洗濯機と乾燥機の平均寿命は、メーカー、モデル、使用頻度、メンテナンス方法などの多くの要因によって異なります。平均して、洗濯機と乾燥機の寿命は10 ~ 15年です。寿命に影響を与える要因は次のとおりです。

  1. 洗濯機:頻繁に使用すると、急速な磨耗が発生する可能性があります。平均的な洗濯機は週に 2 ~ 3 回使用するように設計されています。
    1. 負荷サイズ:機械に一定の過負荷がかかると、タンクのベアリングが急速に摩耗する可能性があります。
    1. メンテナンス:定期的に掃除し、洗浄液や独自の製品を使用すると、洗濯機の寿命を延ばすことができます。
    1. 水質:硬水は鉱物堆積物の形成を引き起こし、発熱体の摩耗に影響を与える可能性があります。
  2. 乾燥機:乾燥機の寿命は通常 10 ~ 15 年です。上記の要因に加えて、耐用年数は個々の特性によって影響される可能性があります。
    1. 換気:過熱を防ぎ、効率を維持するには、適切な換気が重要です。
    1. 糸くずの除去:糸くずキャッチャーと換気システムを定期的に掃除することは、火災の危険を防ぎ、効率的な動作を保証するために不可欠です。

オーブンやストーブの寿命

オーブンとオーブンの耐用年数は長く、コンポーネントの品質、ブランド、使用頻度によって異なります。設計上壊れる事が無く、修理も簡単です。多くのオーブンやストーブは 20 年以上使用できます。交換の必要性は通常、金属部品の腐食、外観の損失、スペア部品の不足、または高度な技術を備えた他のモデルへのアップグレードなどの自然な原因によるものです。

  • オーブン:オーブンの寿命は約10 ~ 15年です。電気オーブンは発熱体が早く摩耗する可能性があるため、ガスオーブンよりも寿命が少し短いと考えられています。しかし、たとえば私は調べた結果、これは真実ではなく、ガスオーブンと電気オーブンの寿命は同じであると言えます。
  • ストーブ (クックトップを含む):ガスストーブは電気ストーブよりも長持ちする傾向があり、20 年以上続く場合もありますが、一般に認められている平均寿命は 15 年です。事実、ガスコンロには故障するものは何もありません。一般的な故障はガスバーナーの腐食です。ストーブが古い場合、スペアパーツを購入できないことがよくあります。
    電気ストーブの寿命は15年程度です。一般的な故障は、発熱体の故障です。交換すれば20年以上の寿命もあります。

結論として、オーブンとストーブの耐用年数は、主に芸術性の質、使用の度合い、お手入れのレベルによって決まります。定期的なメンテナンスと注意深い使用により、パフォーマンスと効率が大幅に向上します。

エアコンの寿命

エアコンの寿命は機種によって異なります。平均して、さまざまな種類のエアコンでは次のおおよその耐用年数を区別できます。

  1. ウィンドウエアコン:これらのユニットの寿命は通常約 15 年です。ただし、フィルターの清掃や冷媒のチェックなどの定期的なメンテナンスを行わないと、効率と耐久性が低下する可能性があります。
  2. モバイル エアコン:モバイル (ポータブル) エアコンの寿命は、使用状況やお手入れの度合いにもよりますが、通常 5 ~ 10 年です。
  3. 分割システムおよび複数分割システム:これらのシステムの寿命は長いことが多く、15 ~ 20 年に及ぶ場合もあります。ただし、耐用年数は適切な設置、特に冷媒ラインの配線によって大きく影響されます。ラインに曲がりが多いと効率が低下し、コンプレッサーに過剰な負荷がかかります。
  4. セントラル空調システム:セントラル空調システムの耐用年数も約 15 ~ 20 年です。繰り返しますが、寿命は適切な設置と適時のメンテナンスに影響されます。

エアコンの修理: 発生する可能性のある主な問題は、ファン始動コンデンサーとコンプレッサーの老朽化、冷却ラジエーターのハニカムの詰まり、冷媒の自然損失です。コンプレッサーの故障の場合は、これも時々発生しますが、修理は適切ではありません。エアコンを交換したとしても、長期間エアコンが動作する可能性は低いです。その理由は、工場では、システムのはんだ付けが酸素のない環境 (不活性ガスのゾーン) で実行され、スケールの形成とシステムへの浸透が防止されるためです。このような作業は家庭環境や小さな作業場で行うことができますが、この場合、実際の技術は観察されず、最終的には装置の動作に悪影響を及ぼします。

給湯器の寿命

  1. 貯湯式給湯器:従来のガス式または電気式の貯湯式給湯器の平均寿命は通常 15 年で、適切なメンテナンスと修理を行えば 20 年以上使用できます。スケール除去や陽極保護のチェックなどの定期的なメンテナンスにより、寿命を延ばすことができます。
  2. フロースルー (タンクレス) 給湯器:フロースルー給湯器は通常、貯湯式給湯器よりも寿命が長く、最長 20 年以上使用できます。寿命に影響を与える主な要因は水質です。硬水は摩耗を促進し、より頻繁なメンテナンスが必要になる可能性があります。
  3. 太陽熱温水器:太陽熱温水器は、主に定期的にメンテナンスされ、良好な気候に設置されている場合、最大 20 年の寿命があります。パネルと水循環システムを定期的に洗浄すると、効率と寿命が長くなります。
  4. 給湯器用ヒートポンプ:ヒートポンプを備えた給湯器は、エネルギー効率が高く、コンポーネントの磨耗が少ないため、最長 15 年以上使用できます。

適切な設置と定期的なメンテナンスは、稼働を維持するために不可欠です。

給湯器の寿命の基本は水です。水処理の質によって、給湯器の寿命は大きく異なります。

電子レンジの寿命

電子レンジの寿命は7 ~ 12 年です。電子レンジの寿命は通常10年程度です。電子レンジの使用方法を誤ると、庫内のマイカ板にグリスが付着し、焼損することが主な故障原因となります。これにより、マグネトロン放射が短絡し、マグネトロンの保護キャップが焼損する可能性があります。電子レンジで「パチパチ」「カチッ」という音が聞こえる場合は、マイカプレートの故障です。難しい修理ではありませんが、電子レンジを適切にお手入れすれば、より長持ちします。たとえば、私は 20 年前のサムスンの電子レンジを持っていますが、問題があり、タッチ ボタンがうまく押せなかったり、文字がよく見えなかったりしますが、機能します。

小型家電製品の寿命 炊飯器、ケトル、トースター、アイロン、コーヒーメーカー

小型家電製品の耐用年数は3 ~ 5 年です。それはすべて使用の強度によって異なります。例えば、炊飯器は週に1回ご飯を炊くとして20年は使えます。ただし、4回使用すると寿命は4倍に縮む可能性があります。小型家電メーカーでは、ヘアドライヤーの例を見てみましょう。ヘアドライヤーを週に4回、15分間使用すると、1年間の髪の使用から始まります。ドライヤーの使用時間は 60 時間と想定されており、ヘアドライヤーのリソースは 180 時間であり、使用量が少なくなり、ヘアドライヤーの寿命は長くなります。

家電製品は20年も使えるのでしょうか?

実際、家電製品が20 年以上使用できるかどうかは、材料の品質などのさまざまな要因によって大きく左右されます。耐久性のある金属、高級プラスチック、堅牢なエナメルコーティング、信頼性の高いコンポーネントが総合的に、これらの家電製品の寿命に貢献しています。しかし、長持ちする家電製品を製造する傾向は時間の経過とともに大きく変化しました。
初期の数十年間、メーカーは自社の製品が何世代にもわたって家族に役立つと宣伝することで、製品の耐久性を強調することがよくありました。今日の市場ではそのような主張はまれです。多くのメーカーの現代のビジネス モデルは、特定の耐用年数を念頭に置いて家電製品を設計することに重点を置き、問題が発生した場合に消費者に修理ではなく交換することを奨励しています。
この変化は、フィリップスの掃除機でのあなたのような経験からも分かります。 10年後、ホースのプラスチッククリップが破損し、生産中止のため交換部品が入手できなくなりました。この状況は、現代の製造における一般的な戦略を例示しています。つまり、古いモデルのコンポーネントが段階的に廃止され、修理が困難または不可能になり、それによって消費者が新しい製品を購入するように誘導されます。
要約すると、家電製品は 20 年以上使用できる一方で、製造慣行やビジネス戦略の変化により、この寿命はますます稀になってきています。焦点は、耐久性のある製品の作成から、修理ではなく頻繁に交換する消費者文化に合わせて、あらかじめ決められた寿命を持つ家電製品の設計に移行しました。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here