どのテレビを買うかを決める方法

0
28

適切なテレビを選択するには、個人のニーズや使用パターンに合わせてさまざまな要素を慎重に考慮する必要があります。現代のテレビ市場は多様であり、Nano Cell、Neo QLED、OLED などのテクノロジーを特徴とし、価格帯は数百ドルから数千ドルの範囲にあります。場合によっては、ハイエンドモデルは法外な価格に達する可能性があります。

テレビの選択に対する現実的なアプローチでは、テレビの主な目的を特定することが重要です。用途は、テレビ番組のカジュアルな視聴やゲームから、オンライン サービスからの高解像度コンテンツのストリーミングまで、大きく異なります。この使用法によって選択基準が決まります。

標準機能で十分なため、過度に高級なテレビはカジュアルな視聴には必要ないかもしれません。対照的に、ゲームやストリーミングの高解像度コンテンツでは、リフレッシュ レートの向上や色精度の向上など、ハイエンド モデルの高度な機能の恩恵を受けることがよくあります。

したがって、TV を選択するためのガイドでは、TV の機能を目的の用途に合わせて、コストと機能のバランスを確保することに重点を置く必要があります。このアプローチにより、追加機能に不必要なコストを費やすことなく、選択した TV が確実に動作するようになります。

画質の良いテレビの選び方

テレビを評価する場合、画質が最も重要であり、ディスプレイの品質がこの側面の重要な決定要因となります。画質に関するディスプレイ技術の階層は次のとおりです。

  • OLED (有機発光ダイオード) ディスプレイ:画質の最高峰である OLED ディスプレイは、100% 品質とも呼ばれる最高水準を提供します。 OLED テクノロジーの特徴は、深い黒と高いコントラスト比を提供し、優れた画質に貢献する能力です。
  • QLED (量子ドット LED) ディスプレイ:これらは、全体的な画質を向上させる高品質の素材を特徴とする高度な LED ディスプレイであり、OLED が提供するものの約 80% です。 QLED の品質を評価する際の重要な要素は色の深さです。 10 ビットの色深度のディスプレイは高品質とみなされ、より包括的な色範囲と滑らかなグラデーションを提供します。逆に、8 ビット + FRC (フレーム レート コントロール) ディスプレイは劣ると考えられます。 120Hz のリフレッシュ レートは QLED ディスプレイの品質のベンチマークであり、ペースの速いシーンでよりスムーズな動きとより優れたパフォーマンスを保証します。
  • LED (発光ダイオード) ディスプレイ:画質の点では標準ですが、LED TV の品質はさまざまで、通常は OLED と比較して 40 ~ 60% の範囲です。 LED TV は画質はそれほど印象的ではありませんが、予算に優しいため、より安価な TV を探している人にとっては有力な選択肢となります。

要約すると、OLED、QLED、LED のいずれを選択するかは、画質と価格の間の望ましいバランスによって決まります。 OLED は最高の品質を提供しますが、コストは高くなります。 QLED は高品質で手頃な価格の中間に位置し、LED は標準品質をより手頃な価格で提供します。

有機ELテレビには価値があるのか?

OLED TV に投資する価値があるかどうかは、予算や TV に数千ドルを費やすかどうかなど、いくつかの要因によって決まります。はいの場合は購入できます。ここでは有機ELテレビのメリットとデメリットを紹介します。

  • OLED TV の利点: OLED TV の主な利点は次のとおりです。
    • 優れた画質: OLED テレビは、その卓越した画質、深みのある黒、高いコントラスト比、鮮やかな色で知られています。これは各ピクセルが光を発する能力によるもので、明るさと色を正確に制御できます。
    • 高速応答時間: OLED ディスプレイは応答速度が速く、画像のぼやけを軽減するため、スポーツやビデオ ゲームなどの動きの速いコンテンツの表示に最適です。
  • OLED TVの短所:メーカーは短所について話したくありませんが、短所は存在します。ここに小さなリストを示します。
    • コスト: OLED TV は通常、LED または QLED TV よりも高価です。この価格差は予算に応じて重要な要素となる可能性があります。
    • 焼き付きのリスク:最新の OLED TV にはこのリスクを軽減する機能が装備されていますが、静止画像を長時間視聴すると画像の焼き付きのリスクが依然として存在します。テレビには静止画像を削除し、明るさを補正するサービス プログラムがありますが、その可能性は無限ではありません。
    • 明るさ: OLED テレビは優れたコントラストを備えていますが、一部の LED/QLED モデルほど明るくない場合があり、非常に明るい部屋でテレビを視聴する場合にはこれが重要です。
    • 寿命: OLED TV には当然ながら悪い特性が 1 つあります。時間の経過とともに、特に過熱すると有機ダイオード (ピクセル) が劣化して明るさが失われるため、頻繁に使用する場合は 5 ~ 7 年で TV を交換する準備をしてください。

結論として、OLED TV は最高の画質を提供します。ただし、それらを購入する価値があるかどうかは、主に個人的な優先順位と、高いコストと比較してその利点をどの程度評価するかによって決まります。

どのメーカーのテレビを買うのが一番良いでしょうか?

理想的なテレビ ブランドの選択は、個人の好み、特定のニーズ、予算の制約に影響されます。さまざまなブランドが、その独特の品質、革新性、顧客満足度で際立っています。それぞれが独自の強みを持ついくつかの著名なブランドの概要を以下に示します。

  1. Samsung : QLED テクノロジー、そして最近では 2022 年からの OLED への取り組みで有名な Samsung は、さまざまな価格帯で多様な TV を提供しています。 Tizen OS は幅広いアプリケーションを提供します。 2022年、サムスンはLEDおよびQLEDディスプレイ工場をTCLに売却し、OLEDテクノロジーにさらに重点を置いた。 Samsung のハイエンド モデルは信頼性がありますが、主にコンポーネントの品質のばらつきにより、低価格モデルには当たり外れが生じる可能性があります。
  2. LG : 2016 年以来 OLED テクノロジーのフロントランナーである LG は、QLED および LED TV オプションも提供しています。人気の WebOS プラットフォームで知られる LG TV は、ビデオ ストリーミング アプリの幅広いセレクションを誇っています。 LG は、サムスンと並んで、テレビ市場における品質と革新性の点でトップの選択肢であると考えられています。
  3. Sony : Sony の TV は、その卓越した色精度、モーション処理、および全体的な画質で高く評価されており、特に映画愛好家やスポーツ視聴者にとって魅力的です。ソニーは、品質とソフトウェアの構築とディスプレイ製造のアウトソーシングに重点を置いています。 Google TV と Android を搭載したテレビでは、多くのアプリケーションが提供されていますが、価格は高めになる傾向があります。
  4. Vizio : Vizio は、手頃な価格のテレビを提供する有名なブランドです。 Vizio TV は、革新という点では画期的ではありませんが、価格に見合った品質を提供します。このブランドは主に大手 OEM メーカーに生産を依存しています。
  5. TCL : 予算に優しい製品で知られる TCL は、OEM 生産を含むテレビ製造業界の重要なプレーヤーです。 TCL テレビは、手頃な価格と品質のバランスで知られています。
  6. パナソニック: パナソニックは、2014年に米国、2020年にカナダから撤退し、テレビ市場での存在感が低下しています。一部の低価格モデルはOEM生産されていますが、中級モデルは自社生産されています。パナソニックのテレビは高い評価を得ていますが、価格面では厳しい競争に直面しています。
  7. ハイセンス: 中国の大手エレクトロニクス企業であるハイセンスは、OEM メーカーとして、他のブランド向けも含めて相当量のテレビを生産しています。ハイセンスは東芝の映像部門を買収してからテレビの品質を向上させた。ただし、このブランドはさまざまなオペレーティング システムを備えたさまざまなモデルを提供しているため、慎重な検討が必要です。

要約すると、LG や Samsung などのブランドがハイエンドの画質でリードし、Sony がパフォーマンスと構築品質で優れている一方、TCL や Vizio は低価格帯の分野では強力な競争相手です。パナソニックとハイセンスは、特別な考慮事項があるものの、競争力のあるオプションを提供しています。個人にとって最適なブランドは、視聴の好み、必要な機能、予算によって異なります。

最適な画面解像度を選択する方法

テレビの画質は基本的に解像度によって決まります。解像度とは、画像を構成するピクセルの総数を指します。画像を形成する小さな点であるピクセルは、画面に表示されるものの鮮明さと鮮明さを定義する上で非常に重要です。解像度は、水平ピクセル数と垂直ピクセル数を乗算して計算されます。現在、テレビには主に 3 つの解像度があります。

  1. フル HD (1920 x 1080) : この解像度は現在標準とみなされており、日常の視聴に正確で詳細な画像を提供します。
  2. 4K UHD (3840 x 2160) : フル HD の 4 倍のピクセル数を備えた 4K UHD テレビは、非常に鮮明で詳細な画像を提供し、特に大画面で顕著です。この強化された解像度により、コンテンツをクローズアップしたりズームインしたりしても、より正確に表示できるようになります。
  3. 8K UHD (7680 x 4320) : フル HD の 16 倍のピクセルを備えた 8K UHD テレビは、信じられないほど高レベルのディテールを提供します。ただし、このテクノロジーはまだ発展途上であり、高額な費用がかかります。

HD 解像度は通常、安価なテレビにしか搭載されていませんが、時代遅れの形式です。このようなディスプレイは、少なくとも 10 年以上前の古い生産ラインで製造されています。ほとんどの視聴者にとってはフル HD 解像度で十分ですが、Netflix や YouTube などのストリーミング サービスから 4K コンテンツが利用できるようになったことで、4K UHD テレビはより将来性のある選択肢となっています。テレビの平均交換サイクルが 7 ~ 10 年であることを考慮すると、4K UHD テレビに投資すると、デバイスの関連性が維持され、最新のコンテンツを何年も表示できることが保証されます。ただし、8K コンテンツの可用性と商用アプリケーションの点では依然として改善の必要があり、8K テレビの価格が高いため、ほとんどの消費者にとってその購入を正当化する必要があります。したがって、現在、4K UHD TV がコスト、寿命、画質のバランスが最も優れています。

HDR を備えた新しいテレビの選択

テレビの画質を考える場合、 HDR (ハイ ダイナミック レンジ)を理解することが重要です。 HDR テクノロジーは、画像の最も暗い部分と最も明るい部分の差であるコントラスト比を高めることにより、視覚体験を劇的に向上させます。コントラスト比が高いほど、黒はより深くなり、白はより明るくなり、実物に非常に似た画像が得られます。

HDR はテレビ技術においてますます重要な要素になってきています。以前はディスプレイの種類と解像度に重点が置かれていましたが、現在ではメーカーは HDR 機能を重視しています。 HDR は、一般的な放送やビデオで一般的に使用されている SDR (Standard Dynamic Range) の制限を超え、より細かく、より詳細な輝度レベルを提供します。

ただし、HDR テクノロジーの微妙な違いを理解しておくことが重要です。 Samsung TV の Quantum HDRに関する記事で詳しく説明したように、多くのメーカーが HDR に独自のマーケティング名を使用しています。これらの名前に注意を払うよりも、テレビが HDR をサポートしていることを確認することの方が重要です。

すべてのメーカーが HDR で不正行為をしていることを知っておく必要があります。実際、当初、 UHD Alliance のUHD 仕様によれば、真の HDR は UHD 解像度と 10 ビットの色深度を備えた TV にのみ搭載できると考えられていました。プレミアムテレビ。しかし、生産されたテレビのほとんどはこの要件を満たしていないため、別のパラメータを考案したVesa DisplayHDRなどの他の提携が登場し、HDR でまったく動作できない 8 ビット マトリクスを備えたディスプレイでも、 HDR400のロゴ。

TV メーカーは、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+ などのさまざまな HDR 形式を使用しています。 HDR テクノロジーの初期には個別のフォーマットがより普及していましたが、最近の TV は複数の HDR フォーマットをサポートしていることがよくあります。したがって、重要なのは、特定の形式ではなく、HDR サポートを確認することです。

HDR コンテンツの増加傾向を考えると、HDR 対応テレビを選択することは前向きな選択です。これにより、お使いの TV が進化するコンテンツ標準との互換性を維持し、ペースの速いデジタル エンターテイメントの世界での関連性と寿命が延長されます。

どのくらいのテレビサイズが必要ですか?

家庭用テレビの傾向は、通常は対角 32 ~ 85 インチの大型テレビへと向かっています。テレビを選ぶときは、部屋での視聴距離を考慮することが重要です。テレビの物理的な高さと幅が対角線の画面サイズにどのように関係するかを理解するには、「対角線別の TV サイズ」などのリソースを確認してください。
基本的な経験則は、部屋に快適に収まる最大のテレビを選択することです。現在の市場動向によれば、65 インチのテレビが人気の選択肢となっています。このサイズは視聴体験のバランスが取れており、ほとんどの部屋のサイズに適応します。部屋のサイズに基づいてテレビを選択するためのより具体的なアドバイスについては、「画面サイズに基づいたテレビの視聴距離」の記事が役立つかもしれません。このリソースは、視聴環境に合ったテレビを選択する上でより明確な視点を提供します。

テレビを購入するときに避けるべきことは何ですか?

テレビを購入する場合、自分のニーズや好みに合った情報に基づいた決定を下すために避けるべき落とし穴がいくつかあります。

  1. 画面テクノロジーの無視:低解像度または時代遅れの画面テクノロジーを備えたテレビを選択すると、最初はお金を節約できるかもしれませんが、特に高解像度のコンテンツが普及すると、不満が生じる可能性があります。画面の品質をテストする方法に関するちょっとしたヒントを次に示します。ショールームがあり、たくさんのテレビが稼働している店舗に行ってください。テレビの前に立ってから横に移動し、横から見ることをシミュレートします。一部のテレビでは、横から見ると明るさが極端に低下することがわかります。これは画面の品質を示します。おそらく、そのようなテレビの画面は古い技術を使用して作られています。
  2. 入力遅延とリフレッシュ レートの無視 (ゲーマー向け):テレビをゲームに使用する予定がある場合、スムーズなゲーム エクスペリエンスには、低い入力遅延と高いリフレッシュ レートが不可欠です。これらの機能は、顕著な遅延やモーション ブラーを回避するために必要です。
  3. マーケティングのからくりに騙される:具体的なメリットをもたらさない魅力的なマーケティング用語や流行語に注意してください。ブラウジングのニーズにどの機能が不可欠であるかを調査して理解します。
  4. オペレーティング システムの無視:ユーザー インターフェイスとアプリのエコシステムは、TV オペレーティング システムによって異なります (Android TV、WebOS、Tizen など)。使いやすく、好みのストリーミング サービスをサポートしているものを選択してください。
    テレビに搭載されている OS の世代を確認します。これは安価なテレビでは特に重要です。 Samsung、LG、Sony が毎年 OS を更新すると、他のメーカーも古い OS を搭載したテレビを提供する可能性があります。たとえば、Android TV OS バージョン 9 を搭載した 2023 年のテレビが表示される場合がありますが、そのバージョンは 2018 年にリリースされました。 2022 年には、Android TV バージョン 13 がすでにリリースされています。 OS バージョンをナビゲートするのに役立つリソースをいくつか紹介します。
  5. Android TV OS の年別
  6. LG TV オペレーティング システム (年別)
  7. Samsung TV オペレーティング システム (年別)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here