S/PDIF out(SPDIF出力)デジタルオーディオアウトの意味は何ですか?

0
3317

SPDIF出力端子

S/PDIFはSony/Philips Digital Interconnect Formatで、Sony Philips Digital Interface(同じ頭文字)とデコードされることもあります。このフォーマットはソニーとフィリップスによって開発されました。このフォーマットは、光または同軸ケーブルで伝送することができます。実は、これはデータ伝送のプロトコルなのです。つまり、この規格はケーブルの種類とは関係なく、データのエンコードとその後の転送のための規格であることを理解することが重要です。

テレビにおけるSPDIFの意味とは?

SPDIFは、ホームシアターやエンターテインメントシステムの様々なコンポーネントをサウンドシステムに接続するために使用されるデータ転送フォーマットです。

AES3規格に基づき、非圧縮PCMまたは圧縮5.1/7.1サラウンドサウンド(例えばDTSオーディオコーデックなど)を2チャンネル伝送するものである。

ただし、ロスレスサラウンドのフォーマットはより高い帯域幅を必要とするため、この規格ではサポートされていません。

Digital Audio Out SPDIFとOptical SPDIFの違いは何ですか?

SPDIFはコネクタの種類によって、銅線と光線の2つの規格があります。この2つの規格は、エンコードの種類という点では同じです。違いは、Digital Audio Out SPDIFはデータ(音声など)を銅線ケーブルで伝送するのに対し、Optical SPDIFは音声を光ファイバーで伝送することです。

先ほども申し上げたように、この出力はソニーとフィリップスが共同で開発したもので、テレビなどのオーディオ機器に使用するものです。主に、テレビから外部アクティブスピーカー(サウンドバーなど)に音声を伝送するために使用されます。

当初、SPDIFは圧縮なしのステレオ形式での音声伝送をサポートしていました。その後、さらに改良が加えられ、SPDIFは5.1、7.1、圧縮形式の音の出力をサポートしています。

SPDIF出力方式

SPDIFアウトの簡単な歴史

もともとこの転送フォーマットは、1990年代、CDに音声がデジタル録音されるようになったデジタルオーディオ時代の始まりに登場した。

そこで、音声を追加変換することなく、デジタルでサウンドバーやスピーカーに伝送する必要性が出てきた。そこで、DVDプレーヤーからスピーカー、ステレオシステム、サウンドバーへ音声を伝送するために開発されたのがSPDIFです。

SPDIFはその仕事を完全にこなしたので、時が経つにつれて、業界で非常に一般的になっていったのです。SPDIFはテレビでは光出力という形で使われています。その後、HDMI ARCなど、同様の音声伝送オプションが登場しました。

SPDIFとOpticalの違いは何ですか?

SPDIFのほかに、積極的に使われている音声伝送方式にトスリンク(通称オプティカル)があります。これは、光ファイバーを使って信号を伝送するためのフォーマットです。

技術的な観点からその仕組みを簡単に説明すると、光ファイバーケーブルは、光ファイバーを通過する情報を光の形で伝送する。

オプティカルといえば、SPDIFの対抗馬ともいえるADATフォーマット。しかし、このような信号は、干渉と戦うために変換する必要があります。しかし、メリットもあります。光は銅線によるデータ伝送とは異なり、減衰やインピーダンスの影響を受けないので、どんな距離でも信号を伝送することができるのです。

光信号は通常光ファイバーケーブルで送られ、SPDIFは通常RCAコネクタの同軸ケーブルで使用されます。ただし、光ケーブルによるOptical SPDIFも使用可能です。

Digital Audio Out SPDIFとは?

デジタルオーディオアウトは、アナログテレビの時代からおなじみのプラグの形で出力されますが、正しくはRCAといいます。機器同士は同軸ケーブルで接続され、音声は特殊なプロトコルを用いてデジタル伝送されます。機器間のケーブルの長さは、おおよそ最大10mです。しかし、最大ケーブル長は、使用する材料の品質とケーブルの製造に依存します。

Optical SPDIFとは?

Optical SPDIF (Sony/Philips Digital Interface Format) は、光ケーブルで信号を伝送するための規格です。機器と機器の間を光ケーブルで結び、レーザーで音声を伝送する。伝送される光信号のパワーは、機器間の距離が10m程度でも十分な信号が伝送される。光ケーブルの場合、機器のコネクタをトスリンクと呼びます。

光SPDIFとデジタルオーディオ出力SPDIFの比較

これらの出力は、伝送される信号の品質という点では同じである。ただし、Optical SPDIFの場合は信号伝送に光信号が使用され、2番目の場合は物理信号が使用されます。

いずれの場合も、音声信号はデジタルで伝送されるため、歪みや減衰の心配はない。アナログ信号とは異なり、歪みが発生しやすく、周波数によってフェードアウトが不均一になる:周波数が高いほど、信号がフェードアウトする。SPDIFの両フォーマットはかなり広く使用されており、テレビでは光、コンピュータでは物理インターフェースがより一般的です。

その他、デジタルオーディオ伝送用端子

デジタルオーディオの伝送のための同様の接続は多くありませんが、そのようなプロトコルの主なタスクの1つは、あるデバイスから別のデバイスへのDTSまたはドルビーデジタルマルチチャネルオーディオの伝送です。

同様の機能は、HDMI端子とHDMI ARCの変形であるDisplayPortが担っている。しかし、これらは映像と音声の伝送を組み合わせたプロトコルであり、SPDIFは純粋な音声伝送フォーマットである。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here