ノートパソコンのカバーの交換、Lenovo IdeaPad 5の例による

0
293

Lenovo IdeaPad 5ラップトップに関する私の話をしたいと思います。ノートパソコンを1年ちょっと使っていたのですが、左側の蓋を開けると、左のヒンジ付近のフレームが画面から離れ始めていることに突然気づきました。早急に対処することにしました。数日後、ノートパソコンの左ヒンジが動かなくなり、ノートパソコンのカバーも左側が割れてしまいました。修理の時期が来たのです。ヒンジが取り付けられている場所を見ると、ヒンジとカバーを固定しているナットとネジも一緒に、カバーから引きちぎられていたのです。カバーが壊れているので、ノートパソコンのカバーを交換するところから修理を始めることにしました。そこで、ノートパソコンのカバーの選び方を紹介します。ヒンジが壊れることは非常に稀で、通常は工場の欠陥や過度な機械的虐待が原因なので、ヒンジは後で取り組むことにしました。

Lenovo IdeaPad 5 モデル (15IIL05, 15ARE05, 15ITL05), MTM (81YK, 81YQ, 82FG ) のトップカバーを選択する。

ラップトップの背面にあるステッカーを見つける; その上に, 名前IdeaPadを見つける 5 (これは、ラップトップのラインの商業名です, (それは私たちの場合には何の意味もありません).次に、ノート パソコンのモデル番号 15ITL05; モデルが正しい部品を探すために大丈夫です, しかし、銘刻 MTM 82FG00K9RA に注意してください.

MTM Lenovo – はMachine Type Model (MTM) で、ノートパソコンのパッケージを一般的に理解するために、82FGはノートパソコンの筐体型を表しています。私は必要なデータを見つけました。私はケース82FGでノートパソコンIdeaPad 5 15ITL05のためのカバーを見つける必要があります。

Lenovo Laptopスクリーンカバーの入手先

Aliexpressでは品揃えが豊富ですが、納期が長いです。Amazonで買うと少し高いですが、かなり早く新しいトップディスプレイカバーを手に入れることができます。また、インターネット上でノートパソコンのスペアパーツを販売している会社を検索することもできます。また、ノートパソコンをサービスセンターに持ち込むこともできます。トップカバーの交換は100ドルから200ドルの費用がかかります。

Lenovo IdeaPad 5 15ITL05のトップカバーの交換方法について

新しいカバーが届いたので、交換しました。交換方法は、Lenovoの公式サイト(修理動画)で見ることができます。しかし、重要なポイントに絞って説明しますが、教えてくれません。

修理には独自の工具が必要で、六角形の下にあるケース底面のネジと、その他のネジは十字型ですが大きさが異なります。

Lenovo IdeaPad 5 15ITL05の画面カバーを交換する手順

  • まず、底面のカバーを外し、バッテリーを取り外します。小さなコネクターに苦労しますし、バッテリーからの配線も硬いので、かなり手こずりますが、何とかなります。
  • 次に画面の周りの枠を外し、ノートパソコンのカバーからヒンジのネジを外し(私の場合は左が壊れているので右)、キーボードを下にしてノートパソコンを回し(画面も)、メインボードから画面のケーブルを外し、WiFiモジュールからカバー内のアンテナに行く配線を外す。これで、ノートパソコンと画面の2つのパーツが揃いました。ノートパソコンのカバーは、カバーの中のものを壊さないように180度開かないように作られているので、まずネジを外して、それからコネクタを外すことをお勧めします。
  • ノートパソコンからヒンジのネジを外す。分解する際、左ヒンジには蓋の閉まり方を制御する小さな磁石があるはずですので、無くさないようにし、メインボード上の要素にくっついていないか確認します。磁石については、後ほど詳しく説明します。
  • また、ヒンジの調整方法も記載しますが、とりあえずノートパソコンとヒンジを脇に置いて、カバーを交換します。すべてがうまくいけば簡単ですが、私の場合、期待通りにはいきませんでした。

IdeaPad 5 15ITL05のカバーからディスプレイを取り外す。

ディスプレイは両面テープでカバーに貼り付けられていますが、ただのテープではありません。ヒンジ部分には小さな黒いプラスチックの尾があり、それを引っ張ってディスプレイの下から両面特殊粘着テープを引き抜かなければなりません。左側はすぐに引き抜けたのですが、右側が外れてしまいました。テープを剥がす方法を考え始めた。ディスプレイを引き剥がすのは、ディスプレイを傷つける可能性があり、危険だ。一番いいのはプラスチックの編み針を用意して、それでリボンを引っ掛けてディスプレイの下から出すことだが、私は持っていなかった。木の寿司棒を使い、リボンを画面から引き剥がし、まず少しケースに入れてから、画面の下からリボンの一部を引き抜き、そしてリボン全体を引き剥がした。これで、ディスプレイは簡単に取り外して(コネクターを外して)、置いておくことができます。

次に、カメラへのケーブルとカメラ本体をカバーから外し、古いディスプレイカバーは捨てて、交換作業を行います。

ノートパソコン用カバーヒンジ、アジャストメント

私の場合、ヒンジが左側のカバーを壊してしまったのだとしたら、何か問題があるのでしょう。ヒンジを手で開閉しようとすると、とても強く動くと思うでしょう。実際はそうではなく、小さなレバーがついていて、力を入れないと動かないのです。しかし、ノートパソコンのカバーに装着すると、カバー自体を犠牲にしてレバーが大きくなるのです。

片手でノートパソコンを開けることができ、パソコンを持つ必要がなければ、ヒンジは正しく調整されているという暗黙のルール「ワンハンド・ルール」があるのです。

Lenovo IdeaPad 5の左ヒンジはセルフロック式のナット、右ヒンジは普通のナットなのですが、半回転しかしません(これが調整用になっています)。左ヒンジを点検したところ、動きが硬く、ホコリが付着していましたので、ナットを少し緩め、専用オイル(機械式時計用)を注油しておきました。時計用オイルは浸透性が高く、乾燥しないので、精密な機構に使われるものです。左ヒンジを緩め過ぎないようにしてください。そうしないと、ノートパソコンのカバーが開いた位置で適切にロックされず、自然に最大まで開いてしまいます。ヒンジを緩めるのは、ナットの半回転以内にしてください。右ヒンジにもグリスを塗って、これでカバーの交換とノートPCの再組み立てに移れます。

オリーブオイルでグリスを塗ると、1ヶ月で乾燥してしまい、ヒンジが動かなくなるので、ご注意ください。

機械式時計の潤滑油として購入できるほか、ドアのヒンジや冷蔵庫のヒンジの潤滑油としても使用できます。

新しいLenovo IdeaPad 5のカバーにディスプレイを移設する

あとは、新しいノートパソコンカバーにすべてを組み込んでください。

  • カメラを設置し、カメラからのケーブルをノートパソコンのカバーに挟んで固定します。
  • カバーのフィルムから保護テープをはがす。
  • ディスプレイを持って、フラットケーブルをコネクタに取り付けます。正しく取り付けられていることを確認してください。ディスプレイを粘着テープの上に置くと、ディスプレイへのアクセスがなくなります。
  • ディスプレイをカバーの上に置き、側面の隙間に注意して、同じになるようにします。
  • ノートパソコンのケースにヒンジを固定します。
  • ノートパソコンのカバーにヒンジを固定し、配線が左右に並ぶようにします(左がディスプレイ、右がカバー上のWiFiアンテナへの2本の配線)。それらはヒンジの上に置かれるべきです。そうでないと、ディスプレイフレームを取り付けることができません。

ノートパソコンの開き方を確認し、必要に応じてヒンジを調整することができますが、調整するにはヒンジを取り外す必要があります。問題がなければ、カバーの閉じ方を制御する磁石を取り付けます(詳細は後述します)。

  • ディスプレイフレームを取り付ける。
  • バッテリーを接続する。
  • ノートパソコンの底面カバーを取り付ける。

蓋を閉じたときにノートパソコンがシャットダウンする仕組み Lenovo IdeaPad 5

蓋を閉めたときにノートパソコンの電源が切れるようにするのは、非常に簡単で、蓋に磁石を取り付け、ノートパソコンにセンサーを取り付け、磁場に反応して、シャットダウンまたはスリープモードにする命令を出します, 設定によりますが。この小さな磁石は、蓋の左ヒンジ付近に設置されています。モデルによっては、ヒンジ自体に切り込みが入っていて、そこに磁石を置くことができるなど、いくつか配置の選択肢があります。しかし、私のIdeaPad 5ラップトップでは、磁石はヒンジの左側に配置されています(写真でご覧いただけます)。そうすると、フレームに押されて、どこにも落ちないんです。もし左のヒンジが壊れて、画面のフレームが左側で固定されていない場合、磁石は紛失してしまう可能性があります。マグネットがないと、蓋を閉めたときにノートパソコンが自動的に右側に行かなくなります。

磁石は、ヒンジの上など、他の場所に設置することも可能です。最も簡単な方法は、ノートPCに貼り付けて、シャットダウンする場所を探すことです。Bluetoothヘッドフォンはかなり強力な磁石を持っており、ノートパソコンのボディを動かしてみると、センサーがある場所を見つけることができます。通常、センサーはカバーの近くにあり、ヘッドホンがセンサーにかかると、ノートパソコンがシャットダウンします。

Lenovo IdeaPad 5ノートパソコンのトップカバーを交換するのに3時間かかりました。初めてのカバー交換でしたので、時間がかかりました。もし、また画面カバーを交換することになったら、1時間でできるだろう。以前は片手でカバーを開け、もう片方の手でノートパソコンをテーブルに押さえつける必要がありましたが、ヒンジを調整した後は、ノートパソコンの開閉が非常に簡単になりました。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here