Gmail で複数の受信者にメールを送信する方法

0
186

Gmail には、複数の受信者に電子メールを送信するための主な方法が 2 つあります。「CC」カーボン コピーと「BCC ブラインド カーボン コピー」です。

「CC」方法を使用すると、電子メールのコピーを追加の受信者に送信でき、すべての受信者がお互いを確認できます。この方法は、すべての受信者に情報を認識させ、お互いに確認できるようにする場合に便利です。たとえば、すべての受信者が電子メールの送信先を知っている必要がある一般的なメール、通知、または招待状に「CC」を使用できます。

一方、「BCC」方式では、電子メールのコピーを追加の受信者に送信できますが、そのアドレスは他の受信者には表示されません。この方法は、アドレスを秘密にしておきたい場合や、受信者の身元を明かさずに電子メールを一括送信したい場合に便利です。たとえば、求人メールやマーケティング メッセージを送信する場合、「BCC」は受信者のプライバシーを保護するのに役立ちます。

これを解決したい場合は、次の手順に従ってください。

Gmail では一度に何通のメールを送信できますか?

Gmail 経由でメールを送信する場合、一度に送信できる受信者の数にはいくつかの制限があります。たとえば、無料の通常の Gmail アカウントがあるとします。この場合、通常、受信者は 1 日あたり 500 人に制限されます。

特にビジネスやマーケティング目的でより多くの電子メールを送信する必要がある場合は、より高い制限とニーズに合わせた追加機能を提供する専門的な電子メール サービスまたは特殊な一括メール プラットフォームの使用を検討してください。

Gmail で CC メソッドを使用して複数の受信者にメールを送信するにはどうすればよいですか?

ここではCC方式について説明します。電子メールを送信する CC (カーボン コピー) 方法を使用すると、電子メールのコピーを追加の受信者に送信できます。電子メール アドレスを CC フィールドに追加すると、すべての受信者がお互いを確認し、電子メールが他の誰に送信されたかを知ることができます。

Gmail で複数の受信者にメールを送信するには、次の手順に従う必要があります。

  • 作成」ボタンをクリックして新しいメールを作成します。
  • CC 」をクリックします
  • 宛先」フィールドに、含める受信者の電子メール アドレスを入力します。
  • 「件名」フィールドにメールの件名を入力します。
  • 本文セクションで電子メール メッセージを作成します。
  • 必要に応じて、ファイルを添付し、作成ウィンドウの下部にあるペーパークリップ アイコンをクリックして、添付するファイルを選択します。
  • メールの作成が完了したら、「送信」ボタンをクリックしてすべての受信者にメールを送信します。

CC メソッドを使用した電子メールの送信は、追加の受信者に電子メールの内容を知らせたいが、積極的な参加や応答は必要としない場合に便利です。

CC 方式を使用する場合、すべての受信者が互いのアドレスを確認できるため、すべての受信者と共有したくない情報を公開しないように注意することが重要です。

Gmail で BCC 方式を使用して複数の受信者に送信するにはどうすればよいですか?

電子メールの BCC (ブラインド カーボン コピー) 方式を使用すると、電子メール アドレスを他の受信者に公開せずに、追加の受信者に電子メールのコピーを送信できます。 BCC フィールドを使用すると、「宛先」フィールドと「CC」フィールドの受信者は、電子メールを受信した他の人を確認できなくなります。

Gmail で BCC 方式を使用して複数の受信者に送信する方法は次のとおりです。

  • 作成」ボタンをクリックして新しいメールを作成します。
  • BCC 」をクリックします。
  • 宛先」フィールドに、含める受信者の電子メール アドレスを入力します。
  • 「件名」フィールドにメールの件名を入力します。
  • 本文セクションで電子メール メッセージを作成します。
  • メールの作成が完了したら、「送信」ボタンをクリックしてください。

これは、追加の受信者のプライバシーを保護したい場合や、受信者がお互いの電子メール アドレスを参照できない一括メール送信の場合に便利です。

Gmail で BCC 方式を使用するのに問題はありますか?

残念ながら、BCC を使用する場合、いくつかの不都合が発生する可能性があります。

ブラインド カーボン コピーを使用するときに発生する最も一般的な問題は、受信者が電子メールに返信する際に「返信」オプションではなく「全員に返信」オプションを誤って使用してしまう可能性があることです。これが発生すると、返信は電子メール チェーン内のすべてのアドレスに送信されるため、意図せず恥ずかしいプライバシー侵害につながる可能性があります。

大量のメールが ISP によってスパムとして分類される可能性があります。問題は、多くの ISP が、非表示の受信者の長いリストを含むメッセージをスパムとみなしているということです。あなたの IP アドレスがスパムとしてマークされ、送信者の評判が損なわれ、電子メールが配信できなくなる可能性があります。

この方法は、大量のメール送信には不向きです。各受信者を必須フィールドに手動で追加する必要があるため、10 人を超える受信者を扱うのは面倒で、エラーが発生する可能性があります。

Gmail では、メール キャンペーンに関する詳細なデータは提供されません。どの Gmail アドレスがいつメッセージを開いたのか、何がクリックされたのかなどはわかりません。

これは個人的な電子メールでは問題になりませんが、大量の電子メールを扱う電子メール マーケティング担当者や営業担当者にとっては深刻な問題です。優れた大量メール キャンペーンを行うことはできますが、適切な分析がなければ、それを最大限に活用することはできません。

許可されている以上の電子メールを送信するとどうなりますか?

Gmail の制限を超える量のメールを送信しようとすると、問題が発生する可能性があります。まず、Gmail では一時的にメールの送信がブロックされたり、一定期間に送信できるメールの数が制限されたりすることがあります。これは、悪用を防止し、スパムから保護するために行われます。

さらに、Gmail のルールや制限に繰り返し違反すると、アカウントがブロックされる可能性があります。この場合、メールやその他の Google サービスにアクセスできなくなります。

一度に送信する電子メールの数が多すぎる場合、または同じ電子メールを複数の受信者に複数回送信すると、受信者またはスパム フィルタリング システムによって電子メールがスパムとしてフラグ付けされるリスクがあります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here