Windows 11でユーザーアカウント制御(UAC)を有効化/無効化する方法

0
224

今日のオペレーティングシステムでは、システムのセキュリティにかなり多くの注意が払われています。これは、さまざまな保護システムだけでなく、可能性のある脅威や変更についてユーザーに警告し、同意を得るために必要なさまざまな「セーフガード」にも当てはまります。この目的のために、ユーザーアカウント制御と呼ばれる特別なサービスが使用されます。しかし、多くのユーザーは、Windows 11コンピューターでユーザーアカウント制御を無効にする方法があるのかどうか疑問に思っています。

Windows 11でユーザーアカウント制御(UAC)を無効化または有効化するために必要なもの

技術の進歩に伴い、私たちの家庭用コンピューターは、非常に複雑な処理をこなすことのできる、より複雑で高度なシステムになってきています。これらはすべて、コンピュータの潜在能力を最大限に活用することができる、適切に動作するシステムによって実現されています。

しかし、オペレーティングシステムの進化に伴い、様々な問題も発生しています。その多くは、オペレーティングシステムのセキュリティと最適化に関するものです。ユーザーがシステムコントロールにアクセスできるようになると、例えばマルウェアをインストールしたり、不要なプロセスでコンピューターをいっぱいにするなど、多くの人がシステムを不注意に扱うようになるということです。

このような悪意のある侵入のリスクを最小限に抑え、ユーザーに警告を発するために、開発者はさまざまな保護システムを考え出しました。通常、これらのシステムは自動的にシステムに組み込まれ、ユーザーがシステムに変更を加えようとしたときに起動されます。

これは、Windows 11などの新しいオペレーティング・システムにも当てはまります。この機能は、ユーザーアカウント制御(UAC)と呼ばれています。しかし、さまざまな警告やポップアップが表示されると、かなり気が散ってしまうものです。そのため、ユーザーはこれらの機能をオフにできないかと考えることがよくあります。Windows 11にはこの機能があり、ほんの数分で実行できます。

UACとはどのようなもので、どのように機能するのですか?

Windows Vistaで初めて追加された「ユーザーアカウント制御」機能。これは、Windowsのセキュリティ技術の一要素です。その目的は、悪意のあるプログラムからコンピュータを保護し、どのようなプロセスがPCに変更を加えるかをより適切にフィルタリングすることです。

そのために、あらゆるプログラムの権限を一般ユーザーのレベルに制限しています。そのため、何らかの変更を加えようとすると、ユーザーがそのプログラムに変更を許可しなければならないウィンドウがポップアップ表示されるのです。あなたが信頼するプログラムだけが管理者権限を得ることができます。

これは実は、あらゆる種類の未定義プログラムからシステムを安全に保つための、かなり便利な方法なのです。この操作を行うたびにシステムはあなたの許可を求めますが、プロセスの安全性に確信が持てない場合は、この許可を拒否すればいいのです。

この機能は、お使いのオペレーティングシステムでデフォルトで有効になっており、セキュリティシステムの一部となっています。

しかし、多くのユーザーは、多くの異なるプログラムを使用して作業している場合、権利を求める通知が常に表示されるため、非常に気が散って迷惑になることがあると感じています。このような場合、Windows 11には、この機能を無効にするオプションが用意されています。

Windows 11でユーザーアカウント制御を無効にする方法

Windows 11のコンピューターでこの機能を無効にするのは、実はとても簡単です。これを行うには、システムに変更を加えるために使用できる管理者アカウントが必要です。次に必要なことは

  • まず、Win+Iで「設定」を開きます
  • 次に、検索バーに「ユーザーアカウント制御」と入力し、「ユーザーアカウント制御の設定を変更する」を選択する必要があります。
  • スライダーが表示されますので、一番下までドラッグするとNever Notifyになります
  • その後、[OK]をクリックします

これは、あなたのPCのユーザーアカウント制御機能を完全に無効にします。アプリがシステムに変更を加える前に、Windowsがあなたに通知し、許可を求めることはもうありません。ご覧の通り、これはとても簡単なことです。

ユーザーアカウント制御を有効にする方法

すでにこの機能を無効にしている場合、または何らかの理由で初期状態で無効になっている場合は、前の説明の手順を繰り返すだけです。ステップ3では、スライダーを目的の項目までドラッグするだけです。

ここでは、どのような条件で通知が行われるかをウィンドウの右側で確認し、必要に応じて調整することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here