Windows 10のMemory Managementエラーの修正方法を説明しました。

0
399

Memory Managementエラーは、Windows 10オペレーティングシステムでかなり頻繁に発生するエラーです。しかし、通常はその原因を突き止め、解消することが可能です。

Windows 10のMemory Managementエラーを修正するために必要なもの

すべてのユーザーがオペレーティングシステムのエラーの出現から免れているわけではありません。死の青い画面」は、ほとんどのWindowsユーザーが遅かれ早かれ遭遇するもので、経験豊富なユーザーでさえ、PCやノートPCのこうした動作にどう対処したらよいか分からないことがあります。ブルースクリーンの外観はOSのバージョンによって異なることがありますが、ユーザーにエラーを知らせるという点では内容は同じなので、かなり大まかなエラーで分類し、その解明と修復を進めることができます。

BSODに続く「死の青い画面」へのシステムクラッシュは、ほとんどの場合、ハードウェアの問題かドライバの不具合によって引き起こされます。しかし、時にはハードウェアとは直接関係のないソフトウェアの不具合が原因となっていることもあります。その一例が、Windows 10やそれ以前のバージョンのOSでさまざまな状況で発生する「メモリ管理エラー」です。

さて、Windows 10 PCまたはノートパソコンでMemory Managementエラーを修正したい場合、以下の方法があります。

Windows 10のMemory Managementエラーの意味するところ

BSODが発生した場合、障害発生時にメモリーダンプが生成され、その後、このような場合に設定で再起動を無効にしていない限り、PCが再起動されます。偶発的な障害であれば、ユーザーがメッセージを読む時間がない場合もあります。意図しない故障は、周期的な再起動につながる可能性があります。このようなシナリオを避けるために、専門家は再起動を禁止するオプションを設定することを推奨します。

このような表記があるブルースクリーン・オブ・デスには多くの原因があるため、トラブルシューティングや修復の方法も多くあることに留意する必要があります。この障害は通常、ユーザーによって起動されたアプリとOSカーネルとの間のデータ交換中に発生し、多くの場合、ドライバレベルで発生します。

例えば、Windows 10で “video memory management internal “というエラーを指定すると、PCのビデオサブシステムで問題が発生したことを示し、それを解決するにはビデオカードのドライバーを再インストールする必要があります。通常、これはカードやモニターを交換したときに起こります。

ここでは、このエラーの代表的な原因を紹介します。

  • システムファイルやドライバが破損している。
  • 電源回路の設定に問題がある。
  • ウイルスの存在。
  • 相反するサービス
  • 仮想メモリの不足。
  • 古い設定である。
  • RAMの不具合。
  • その他のハードウェアの不具合。

では、この問題を解決する方法について見ていきましょう。

Windows 10をセーフモードで起動する方法

最初のステップとして、自動起動にサードパーティーのサービスやプログラムを入れずに、セーフモードでWindows 10を起動してみてください。これにより、サードパーティーのプログラムがエラーの原因になっているかどうかを調べることができます。メモリ管理のエラーが止まれば、ハードウェアの問題ではなく、更新プログラムのパッチやドライバーの問題など、ソフトウェアの問題であることが分かります。それでも問題が発生する場合は、不具合のあるハードウェアを交換する必要があるかもしれません。そのためには、次の手順を実行する必要があります。

  • キーボードで「Win + R」を押し、ウィンドウに「msconfig」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックします
  • 画面上部の「Boot」タブをクリックします。
  • 次に、「Safe Boot」を選択します。
  • その後、ブートオプションのリストから「Minimal」パラメータを選択します。

再起動しても「MEMORY_MANAGEMENT」エラーが出なくなった場合は、自動起動のプログラムか、サードパーティ製のサービスのいずれかが原因である可能性が高いようです。問題が再び発生するまで、1つずつ、または複数の項目を切り替えてみて、原因を正確に突き止め、そのサードパーティ製ソフトウェアを削除するか、その他の対処をするかを決めるとよいでしょう。

Windowsメモリ診断の実行方法

Windowsのメモリ診断ツールは、SDRAMをテストし、問題が見つかった場合は報告します。このステップでは、BSODの問題を防ぐために、セーフモードを使用する必要があります。ただし、この条件は、PCがセーフモードで正しく動作していたことを確認した後です。Window Memory Diagnosticを実行する場合は、以下のステップを実行する必要があります。

  • Win + Rキーを押し、「mdsched」と入力します
  • その後、「Enter」キーを押すか、「OK」をクリックします
  • 今すぐ再起動して問題を確認する(推奨)」を選択し、SDRAMの問題に対するテストを実行します。

再起動後、メモリに問題があるかどうかのレポートが表示されます。

SFCスキャナーの起動方法

SFCスキャナは、システム上のさまざまな問題を検出し、これを実行することでMemory Managementの問題を解決する人もいます。繰り返しになりますが、この手順もセーフモードで実行する必要があります。SFC Scannerを実行する場合は、以下の手順を実行する必要があります。

  • まず、「スタート」ボタンをクリックします。
  • 次に、「cmd」と入力し、右側のサイドバーから「管理者として実行」をクリックすると、コマンドプロンプトが表示されます。
  • コマンドプロンプトが開いたら、「sfc/scannow」と引用符なしで入力し、Enterキーを押してください。

SFCスキャナは、修正する必要があるディスクエラーをシステムでスキャンします。何も検出されなかった場合でも、フルスキャン後にPCの動作が改善されたというユーザーもいます。

グラフィックカードのドライバーを更新する方法

Windows 10のMemory Managementエラーの原因の1つは、グラフィックカードのドライバーが古いか、動作していない可能性があります。最新のドライババージョンを使用していない場合は、利用可能な最新のものをインストールしてみてください。

すでに最新のドライバをインストールしている場合は、「アンインストール/再インストール」の方法をお試しください。ドライバが壊れたり破損しているにもかかわらず、検出されないままになっていることがあります。必要なドライバは、もちろんお使いのグラフィックカードによって異なります。Windows 10は、システムにインストールされているグラフィックカードを教えてくれますが、おそらくIntelの統合型グラフィックカードか、NvidiaまたはAMDのものでしょう。外付けのグラフィックカードは、内蔵グラフィックよりもメモリが多く、オーバーヒートに弱いです。

やはり、古き良き時代のWindows 10の再インストールも有効かもしれません。ただし、この方法にも注意が必要です。確かに、やり方を知らずに再インストールすると、PCやノートPCのデータを壊してしまうことがあります。

しかし、通常、インストールしたばかりのOSでは、「死の青い画面」は表示されないことを知っておいてください。

これらの手順で解決できない場合は、専門家に相談することで、確実に問題を発見し、解決することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here