ロスレス・オーディオとは何か、なぜ良いのか?

0
178

音楽愛好家は常に、ユーザーに最高の音楽品質を提供できる新しいサービスやフォーマットを求めています。多くの人々にとって、これはかなり重要なことです。そのような探索の中で、ユーザーはしばしばロスレスオーディオに直面することになります。人によっては、これが具体的に何を意味するのか明確ではありません。

ロスレス・オーディオの意味と必要性

人々は常に自分たちのためにさまざまなエンターテインメントを求めてきました。かつての人々は、劇場やオペラに足を運び、映画館や好きなアーティストのさまざまなコンサートに足を運びました。今日、テクノロジーの発達により、スマートフォンで好きな映画や番組、音楽をポケットの中で楽しむことができるようになりました。

好きな種類のエンターテインメントを一度に楽しめるのは、とても便利なことです。いつでも好きな音楽を聴くことができます。スマートフォンやパソコンとヘッドホンやスピーカーがあれば、いつでも好きな音楽を聴くことができます。

現代人にとって、音楽のない生活は考えにくい。ジョギング中、仕事中、空き時間など、人々は常に音楽を聴いている。そのため、音楽を聴くためのサービスが何百種類も作られるようになった。これらのプログラムでは、有料でお気に入りのトラックにアクセスしたり、月額料金であなたが望むプラットフォームのトラックの大規模なライブラリ全体へのアクセスを取得することができます。

ストリーミングサービスを選ぶ際に、人々が指針とするのは、再生される楽曲のクオリティと、サービスに含まれるこれらの楽曲の数である。そのため、各サービスは常にライブラリーを拡張し、より高音質な楽曲を追加しようとしている。

例えば、最近のストリーミングサービスの多くは、ロスレスオーディオを聴くことができるようになっています。多くの人は、これが何を意味するのか、なぜこのようなフォーマットが必要なのかをまだよく理解していませんが、それを理解することは本当に問題ではありません。

ロスレス・オーディオが意味するもの

まず最初に、オーディオファイルは基本的にMP3のような特別なコーデックでエンコードされたデータストリームに過ぎないことを理解してください。最近のオーディオ編集ソフトウェアで使われる最も一般的なコーデックは、通常、ファイルをできるだけ小さく、良い品質で作ろうとします。通常、この場合、いくつかのデータがオーディオで失われますが、コーデックはそれを最も重要でないものとみなします。通常、これは高周波数か低周波数になります。オーディオがあまりに圧縮されると、その品質は著しく低下します。

オーディオファイルを通常のコーデックで圧縮すると、音質が低下することが判明しました。これは通常、ユーザーにとって大きな問題ではありません。しかし、可能な限り純粋な音に興味がある場合、例えばアーカイブの目的のために。音質を損なうことなくオーディオファイルを記録するコーデックに注目する必要があります。

ロスレス・オーディオ・ファイルはデータ・ストリームを破棄せずに圧縮しているので、非圧縮の録音よりもはるかに少ないスペースしか必要としません。同時に、このようなオーディオファイルは、同じサンプリングレートを保持します。

このような録音は、しばしばCDを凌ぐスタジオクオリティを実現することがある。

ロスレス・オーディオの録音ができる場所

ロスレス・オーディオを入手する最も簡単な方法は、CDやその他のオーディオソースをコピーして、ALAC(Apple Lossless)やFLAC(オープンソースのロスレス・フォーマット)などのロスレス・フォーマットにエンコードすることです。そうすると、ハードディスクにそのオーディオを含む通常のファイルができます。この形式の再生に対応したプレーヤーで再生することができます。

また、ストリーミングサービスの中には、ロスレスで音声を再生できるものもあります。例えば、Apple MusicやDeezerといったサービスです。さらに、専用ソフトを使う必要がある場合もありますが、こうした音声を聴くために追加料金を支払う必要はありません。

例えば、Apple Musicでは、iPhoneに内蔵された「ミュージック」アプリやAndroid版「Apple Music」を使って、このような音声を聴くことができます。また、他のサービスでも、同様のアプリで再生することができます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here