スピーカー・タイプ2.0CH、2.1CH、2.2.0CH、4.2.1CHとは?

0
315

テレビやサウンドバーなどのオーディオ機器の仕様を見ると、2.0CHまたは2.2.1CHという仕様があります。この略語はいくつかのケースで使われています:

スピーカーの種類:スピーカーの種類:機器に搭載されているスピーカーの数、用途、設置場所を示す。対応スピーカーの数に基準はないが、メーカーは標準的な慣習に従っている。

オーディオ・デコーダー:この呼称はデコーダーで使用され、サウンドカードのデジタル・プロセッサーが処理できるオーディオ・チャンネルの数を示します。例えば、ドルビーデコーダーMS12 5.1ch(この方法でデコードできます。MS12チップのデコーダーは、5つのオーディオ・チャンネルと1つのサブウーファーのサウンド出力をサポートしています)。

テレビなどにおけるCHの意味

CH(チャンネル)は、チャンネルの頭文字をとったものです。デバイスの場合、デバイスのスピーカーの数を指し、デバイスが再生できるサウンドチャンネルの数に対応することもあれば、その逆もあります。例えば、CH2.0は、デバイスに2つのスピーカーがあることを意味します。これはもちろん、その機器がステレオサウンドをサポートしていることを意味する。しかし、テレビのデコーダーは外部5.1スピーカーをサポートすることができます。

テレビスピーカーの数とタイプ(4.2.2CH)

テレビの場合、スピーカーはテレビ本体に内蔵されているため、テレビのCH表記はスピーカーの数を表し、通常はテレビのどの位置にあるかを定義している。
6.2.4CHを使用したQN900Cテレビのスピーカー・セットアップを例にとって説明しましょう

  • 6 – テレビ背面にある6つのオーディオスピーカー。
  • 2 – テレビ下部にある2つのスピーカー。
  • 4 – 最後の数字はサブウーファーの数を表す。この場合、テレビには4つのサブウーファーが搭載されています。オーディオスピーカーの位置によって、サブウーファーの位置が決まります。しかし、原則として、サブウーファーはテレビの下部にあります。

QN900Cのリアパネルの写真を見ると、8つのスピーカーがあり、そのうち6つがオーディオスピーカーで、2つが底面にある。

テレビにおけるスピーカー・タイプのフォーマット

2.0 – スピーカー2個
2.1 – スピーカー2個とサブウーファー1個
4.1 – スピーカー4個とサブウーファー1個
4.2 – スピーカー4個とサブウーファー2個
2.2.1 – 背面スピーカー2個、底面スピーカー2個、サブウーファー
2.2.2 – 背面スピーカー2個、底面スピーカー2個、サブウーファー2個
4.2.1 – 背面スピーカー×4、底面スピーカー×2、サブウーファー
4.2.2 – 背面スピーカー×4、底面スピーカー×2、サブウーファー×2
6.2.2 – 背面スピーカー×6、底面スピーカー×2、サブウーファー×2
6.4.2 – 背面スピーカー×6、底面スピーカー×4、サブウーファー×2
6.2.4 – 背面スピーカー×6、底面スピーカー×2、サブウーファー×4

サウンドバー、ホームシアターのCH(チャンネル数)

ホームシアターシステムでは、CHは通常、スピーカーが生成するチャンネル数を指す。

ホームシアターの仕様には2つのパラメータがある。Qシリーズの9.1.2ch/HW-Q910Cを考えてみよう。
9.1.2CHはチャンネル数。
 スピーカーの数……このシステムには17個のスピーカーがなぜそうなのか?1つのチャンネルに複数のスピーカー(中音域と高音域)を配置することで、より良いサウンドを実現できる。

9.1.2CHホームシアターフォーマットのデコード。

このサウンドバーは12チャンネルのサウンドをサポートする。

  • 9はクラシック回路のチャンネル数である。これらのチャンネルは、フロントサイドとリアスピーカーからのサウンドを提供します。
  • 1つはサブウーファーのチャンネル数で、通常は1チャンネルだが、複数のサブウーファーがある場合もある。
  • 2 – ホームシアターで上を向いているオーバーヘッド・スピーカーの数。プロ用音響では、スピーカーは天井に設置される。

チャンネル数別オーディオシステム

標準的な取り決めは以下の通り:

  • 2.0オーディオ・フォーマット – スタンダード・フォーマット – 左右2スピーカー。
  • 2.1オーディオフォーマット – 2スピーカー + サブウーファー
  • 3.1オーディオ・フォーマット – 3つのスピーカー(フロント、レフト、ライト)とサブウーファー。
  • 5.1オーディオフォーマット – 5スピーカー(フロント、フロント左、フロント右、リア左、リア右)+サブウーファー
  • 7.1オーディオフォーマット – 7スピーカー(フロント、フロント左、フロント右、リア左、リア右、リア2スピーカー)+サブウーファー。
  • 7.1.2オーディオフォーマット – 7つのスピーカー(フロント、フロント左、フロント右、リア左、リア右、さらにリア2つ)+サブウーファー+アトモス用の2つの指向性上向きスピーカー。
  • 7.2オーディオフォーマット(フロント、フロント左、フロント右、リア左、リア右、さらにリア2つ)+サブウーファー。
  • 9.1オーディオフォーマット – 9スピーカー(フロント、フロント左、フロント右、コーナーフロント右、コーナーフロント左、リア左、リア右、さらにリア2)+サブウーファー。
  • 9.1.2オーディオフォーマット – 9スピーカー(フロント、フロント左、フロント右、コーナーフロント右、コーナーフロント左、リア左、リア右、さらに2つのリアスピーカー)+2つのアウトボードスピーカー+サブウーファー。
  • 11.1オーディオフォーマット – 拡張フォーマット、チャンネルは垂直方向に分離されています。

他にもフォーマットはあるが、あまり一般的ではない。多くの企業がアトモスやDTSのようなサウンドフォーマットを開発している。しかし、原理はどこでも同じです。サラウンド・サウンドを作るには、音が前から横、後ろへと広がっていかなければなりません。これがサラウンド・サウンドを作る基本です。また、サラウンド・サウンドを正しく作るには、元のオーディオ・フォーマットに必要なサウンド・チャンネルが含まれていなければならないことを覚えておいてください。オーディオストリームにそれらが含まれていない場合、システムは擬似的なサラウンドサウンドを生成します。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here