テレビブランド別スマートTV OS一覧

0
42

テレビを購入したとき、どのようなオペレーティング システムが搭載されているか疑問に思ったことはありますか?結局のところ、現代のテレビはアンテナから受信したビデオを表示するための画面ではありません。まず、HDMI ポート経由でビデオを表示したり、インターネット経由でビデオを受信したりできるデバイスです。テレビもスマート ホーム システムに統合されており、音声コマンドで制御できます。ユーザーとどのように対話するかは、オペレーティング システムによって異なります。

OSBrand TVDeveloper
Android TVHisense
Grundig
Nokia
Philips
RCA
Realme
Sharp
Skyworth
Sony
TCL
Thomson
Toshiba
Vestel
Westinghouse
Xiaomi
Google
Fire TVWestinghouse
Element
Grundig
Insignia
JVC
Hisense
Panasonic
TCL
Toshiba
Amazon
My Home Screen
(Firefox OS)
PanasonicPanasonic
Google TVHisense
Sony
TCL
Philips
Google
VIDAAHisense
Toshiba
Sharp
Element
Hisense
Roku OSAiwa
AOC
Element
Haier
Hisense
Hitachi
Insignia
JVC
Magnavox
Onn
Philips
Polaroid
RCA
Sanyo
Sharp
TCL
Westinghouse
Roku
Tizen OSSamsungSamsung
WebOSLG
Bang & Olufsen
LG
Vizio SmartCastVizioVizio

テレビで使用できる一般的なオペレーティング システムは 10 種類以下です。ここにオペレーティング システムのリストを示します。

スマート TV OS Android TV

Google の Android TV オペレーティング システムは、スマート TV 市場において重要です。このプラットフォームは TV 画面用に最適化されており、Android モバイル デバイスと同じカーネル上に構築されています。 2014 年の導入以来、Google はスマート TV 市場での Android TV の普及を促進するライセンス戦略を採用してきました。この政策の主な受益者は、世界のテレビ生産の半分以上を占める大手相手先ブランド製造業者 (OEM) です。さらに、このプラットフォームは、さまざまなブランドの TV との互換性を保証する統一されたアプリ構造により、アプリ開発者の支持を得ています。

ただし、Android TV を OEM デバイスに統合するには課題があります。最適なパフォーマンスを得るには、特定のハードウェア構成 (オーディオ デコーダー、WiFi モジュール、HDMI ポート) に合わせて OS をカスタマイズすることが重要です。徹底的なデバッグとテストを行わないと、システムのフリーズ、画質の低下、音声の歪み、優れたプラットフォーム機能の障害など、さまざまなパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

利点と特徴:

  • アプリの多様性: Google Play ストアにアクセスすると、アプリやゲームの広大な世界が開かれ、テレビ体験が豊かになります。
  • コンテンツの多様性: Google、YouTube、Netflix、Amazon Prime などの大手企業が専用アプリやストリーミング サービスを開発しているため、このプラットフォームは豊富なコンテンツ リポジトリを約束します。
  • 音声コントロール:音声コントロール機能を Google アシスタントおよび Alexa と統合することで、シームレスなナビゲーションとコマンド実行によるユーザー インタラクションが強化されます。

市場、特に低価格ブランドにおける Android TV の戦略的地位は、多用途かつユーザー中心のプラットフォームとしての魅力を強調しています。

Android TV バージョンのリリース年に興味がある場合は、記事「 Android TV OS の年別」を参照してください。

スマート TV OS GoogleTV

Google TV プラットフォームは、 2 つの異なる化身によって特徴付けられ、大幅に進化しました。 Google TV の最初のバージョンは、当初独立したオペレーティング システムとしてリリースされ、2013 年までスマート TV 分野の先駆けとなりました。この初期バージョンは、インターネットと Web アプリケーションをテレビ視聴と統合することに重点を置き、将来のスマート TV テクノロジーの基礎を築きました。しかし、さまざまなデバイスのエコシステムにおける Android の出現とその後の優位性により、オリジナルの Google TV OS は廃止され、より堅牢で汎用性の高いプラットフォームが採用されました。

2021 年、Google は、スタンドアロンのオペレーティング システムとしてではなく、Android TV 上の改良されたインターフェイス レイヤーとして、Google TV の新しいバージョンを発表しました。この開発は、Google のエコシステムとより緊密かつ一体的に統合することで、ユーザー エクスペリエンスを向上させることを目的としていました。スマート TV で Google アカウントにログインすると、ユーザーはスマートフォンのアプリや設定を TV と直接同期でき、コンテンツへのアクセスとパーソナライズが簡素化されます。

フィリップス、ソニー、ハイセンスなどの大手テレビメーカーは、 Google TVの名前を復活させる決定を歓迎している。ユーザー インターフェースが改善され、エコシステムへの接続が容易になったため、刷新された Google TV プラットフォームに移行しました。

スマート TV OS Tizen (Samsung)

サムスンがスマートテレビ用に開発した Tizen OS は優れていますTizen は当初、モバイル オペレーティング システムとして考えられていましたが、スマートフォン市場における Android の優位性が高まったため、スマートフォンでは競争力がなくなりました。サムスンは、既存の技術基盤と OS の開発を活用して、自社のスマート TV ラインアップで使用するために Tizen を戦略的に再利用しました。

、Samsung Legacy Platform OSの拡張機能であり、Samsung の最初のスマート TV 用 OS です。

スマート TV 市場において、Tizen OS はいくつかの理由から際立っています。 Android の特徴である広範なアプリ エコシステムが欠けているにもかかわらず、Tizen は利用可能なアプリ、特にストリーミング サービスからのアプリの高品質を保証します。アプリの可用性に対するこのアプローチは、アプリがリリースされる前に、開発者、顧客、Samsung 自体が関与する厳格なテスト プロセスを通じて保証されます。同じ会社が OS とハードウェアの両方を開発する場合、そのような製品は通常非常に優れているため、常に優れています。

スマート TV OS WebOS (LG)

NetCastから webOS への移行は、スマート TV 機能に対する LG のアプローチに大きな進化をもたらしました。 LG の最初のスマート TV 開発である NetCast は基礎を築きましたが、今日のユーザーが期待する広範なスマート機能が欠けていました。 LG は、より高度で多用途なプラットフォームの必要性を認識し、webOS に移行し、スマート TV の流れを変えました。

WebOS は当初モバイル デバイス用に開発されたもので、LG によって作成されたものではありません。その代わりに、2013 年 3 月に Hewlett-Packard から買収されました。開発当時、webOS はモバイル オペレーティング システムの分野で Android の競合相手として位置付けられていました。しかし、他の多くの企業と同様に、Android の市場での支配的な存在の影に隠れていました。 LG の webOS の買収は、成長するスマート TV 市場に適応させるための戦略的方向転換を示唆しました。

webOS への移行は、スマート TV 分野における LG の持続可能な地位において重要な役割を果たしました。 LG がテレビ市場で大きなシェアを占めているため、このプラットフォームは開発者の間で急速に広まっています。さらに、LG は、Bang & Olufsen などの独占的な TV メーカーと提携することで、webOS エコシステムを拡大しました。 LG は、Bang & Olufsen TV にハードウェアとソフトウェアを供給しています。

WebOS を特徴づけるいくつかの重要な機能:

  • 安定性と速度:このオペレーティング システムは、LG の高品質ハードウェアへの投資によって強化された安定性と高速パフォーマンスで知られています。
  • アプリケーションのサポート: webOS は人気のあるアプリケーションを幅広くサポートしており、ユーザーは豊富なコンテンツやサービスにアクセスできます。
  • 音声アシスタントの統合:このプラットフォームはさまざまな音声アシスタントと互換性があり、ユーザーは音声コマンドを使用してテレビをナビゲート、制御、操作できます。

スマートテレビ OS FireTV

Amazon Fire TV OS は、Amazon がストリーミング デバイスとスマート TV 用に開発したオペレーティング システムです。 Android をベースとしたこの OS は、ユーザー インターフェイスのデザインが大きく異なります。 Amazon Fire TV OS は、創設以来、今日の視聴者の変化するエンターテイメント消費パターンに対応し、幅広いストリーミング プラットフォームへの直接アクセスを提供するように設計されてきました。

Fire TV OS はその存在を通じて多くの機能強化が行われ、いくつかのバージョンを経て進化し、ユーザー エクスペリエンスとシステムの機能が向上しました。記事「 Amazon Fire TV OS by Year 」では、プラットフォームの開発と機能拡張の軌跡を概説し、これらの反復の詳細な分析を提供します。

Fire TV OSの最初の採用は、Amazonブランドのデバイスの製造を担当する相手先商標製品製造業者(OEM)とオリジナルデザイン製造業者(ODM)によって推進されました。これらの企業は、同じ生産ラインのテレビにもこの OS を使用していました。この戦略により、Fire TV OSは幅広い市場に浸透し、その結果、パナソニックなどの有名なテレビメーカーがFire TV OSを使用するようになり、その魅力が高まっていることがわかります。

Amazon Fire TV OS の主な利点は次のとおりです。

  • ストリーミング サービスの包括的な統合:設計の中心は、幅広いストリーミング サービスへのアクセスを提供し、ユーザーに幅広いコンテンツの選択肢を提供することです。
  • Amazon アカウントの同期: OS は Amazon アカウントとのシームレスな同期を提供し、個人の好みや視聴履歴に基づいてカスタマイズされた視聴を可能にします。
  • 音声アシスタントのサポート: Fire TV OSの特徴的な機能は、音声アシスタント、特にAlexaとの統合です。これにより、ナビゲーション、検索、スマート ホーム デバイスの制御の音声制御が可能になり、ユーザーに直感的なハンズフリー インターフェイスを提供します。

スマート TV OS Roku TV

Roku TVオペレーティング システムは、広範な採用と人気に大きく貢献した戦略的アプローチのおかげですぐに頭角を現しました。 Roku は、ストリーミング アプリがサービス自体によって開発および展開されるのを待つ他のプラットフォームとは異なり、積極的な姿勢をとりました。同社のプログラマーはアプリケーション開発者に実践的な支援を提供し、 Roku プラットフォームでのアプリケーションの作成と統合を促進しました。この取り組みを組み合わせることで、これまで競合デバイスでは利用できなかったストリーミング サービスへのアクセスが向上しました。この独自のポリシーにより、プラットフォームの価値が高まり、ストリーミングへのより広範かつ包括的なアクセスを求める消費者の需要に直接対応しました。

Roku の革新的なアプローチは、プライベート チャネルの導入まで拡張されました。当初は開発者向けのテスト チャネルとして考案されたこの機能により、プラットフォームを通じてコンテンツをストリーミングできるようになり、Roku エコシステムが大幅に強化されました。しかし、Roku OS の人気が高まるにつれて、プライベート チャネルのオープンさが著作権侵害の事例につながりました。これらの問題に対応して、Roku は 2022 年に重要な変更を加え、プライベート チャネルの実践を放棄しました。代わりに、同社は開発者が新しいチャネルをテストできるように設計されたベータ チャネル プラットフォームを導入しました。この新しいシステムは、ユーザー数とチャンネルの存続期間を 4 か月以内に制限するもので、著作権問題に効果的に対処するために導入されました。

Roku のライセンス戦略は、プラットフォームの継続的な成功に貢献しました。 Roku は、自社のオペレーティング システムを相手先ブランド供給メーカー (OEM) に有利な条件で提供することで、その OS が幅広い TV セットに確実に統合されるようにしました。このアクセシビリティ、Roku のユーザーフレンドリーなインターフェイス、および多くのローカル チャンネルを含む膨大なチャンネル選択により、操作が簡単でコンテンツが豊富な TV 体験を求める消費者にとって、Roku TV の主要な選択肢としての地位が確固たるものになりました。

スマート TV OS VIDAA

ハイセンスは、世界有数のテレビ メーカーの 1 つであり、他のブランドへのテレビの主要サプライヤーとして知られており、独自のViDAA オペレーティング システムの開発を開始しました。この戦略的な動きは、Tizenを搭載したSamsungやwebOSを搭載したLGといった業界大手の軌跡をたどるもので、テレビ製造分野で支配的な地位を確立したいというハイセンスの野心を強調している。 ViDAAの導入は、ハードウェアの製造とソフトウェアの形成に対するハイセンスの取り組みを示しています。

ViDAAの存在にもかかわらず、ハイセンスはAndroid、Google、Amazon Fire TV を搭載したテレビを提供し続けています。この多様なアプローチにより、ハイセンスはさまざまな消費者の好みに応えることができます。それでも、独自の OS を市場に投入すると、ブランド アイデンティティが薄れる可能性があります。

ViDAA の拡大は、ハイセンスの事業規模と、東芝を含む複数の TV ブランドの所有権によって促進されており、複数のプラットフォームにわたって効果的に OS を推進し、統合することができます。この広範な OEM (相手先商標製品製造業者) ベースは、競争の激しいスマート TV 市場における ViDAA の存在感を拡大する上で大きな利点となります。

ViDAA の魅力は、OS が悪いわけではありませんが、ViDAA についてのユーザーの知識によるものではなく、Hisense ブランドの知名度とテレビの価格によるものです。

スマート TV OS マイホーム画面 (Firefox OS)

パナソニックがスマート TV に使用しているMy Home Screenオペレーティング システムは、当初 Mozilla がスマートフォン用に開発した Firefox OS を起源としています。 Firefox OS は、オープンソースの Web ベースのオペレーティング システムを作成する野心的なプロジェクトでしたが、支配的な Android プラットフォームに対してさらに前進する必要がありました。 2016 年、Mozilla はスマートフォン向け Firefox OS の開発を中止すると発表し、プラットフォームの将来はコミュニティとプロジェクトの個人貢献者の手に委ねられ、彼らはさまざまなフォークを通じて開発を続けることができました。

パナソニックはこの機会を利用して、Firefox OS を独自の要件に合わせて調整し、テレビで使用するために My Home Screen としてブランド名を変更しました。この動きは、オリジナルの Firefox OS の Web 中心の性質を利用する、ユニークなスマート TV を作成することを目的としていました。しかし、この戦略的決定は困難に直面しました。 My Home Screen は幅広いユーザー ベースを引きつけることができず、ストリーミング サービス アプリケーションを開発するための好ましいプラットフォームにはなりませんでした。マイホームスクリーンの魅力は、2017年に同社が米国市場から、2020年にカナダ市場から撤退したことから分かるように、主要市場におけるパナソニックの存在感が縮小していることによってさらに限定された。

これらの課題と、より魅力的なスマート TV エクスペリエンスを提供する必要性を認識し、パナソニックは戦略を変更することを決定しました。パナソニックは2024年にAmazonのFire OSを搭載したテレビの発売を開始すると報じられている。Fire OSへの移行は、Amazonの膨大なサービスエコシステムとのシームレスな統合を含め、豊富なコンテンツとアプリケーションを備えた堅牢で広くサポートされているプラットフォームへのアクセスをユーザーに提供することの重要性を認識している。 Alexa ベースの音声制御機能。

スマート TV OS Vizio SmartCast

米国の TV 市場の重要なプレーヤーであるVizioは、競争の激しいスマート TV 環境で明確なニッチ市場を切り開くことを目指して、2016 年に独自のSmartCastオペレーティング システムを導入しました。 Vizio は、広く普及することを期待して、さまざまなアプリケーションを組み込み、ユーザーが利用できるコンテンツを拡張することでプラットフォームを差別化しようとしました。同社幹部らは自社のオペレーティングシステムを他のテレビメーカーにライセンス供与する意向さえ表明しており、製品ラインを超えて影響力を拡大したいという意向を示している。

これらの努力にもかかわらず、Vizio は他のブランドに対する競争力を維持するという課題に直面しています。テレビ生産を OEM に委託する製造戦略により、OS の導入が困難になります。市場がスマート TV でますます飽和状態になっているため、状況はさらに悪化しています。スマート TV には、アプリや機能の広範なエコシステムを提供する Android TV、Roku TV などのよく知られた、または汎用のオペレーティング システムが搭載されていることがよくあります。

2023年、Vizioの問題はより具体的に現れ、同社はたった2つの新しいテレビモデルをリリースし、前年モデルの一部を新しいものとして再宣伝した。これは、イノベーションを維持することが困難であるか、競合他社に後れを取っている可能性がある戦略である。このアプローチは、Vizio の市場での存在感と同社製品に対する消費者の認識に影響を与える可能性があり、Vizio の TV の人気が時間の経過とともに低下する可能性があることを示唆しています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here