iPad Airで画面を分割する方法

0
196

iPadはマルチタスクに対応しています。1つの画面で2つ以上のアプリを使うことができるのです。これは生産性の面でも、利便性の面でも興味深いことです。この機能はiPad Airでも使うことができます。

iPad Airで画面を分割するために必要なもの

iPadのマルチウィンドウモードは、Split Viewと呼ばれ、iOS 9のリリースで初めて実装されました。それ以来、Appleの開発者たちは何度もその方法を変更してきました。

iPadOS 15のリリースで、ユーザーはあれほど期待したiPadの本格的な待望のアップデートを手に入れることはできませんでした。結局のところ、Appleのタブレットには、アプリもデスクトップクラスのマルチタスクもほぼ皆無だったのです。幸いなことに、新しいiPadOS 15におけるiPadのマルチタスクは、結局のところ改善されています。

iOSで導入されたマルチタスク機能のひとつに、アプリを並べて実行できる「分割画面」がありますが、実はこの分割画面には2つの種類があるんです。

最近のiPadには、2つのアプリを同時に開くことができる画面分割モードを利用できる機種があります。iPadで画面分割モードを使うのは、その仕組みを覚えればかなり簡単ですが、常に検出できるわけでも、直感的に理解できるわけでもありません。

さて、ここではiPad Airで画面を分割する方法を紹介します。

スプリットビューとは

スプリットビューは、基本的に同時に2つのアプリを開くもので、デフォルトではそれぞれが画面の半分を占めています。アプリ間のスライダーをドラッグすることで、アプリのサイズを変更することができます。iPadのSplit Viewでは、Appleタブレットで2つのアプリケーションを同時に使用して完全に作業(コンテンツの表示、ウィンドウ間のリンク、テキスト、画像のコピー)することができます。

また、Slide Overと呼ばれるモードもあります。このモードでは、1つのアプリが小さなフローティングウィンドウで表示され、画面の左端または右端にドラッグすることができます。

iPad Airでマルチタスクを利用する方法

iPadOSは、マルチタスクシステムとのやりとりにDockを使用します。どのアプリケーションで作業しているときでも、それを起動するには、画面の下端から上にスワイプする必要があります。その後、Slide OverやSplit Viewで別のプログラムを開くことができます。

スプリットビュー

Split Viewマルチタスクを使えば、iPadの画面を2つに分割して、いくつかのアプリケーションを同時に使うことができます。例えば、片方で「写真」に最近行った旅行の写真を表示し、もう片方でSafariでウェブブラウジングをすることができます。

スプリットビューモードでアプリを起動するには、任意のプログラムを使用中にDockを開き、下部パネルのアイコンに指を置いたまま、画面の左側または右側にドラッグする必要があります。すぐに2つの部分に分割され、いくつかのアプリケーションと完全に対話できるようになります。

分割表示の使用中に、分割画面の比率を変更することができます。これを行うには、2 つのプログラムの間にあるセパレータを押して、希望する側にドラッグする必要があります。分割表示モードを終了するには、プログラムの側にあるセパレータを画面の端にドラッグする必要があります。

スライドオーバー

Slide Overは、任意のプログラム、またはSplit Viewモードで実行されている2つのプログラムの上に追加のアプリケーションを開きます。このモードでは、ソーシャルネットワークでやり取りしたり、メッセンジャーで仕事の問題を解決したりするのに非常に便利です。このようなウィンドウは、画面の端にスワイプすることですぐに最小化することができます。

スライドオーバーモードでアプリを起動するには、任意のプログラムを使用中にDockを開き、下部パネルのアイコンに指を置いたまま、画面までドラッグする必要があります。その後、ピンチしてドラッグするだけで、ウィンドウを画面の左側または右側に移動させることができます。

また、Slide Overモードで複数のアプリを開くことも可能です。この場合、ほかのアプリの上で動作しているウィンドウの下部にあるバーをスワイプして、すばやく切り替えることができます。例えば、複数のメッセンジャーで同時にメッセージをやり取りしている場合などに便利です。

また、iPadでは画面分割を簡単に無効化できることも知っておいてください。

ピクチャー・イン・ピクチャーモードとはどういう意味ですか?

特に注目すべきは、ピクチャーインピクチャーのマルチタスクモードです。テキストエディターPagesでの作業、ビデオ鑑賞、FaceTimeでのコミュニケーション、ノートでの近未来の仕事計画、メールでの返信などを、Apple TV+から目を離さずに行うことができます。

ピクチャー・イン・ピクチャー」モードを有効にするには、映画やテレビ番組を見るとき、あるいはFaceTimeでビデオチャットをするときに見られる、ウィンドウを縮小するための特別なボタンをクリックする必要があります。ミニウィンドウは、サイズを変更するだけでなく、画面の隅に移動させることもできます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here