iPadで分割画面をオンにする方法

0
129

iPadのマルチウィンドウモードは、Split Viewと呼ばれ、iOS 9のリリースで初めて実装されました。それ以来、Appleの開発者は何度かその方法を変更しています。しかし、あなたのiPadではまだ簡単にこれを有効にすることができます。

iPadで画面分割機能をオンにするために必要なもの

AppleがiOS 9を発表して以来、iPadに新しいマルチタスク機能を導入してきました。当時はあまり注目されていなかったかもしれませんが、Appleがノートパソコンに取って代わるかのようなiPad Proのリリースにより、マルチタスクがより便利で重要なものになりました。

iOSで導入されたマルチタスク機能の1つに、アプリを並べて作業できる画面分割がありますが、実はこの画面分割には2つの種類があるのです。

最近のiPadは、2つのアプリを同時に並べて開くことができる画面分割モードを利用できる機種が揃っています。iPadで画面分割モードを使うのは、その仕組みを覚えればかなり簡単ですが、必ずしも検知できるわけでもなく、直感的に操作できるわけでもないのも事実です。

そこで、iPadのマルチタスク機能を使って画面を2つのアプリに分割する方法をまだご存知でない方に、その方法をご紹介します。

iPadでのスプリットビューとは

スプリットビューは、基本的に2つのアプリを同時に開くもので、デフォルトではそれぞれが画面の半分を占有しています。アプリ間のスライダーをドラッグすることで、アプリのサイズを変更することができます。iPadのSplit Viewでは、Appleタブレットで2つのアプリケーションを同時に使用して完全に作業(コンテンツの表示、ウィンドウ間のリンク、テキスト、画像のコピー)することができます。

また、Slide Overと呼ばれるモードもあります。このモードでは、1つのアプリが小さなフローティングウィンドウで表示され、画面の左端または右端にドラッグすることができます。

iPadでマルチタスクを使ってスプリットビュー機能を有効にする方法

iPadでマルチタスクを使ってSplit View機能を有効にするには、以下の手順で行う必要があります。

  • まず、iPadでアプリを開きます。
  • 次に、画面上部の「マルチタスク」ボタンをタップしてください。
  • その後、「スプリットビュー」を選択します。
  • 現在のアプリが横に押し出され、ホーム画面が表示されます。
  • 最後に、ホーム画面から2つ目のアプリを開いてください。

以上の手順で、iPadでスプリットビュー機能を有効にすることができます。

iPadでDockを使用してSplit View機能を有効にする方法

Dockを使用してiPadでSplit View機能を有効にする場合は、以下の手順で行う必要があります。

  • iPadでアプリを起動します。
  • Dockが表示されるまで、画面の下端から1本指を上にドラッグし、指を離す。
  • Dockにある2つ目のアプリのアイコンをタップしてホールドし、すぐにDockから上にドラッグします。

アプリを画面の左端または右端にドラッグすると、現在のアプリと一緒にスプリットビューに表示されます。

スプリットビューはどのような比率で動作し、どのように変更するのですか?

上記のヒントに従ってスプリットビューモードにした場合、真ん中の2つのアプリの間に小さな破線があることに気づくかもしれません。

画面分割アプリのサイズを変更して、1つのプログラムを画面の大部分に、もう1つのプログラムをモバイルデバイスの画面の大きさに表示したい場合は、このショートカットをタップしたまま左右に数センチ移動させ、希望のタイミングで離すだけでよいのです。スプリットビューモードでは、画面を50/50または70/30に分割して表示することができます。

これで、Split Viewでアプリのウィンドウサイズを変更することができましたね。残念ながら、iPadOS15でももっと微妙なリサイズはできません。

スプリットビューモードでウィンドウを入れ替える方法

スプリットビューで、右側のアプリを左側に移動させたいとき、またはその逆をしたいとき、直感的に操作できる方法があります。

マルチタスクメニュー(3つの点)の上で指を押し続け、画面のもう半分に移動させます。離すと、アプリの場所が切り替わります。

また、マルチタスクメニューをタップしたまま、ほんの数センチ下に指を移動して離すと、アプリがスライダーポップアップに変わります。

iPadでSplit Viewモードを終了する方法

分割モードを終了するには、分割線をもう一度タップして保持し、今度は画面の左端または右端までドラッグするだけです。片方のアプリケーションだけがフルスクリーンモードで残ります。

しかし、iPadOS 15では、Split Viewモードを終了するための新しい代替方法が用意されています。マルチタスクメニューをもう一度押す必要があります(開いている各アプリの中央にある上部の3つの点)。今度は最初のボタン(フルスクリーン)を押すだけです。これにより、対応するアプリが強制的にフルスクリーンモードになります。他のアプリは閉じられます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here