iPhoneの画面が暗くなり続けるのを修正するН方法

0
174

iPhoneを使用していると、画面の明るさがランダムに変化してしまうという問題によく遭遇します。ディスプレイが勝手に暗くなり、ユーザーを大いに困らせる。

iPhoneは、初期設定では持ち主の場所によって明るさが自動的に調整されるように設定されています。例えば、屋外ではガジェットの画面が明るくなり、屋内では暗くなるのです。これは、バッテリーの消費を抑え、ユーザーの利便性を高めるために行われています。明るさの調節は、原則として光センサーが担当します。iPhoneは全機種、本体前面のスピーカー付近にセンサーを搭載しており、耳への近さや光の加減で画面の明るさを調節しています。

そこで、iPhoneの画面が暗くなり続けている場合、様々な方法で直す方法をご紹介します。

iPhoneの画面が暗くなり続けるのを修正するН方法

硬い表面に落下した後など、機械的な損傷を受けると、センサーが正しく動作しなくなることがよくあります。この場合、携帯電話をサービスセンターに持ち込んで診断してもらう必要があります。この場合、何も修理せずに、衝撃で動いた可能性のある部品のみを調整する可能性があります。

スクリーンプロテクター(低品質またはマットタイプ)の中には、輝度を低下させるものがあります。そのような保護材を使用している場合は、取り除くか、より高品質なものにアップグレードすることを検討してください。プラスチックラミネート/スクリーン保護も同様です。

Apple製ガジェットのユーザーは、長時間使用していると画面の明るさが低下することに不満を持つことがよくあります。携帯電話が熱を持ち始め、画面が少し暗くなるのです。この場合、携帯電話を脇に置き、冷却する必要があります。ただ、即席の手段を使って冷却を早めようとしないでください。そうすれば、さらに携帯電話を損傷し、明るさセンサーが動作しないことに加えて、ガジェット全体がまったく動作しなくなる可能性があります。

iPhoneの輝度を上げる方法

iPhoneの薄暗い問題を解決するために使える最初の方法は、輝度を上げ、自動輝度をオフにすることです。コントロールセンターを使ってiPhoneの輝度を上げたい場合は、以下の手順を踏む必要があります。

  • Face ID搭載のiPhoneでは、右上から下へスワイプします。ホームボタンがあるiPhoneでは、画面下部から上にスワイプします。
  • 明るさのスライダー(太陽のアイコン)を上にドラッグします。

iPhoneの設定メニューで輝度を上げたい場合は、以下の手順が必要です。

  • まず、iPhoneの設定メニューを開いてください。
  • 次に、「ディスプレイと明るさ」タブをタップします。
  • その後、「明るさ」スライダーを右へドラッグします。

iPhoneの上部がひどく汚れていたり、ケースで覆われていたりすると、自動明るさ調整が正しく行われません。これは、光センサーが動作し、画面の明るさを正しく調整することを妨げます。この問題を解決するには、iPhoneをきれいにするか、変なフロントカバーを外してください。

また、オートブライトネスをオフにすると、手動で設定した画面の明るさを保持することができます。これにより、異なる照明条件下で明るさが自動的に変化するのを防ぐことができます。したがって、コントロールセンターまたは設定アプリケーションからiPhoneの明るさを手動で調整する必要があります。

白色点の削減と画面ズームをオフにする方法

iPhoneの画面の明るさが暗くなる原因のひとつは、「ホワイトポイントを減らす」オプションです。そこで、これをオフにするために、以下の手順を実行します。

  • iPhoneの設定メニューを開く。
  • 表示と文字サイズ」メニューに移動します。
  • 白色点低減」機能をオフにする。

画面ズームを有効にしている場合、これが原因で画面が薄暗くなることがあります。これを解決するには、iPhoneの「設定」にある「アクセシビリティ」をタップします。そして、「ズーム」を選択し、オフにします。

ダークモード、True Tone、Night Shiftを無効にする方法

これらの表示設定を無効にすることで、より快適で心地よい画面を実現することができます。これらのオプションを無効にする場合は、次の手順で操作してください。

  • iPhoneの設定メニューを開く。
  • 次に、「ディスプレイと明るさ」タブをタップします。
  • ダークモード」を無効にするには、「外観」の項目で「ライト」を選択します。
  • True Tone」をオフにする。
  • 最後に「Night Shift」タブをタップして、緑色のスイッチをすべてオフにします。

これらの手順が完了したら、iPhoneを再起動し、すべての設定が正しく行われていることを確認する必要があります。

オートブライトネスを無効にする方法

iPhoneのディスプレイが自動的に暗くなる原因としてよく知られているのが、自動明るさ調整です。このオプションの目的は、周囲の明るさに応じて画面の明るさを自動的に変更することです。とはいえ、自動明るさは瞬間的におかしく動作することがあるので、問題が解決するかどうか確認するために、すぐにそれをオフにすることをお勧めします。

  • iPhoneの「設定」アプリを開き、「アクセシビリティ」セクションに移動します。
  • 表示と文字サイズ」をクリックします。
  • 下にスクロールすると、「自動輝度」のトグルがあります。これをオフにします。

ローパワーモードを無効にする方法

iPhoneの充電が切れている場合、自動的に低電力モードがオンになります。この機能の目的は、バッテリーを節約するために、iPhoneのいくつかの機能を制限することです。そして、それらの機能の1つには、画面の輝度を下げることも含まれます。低電力モードを無効にしたい場合は、以下の手順を実行してください。

  • iPhoneの「設定」アプリを開き、「バッテリー」オプションを選択します。
  • 上部にある最初のオプションは、「低電力モード」です。トグルをクリックするとオフになります。

手動で明るさを調整する方法

iPhoneの画面の輝度は、お使いの環境、特に日中の外出先では低すぎるかもしれません。このような場合、ディスプレイは薄暗くなり、読みにくくなります。手動で明るさを調整したい場合は、以下の手順に従ってください。

ホームボタンがない場合は、iPhoneの画面右上から下へスワイプしてコントロールセンターにアクセスします。ホームボタンがある場合は、下から上にスワイプしてください。

明るさスライダーを上にスワイプして、好みの明るさにします。

iPhoneを冷やすことが重要な理由

iPhoneの画面が暗くなる最も一般的な理由の1つは、過熱です。iPhoneを広範囲に連続使用している場合、画面が暗くなり、デバイスが過熱することがあります。同様に、長時間屋外でiPhoneを使用し、ゲーム、写真のクリック、ビデオ編集などのリソースを必要とするタスクに従事する場合にも起こり得ます。

この問題の解決策は、比較的涼しい環境でiPhoneの電源を入れておくことです。しばらくの間、使用を避けて、冷却してください。温度が正常に戻れば、iPhoneをより高い輝度で使用できるようになるはずです。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here