iCloudのストレージの空き容量を確保する方法

0
91

iCloudは、Appleのクラウドストレージサービスです。Apple IDにサインアップすると、Appleデバイスのすべてのユーザーがこれを利用できるようになります。

無料で利用できるのは5GBのみ。最近、Googleフォトのコンテンツも総クラウドストレージの一部としてカウントし始めたGoogleの締め付けでも、利用できるのは15GBです。

5GBの無料ストレージでは物足りないという方には、月々わずか$0.99で追加のギガバイトを提供する親切なサービスもあります。さらに、200GBや2TBを使う場合は、家族でストレージを共有することも可能です。

iCloudのストレージの空き容量を確保する方法

個人用ファイルのほか、オーディオ、ビデオ、写真、連絡先、システムや各種メッセンジャーのバックアップが保存されます。写真の容量が足りない場合は、パソコンに移したり、Googleドライブに転送したりすることも可能です。しかし、「iCloudに空き容量がないため、iPhoneはバックアップできません」というメッセージが表示されたら、どうすればいいのでしょうか。

その場合、iCloudのストレージスペースを解放する必要があります。そして、ここではその方法を簡単な手順で紹介します。

iCloudのメモリが不足する理由

もちろん、現在の基準からすれば、5GBというのは、はっきり言って少ないです。しかし、このメモリでさえ、ユーザーが本当に必要とするデータで満たされていないことがよくあります。通常、ディスク容量の大部分は、ほとんどの人が必要としないバックアップ、写真、メディアファイルによって「食われて」おり、それらは二重に保存されているのです。

iCloudの「バックアップ」を有効にすると、電源とWi-Fiに接続された状態で、メディアライブラリ全体を自動的にクラウドにコピーし、さらにすべてのメディアファイルもバックアップします。

iCloudの残り空き容量を確認する方法

iCloudの空き容量を確認したい場合は、以下の手順で確認する必要があります。

  • まず、iOSデバイスの「設定」メニューにアクセスします。
  • 次に、「Apple ID」のアイコンをタップし、「iCloud」を選択します。
  • その後、「ストレージ」セクションに移動します。

表示される図は、使用容量やコンテンツの種類によるソートなど、iCloudストレージを視覚的に表現しています。

iCloudのストレージの空き容量を確保する方法

iCloudのストレージ容量を解放したい場合は、以下の手順を実行する必要があります。

  • iOSデバイスの「設定」メニューに移動します。
  • 次に、「Apple ID」のアイコンをタップし、「iCloud」を選択します。
  • その後、「ストレージ」セクションに移動し、「ストレージを管理」をタップします。

ここでは、「バックアップ」、「写真」、またはiCloud Driveといった「最も重い」セクションがリストの最上位に表示されます。これらは、あなたのiCloudの容量を圧迫しているものです。不要なファイルを削除して、Appleのクラウドストレージの空き容量を確保しましょう。

iCloudバックアップを無効にする方法

iCloudバックアップを無効にしたい場合は、以下の手順で行う必要があります。

  • まず、iOSデバイスの「設定」メニューにアクセスします。
  • 次に、「Apple ID」のアイコンをタップし、「iCloud」を選択します。
  • 次に、「バックアップ」をタップし、「iCloudにバックアップ」を無効にします。

iCloud Driveはどうですか?

また、多くの人が取り除きたいと思っている機能として、iCloud Driveでのアプリデータの同期があります。ほとんどのユーザーにとって、このデータを使用する必要性が生じる頻度は、ハレー彗星の出現頻度よりも低いのです。したがって、(iOSのFilesアプリを使用しない場合)この自動手順を完全に、または選択的に無効にすることを安全にお勧めできます。これを行いたい場合は、以下の手順に従ってください。

  • 設定」メニューに移動し、「Apple ID」をタップします。
  • iCloud」をタップします。
  • 最後に、「iCloud Drive」オプションを無効にします。

これらの手順が完了すると、iCloud Driveが無効になります。

iPhoneで特定のアプリのキャッシュを削除する方法

ユーザーはほとんどの場合、ほとんどのアプリケーションのキャッシュに価値がないため、気にしない。そのため、iPhoneで特定のアプリのキャッシュを削除したい場合は、以下の手順を踏む必要があります。

  • まず、iPhoneの「設定」アプリを開いてください。
  • 次に、「一般」メニューから「iPhoneストレージ」を開きます
  • アプリケーションのリストが読み込まれるまで待ち、キャッシュを完全に削除したいアプリケーションを選択します。リスト内のインストールされたアプリケーションはすべてサイズ順に並んでいるので、必要なアプリケーションをすばやく簡単に特定することができます。
  • アプリケーションのページで、「ドキュメントとデータ」の行に注目してください。これは、アプリケーションキャッシュのサイズを示しています。
  • クリアするには、「Appをオフロード」をタップして削除を確認し、App Storeからアプリケーションを再インストールしてください。

残念ながら、AppleはiPhoneのアプリケーションキャッシュをクリアする、より便利な方法をまだ実装していません。とはいえ、この手間のかかる方法は、キャッシュをより詳細に扱うためのかなりのチャンスです。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here