サムスンのテレビにおけるPCMとビットストリームの違いとは – 解説

0
656

サウンド設定は、テレビを楽しく見るために、できる限りやっておきたいことのひとつです。

サウンド設定には、2つの設定があります。PCMとビットストリームの2種類があり、テレビをセットアップするときに、正しい設定を選択する必要があります。PCMは初期設定のままです。これは普遍的な設定であり、あらゆる状況で機能します。

HDMIオーディオ入力フォーマット

テレビサムスンのPCMオーディオとは

PCMとは、パルス符号変調の略です。最近のテレビには当てはまらないが、これはオーディオにおけるPCMが、もともとアナログ音声をデジタルに変換することを指すからである。20世紀半ばに電話通信で広く使われ、70年代から80年代にかけてデジタルオーディオプロセッサが登場すると、テレビでもこの頭文字が使われるようになった。

現在のテレビでは、PCMの設定は次のことを意味します:デジタル音声信号はテレビのオーディオプロセッサで処理されます。オーディオ信号は2.0または2.1フォーマット(2つのスピーカーとサブウーファー)に変換されます。その後、音声はテレビのスピーカーまたは音声出力に送信されます。この設定を選択した場合、マルチチャンネルのDolby音声も低レベルのフォーマットに変換されます。

このように、PCMはあらゆるケースに対応できるユニバーサルな設定になっています。テレビには通常2つのスピーカーがあり、ヘッドホンにも2つのスピーカーがあります。さらに、ほとんどの外部スピーカー(最高級品を除く)には、2つのスピーカーがあります。ただし、ハイエンドのスピーカーを使用している場合は、音質が悪くなるため、この設定は使えません。

サムスンテレビのビットストリームオーディオとは何かについて解説

ビットストリーム – ストリーミングオーディオ。このフォーマットはより高度で、ハイエンドオーディオ用に設計されています。ビットストリーム設定を選択すると、オーディオストリームはテレビのオーディオプロセッサで処理されず、音声はテレビを通過してオーディオ出力に送られます(通過中)。この場合、外部スピーカー・プロセッサーは、デジタル・オーディオが処理されることを想定しています。

この設定は、サウンドバーや外部の5.1または7.1スピーカーシステムを使用している場合に適用されます。

どちらの設定を選べばいいのでしょうか?PCMとビットストリームのどちらを選べばよいですか?

それはすべて、あなたがオーディオを聴くために使用しているデバイスに依存します。オーディオプロセッサを搭載したハイエンドなデバイスでオーディオを再生するのであれば、最大限の音質を得るためにビットストリームを使用すべきです。しかし、内蔵スピーカーや低品質のオーディオ機器を使用しているとします。その場合、Bitstreamでは音質が劣化してしまうので(オーディオ機器が処理しないため)、PCMを使用したほうがよいでしょう。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here