LG OLED TVの画面を保護する。

0
1148

有機ELテレビにはクセがあること、有機ELディスプレイは時間が経つと老化すること、テレビを見れば見るほど老化が早くなることを知っておいてください。有機ELテレビは、従来のLED/液晶ディスプレイとは異なり、画素(自発光画素)ごとに発光して映像を作るため、完璧な黒と、にじみのない鮮明な映像(画素応答速度約0.1ミリ秒)を実現します。

有機ELディスプレイは、高画質を実現するための有機材料の特性上、画面の残像が発生しやすく、恒常的に発生する場合があります。この現象はすべての有機ELパネルで発生し、推奨されるピクチャーモードでは残像を最小限に抑えることが可能だがしかし、現在の技術では、残像を完全に防ぐことはできない。

有機ELテレビ画面保護のススメ

同じ画像を長時間表示したり、繰り返し表示したりすると、有機ELパネルの特性上、画像の残像が発生することがある。

画像遅延の原因となるような画像の表示は避け、以下の簡単なガイドラインに従ってください。

原因となるような画像は極力表示させない

画像遅延

  • 画面の上下、左右に黒い部分がある画像。
  • アスペクト比が4:3または21:9の画像。
  • 番組番号、放送局ロゴ、ゲーム機アイコン、ゲーム機メニューなど、長時間静止している画像。
  • その他、静止画や繰り返し表示される画像など。

LGの有機ELテレビに画面保護機能を搭載

これはよくある問題なので、テレビメーカーは有機EL画面を保護するためにさまざまな機能を開発している。最も一般的なのは、静止画を10分ほど見ていると自動的にテレビの電源が切れ、まずテレビが自動的に輝度を最低まで下げ、ユーザーの反応がなければスタンバイモードに入るというものだ。周囲の明るさに応じて映像の明るさを自動的に調整します。また、有機ELテレビの画素には輝きが残ることがありますが、この問題を解消するために、有機EL画面をクリーニングする特別なプログラムをOSに組み込んでいます。

LG OLED TVのスクリーンをクリーニングする

有機ELテレビの画面を保護する【画素クリーニング】を実施する。LGの有機ELテレビ(一部機種)には、画面の状態を自動的に改善するピクセルクリーニング機能が搭載されており、ご自身で画面のフリーズを防ぐこともできます。この機能は、蓄積された視聴時間から最適な動作時間を自動的に計算し、テレビの電源を切ると自動的にクリーニングが行われます。この機能実行中は、画面の上下に横線が出ることがあります。ピクセルクリーニング機能は、本機が電源コードと主電源に接続されているときに動作します。

LG OLEDマニュアルピクセルクリーニング

  • 手動で起動する場合は、リモコンの[設定]ボタンを押し、→[一般]→[有機ELケア]→[有機ELパネルケア]と進み、[画素クリーニング]を押してください。

LG有機ELパネルのケアで残像、画面の焼き付きを最小化

長時間視聴する場合は、リモコンの[設定]ボタンを押し、→[画質]→[モード選択]で[エコ]モードに、→[詳細設定]→[明るさ]で[有機EL画素の明るさ]を低めに設定してください。

また、リモコンの[設定]ボタンを押し、→[一般]→[有機ELケア]→[有機ELパネルケア]に進みます。

をクリックし、[ロゴの明るさ調整]を[]に設定する。

画面の上下左右に黒帯がある画像を表示する場合 画面の上下左右に黒帯がある画像を表示する場合は、リモコンの[設定]ボタンを押し、 、[画像]→[アスペクト比]→[ユーザー選択]→[垂直ズーム]または[4ウェイズーム]で、黒帯を消すことができます。

セットトップボックスなどの機器の設定メニューを無効にし、長時間画面に表示されないようにする。

備考

  • 1枚の静止画を長時間表示した場合、画面の内容が変わると自動的に画面の明るさを落とし、すぐに元に戻します。これは画面の焼き付きを抑えるための正常な機能です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here