テレビのクローズドキャプション設定。アプリ、チャンネル、HDMI、USB

0
38

テレビの字幕には、コンテンツ ソースに応じて異なる制御方法が必要です。字幕のオンまたはオフを切り替えるのが難しい場合は、各字幕表示シナリオの特定のプロトコルを理解することが重要です。

  • ANT または SAT入力を介してテレビを視聴している場合、字幕設定は TV 設定メニューで制御できます。
  • アプリケーションの場合、字幕設定は、対応するアプリケーション メニューを通じて構成されます。
  • HDMI接続を使用する場合、字幕設定はテレビに接続された外部デバイスで制御されます。
  • ビデオプレーヤーインターフェイスでは、USB ソースから再生されるコンテンツの詳細な設定を構成できます。

さまざまな視聴プラットフォームで字幕を設定する場合は、これらのニュアンスを考慮する必要があります。ここでは、さまざまな信号ソースで字幕がどのように機能するかについて詳しく説明します。

テレビでテレビチャンネルを視聴するときに字幕を設定する

テレビに内蔵されたチューナーを使用して信号を受信してテレビ番組を視聴する場合は、テレビ メニューで字幕を制御できます。これについては、記事「 LG TV で字幕をオフにする方法」で詳しく説明されています。字幕を管理する手順は非常に簡単ですが、順序はテレビの年式によって異なります。字幕自体は、デジタル ストリームで送信され、画面に表示されるメタデータです。デジタル以前の時代に作られた非常に古い映画を見ると、字幕は画像に重ねて表示され、画面の一部となっていました。そのため、古い映画では字幕をオフにできない場合があります。

アプリケーション使用時に字幕を設定する

視聴アプリを使用している場合は、アプリの設定で字幕のオン/オフや字幕言語などを管理できます。アプリケーションが多数あり、設定の順序が異なる場合があるため、一般的なルールに従って CC (字幕) 設定を見つけてください。通常は、設定ギアまたは専用の CC ボタンを探します。この設定を有効にすると、必要なパラメータを設定できます。アプリケーションは、表示に必要な字幕データの構成を受信するか、字幕の表示をブロックします。

HDMI使用時の字幕設定

テレビが HDMI 経由でビデオ ストリームを受信する場合、HDMI 経由でテレビに接続されているデバイスで字幕を管理する必要があります。テレビは、字幕がすでにフレームに組み込まれている既製のビデオ ストリームを HDMI 経由で受信します。したがって、字幕は、テレビに接続する FireStick やラップトップなどのストリーミング デバイスで管理されます。

USB使用時の字幕設定

フラッシュ ドライブまたは外部ストレージ デバイスを使用する場合、ビデオは TV OS に組み込まれているビデオ プレーヤーによって処理されます。したがって、字幕は内蔵ビデオプレーヤーで管理されます。ただし、フラッシュ ドライブからムービーを再生する場合は、考慮する必要がある点がいくつかあります。字幕はビデオ ファイルまたは外部に組み込むことができます。この場合、字幕ファイルはビデオ ファイルに付属しており、LG TV はすべての字幕ファイルをサポートしているわけではありません。たとえば、LG TV は次の字幕形式をサポートしています。

  • サポートされている外部字幕フォーマット: smi、srt、sub (MicroDVD、SubViewer 1.0/2.0)、ass、ssa、txt (TMPlayer)、psb(PowerDivX)、dcs (DLP Cinema)
  • サポートされている埋め込み字幕形式: Matroska (mkv)、Sub Station Alpha (SSA)、Advanced Sub Station Alpha (ASS)、SRT MP4。

したがって、コンピュータには音声と字幕の両方に対してより多くのコーデックがプリインストールされているため、コンピュータでは映画に字幕が含まれていても、LG TV では字幕が表示されない場合があります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here