テレビリモコンのP.STD、S.STD、P.SIZEボタンの意味

0
34

一部の TV モデルでは、P.STD、S.STD、P.SIZE ボタンが表示されます。ほとんどのユーザーにとって (私も最近まで)、これらのボタンの目的は秘密でした。ただし、これらのボタンの目的を知りたい場合は、この記事をお読みください。

リモコンのP.STDボタンとは何ですか?

P.STDは、 Picture StandardまたはPicture (Setting Television Definition)の略語で、ユーザーがテレビのプリセット画像設定を切り替えることができる機能を指します。ほとんどの場合、Samsung リモコンのこのボタンなど、古い CRT (ブラウン管) テレビのリモコンに組み込まれているこの機能により、ユーザーは映画、標準、ダイナミックなどのさまざまな画質プリセットをすばやく切り替えることができます。これらのモードの正確な名前と利用可能性は、テレビのメーカーやモデルによって異なる場合があります。代替オプションとしては、「シネマ」、「ソフト」、「ビビッド」などの設定があります。近年、リモコンのP.STDボタンは使用されなくなりました。

リモコンのS.STDボタンは何を意味しますか?

S.STD は、Sound Settings Television Definitionの頭字語です。このボタンを使用して、音質を切り替えたり、音楽、映画、スピーチなどのさまざまなモードを選択したりできます。テレビのサウンド モードをすばやく切り替えるように設計されたテレビには、さまざまな周波数でサウンド レベルを調整するイコライザーが内蔵されており、アナログ オーディオの時代に関連した機能でした。最近のテレビでは、テレビがスマートになり、音声を自動的に修正する適切なプログラムが搭載されているため、この設定は実際には使用されません。現在、テレビは歪みのないデジタル形式の音声に切り替わりました。

P.STDボタンとS.STDボタン

リモコンの P.SIZE ボタンの目的は何ですか?

P.SIZEまたはPicture Sizeボタンを使用すると、テレビ画面に表示される画像のサイズを簡単に調整できます。この機能により、ユーザーは画面サイズを 16:9、フルスクリーン、または 3:4 などのさまざまなアスペクト比に適応させ、幅広いコンテンツ形式との互換性を確保できます。歴史的に、アナログ テレビでは、画像サイズ ボタンは 3 つの主要なモードをサポートしていました。最初のモードでは画像全体が表示されましたが、アナログ信号の性質により側面に歪みが生じる可能性がありました。 2 番目の標準モードでは、画像の端の一部が画面の表示領域を超えて拡張されるため、表示されないままになります。 3 番目のモードでは、画面が完全に埋まるまで画像が引き伸ばされます。この技術は、垂直方向に伸びたり画像の端がクリッピングされる可能性はあるものの、ワイドスクリーン コンテンツを標準画面に表示する場合に特に役立ちます。

最近の使用法、特にネイティブ アスペクト比 16:9 のテレビでは、アスペクト比 3:4 のコンテンツを表示するときに画像サイズ機能が重要になります。これにより、画像を画面の表面全体に引き伸ばすことができるため、画像の側面に黒い帯が表示されるのを避けることができます。この機能は、画面を画像で完全に埋めることで、不均一な画面の焼き付きのリスクを防ぐのに役立つため、特にプラズマ スクリーン テレビに関連していました。このタイプのディスプレイ技術では、永久的な変色を引き起こす静止画像による一般的な問題があります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here