HDCP 2.2とHDCP 2.3の違い、互換性

0
356

2018年、新しいHDCP 2.3プロトコルが採用されました。私のテレビはHDCP 2.2に対応しているのだろうか、HDCP 2.3に対応したデバイスを購入したら、それらは正しく動作するのだろうか、と多くの人が疑問に思っています。HDCP2.2対応のテレビをお持ちであれば、HDCP2.3対応の他の機器でも動作します。

HDCPが必要な理由

著作権保護されたビデオを表示するには、HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)プロトコルが必要であることを知っておく必要があります。ビデオに著作権のメタデータが含まれている場合、暗号化された形でHDMIまたはUSB Cを介してのみ表示および転送することができます。以下はHDCPの使用例です:あなたはテレビを持っており、Rokuストリーミングデバイスを購入しました。新しい映画を見るにはHDCPが必要ですが、コピーすることはできません。

HDCPの仕組み

スタジオが映画を制作し、デジタルコピーを作成する際、映画のメタデータは著作権で保護されていることを示す。このビデオは、暗号化されたプロトコルを介してのみ、ディスプレイ・デバイス(テレビなど)に送信することができる。暗号化は、例えばシノプシスが製造する特殊なチップ(セキュリティ・モジュール)を使って実現される。

例えば、ノートパソコンのHDMI OUTポートにはトランスミッターチップ(TX)があり、HDMI Inポートのあるテレビにはレシーバーチップ(RX)があります。あなたはNetflixアカウントにログインし、新しい映画を見たいと思っています。ノートパソコンをテレビに接続すると、特にHDMIポートを介して機器間でデータ交換が行われる。セキュリティチップは暗号化キーを交換し、安全なプロトコルを確立する。保護メタデータ付きの映画を見始めると、内蔵ディスプレイでシームレスに楽しむことができる。しかし、HDMIで伝送されるビデオは安全に暗号化されている。ビデオはエンコードされ、暗号化された状態でHDMIポートを経由して別のデバイスに送信されます。お使いのテレビが必要なHDMIプロトコルに対応していない場合、テレビで映画を見ることはできません。

HDCP 2.3とHDCP 2.2の違いは?

HDCP 2.2プロトコルは2013年に開発されました。このプロトコルは強化されており、以前のバージョンとは互換性がありません。

HDCP 2.3プロトコルは2018年に開発され、HDCP 2.2プロトコルとは異なります。

  • 改良された暗号化方式
  • 追加されたのは、HDCP対応機器上の高価値コンテンツの、HDCPバージョン2.2未満の機器への転送をブロックすること。

HDCP 2.3とHDCP 2.2の互換性

HDCP 2.3はHDCP 2.2と下位互換性があります。異なるHDCP 2.2とHDCP 2.3対応デバイスのユーザーとして、これは何を意味するのでしょうか?現時点では、異なる機器の接続に全く問題はありません。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here