サムスン2023サウンドバーのラインナップとシリーズ比較

0
157

サウンドバーと組み合わせた大型のサムスン製テレビの購入を検討している場合でも、既存のテレビのセットアップにサウンドバーを追加することを検討している場合でも、数百ドルの控えめな価格帯から1500ドルに達するより高級なオプションまで、サウンドバーの多様な選択肢に遭遇するでしょう。これは必然的に、あなたのニーズに基づいた理想的なサウンドバーの選択についての疑問につながる – より手頃な価格のものはまだあなたの部屋で高品質のサウンドを提供しますか?この記事では、このような疑問にお答えし、サムスン2023サウンドバーの各モデルの違いを明らかにします。

サムスンのサウンドバーマニアなら、サウンドバーの名前と型番の意味しか知らないだろう。
例えばHW-Q990CはQ-series 11.1.4ch Wireless Dolby ATMOS Soundbar + Rear Speakers w/ Q-Symphony / HW-Q990C(2023)と呼ばれている。2023とQシリーズはすぐに理解できるが、サウンドバーの型番を簡単に理解したい場合は、この記事を読むことをお勧めする。

サムスンサウンドバーの名称の見方

それでは、サムスンのサウンドバーの商品名の意味を見てみよう。Qシリーズ 11.1.4chワイヤレス Dolby ATMOSサウンドバー+Q-Symphony搭載リアスピーカー/HW-Q990C(2023年発売)

  • Qシリーズ:サウンドバーはテレビのサムスンオーディオシステムと連動します。また、テレビのスピーカーを使用してサラウンドサウンドを作り出します。
  • 11.1.4 CH – チャンネル数 注意:これはスピーカーの数ではなくチャンネル数です。Dolby Atmosサウンドを再生する場合のみ、このチャンネル数をサポートします。
    • 11 – サラウンド・サウンドを生み出す空間チャンネル。
    • 1 – サブウーファー・チャンネル
    • 4 – シーリング・チャンネルの数。ホーム・シネマでは、上向きのスピーカーで、天井から反射した音をリスナーに届けるのが役割。
  • ワイヤレスDolby ATMOSサウンドバー – ワイヤレス接続をサポートし、サウンドバーはATMOSオーディオストリームで動作し、メタデータにエンコードされたチャンネルの作成をサポートします。
  • リアスピーカー w – ワイヤレスリアスピーカー
  • Q-シンフォニー – テレビとサウンドバーのスピーカーを組み合わせた独自のサウンド技術に対応。
  • HW-Q990C – モデル
  • 2023– 開発年

サムスン2023サウンドバーモデルリスト

2023年に発売されるサムスンサウンドバーの新モデルを紹介しよう。

  • HW-Q990C
  • HW-Q930C 他国向けモデル HW-Q935C、HW-Q930GC
  • HW-Q910C
  • HW-Q900C
  • HW-Q800C、Q810C、Q810GC
  • HW-Q700C、Q710C、Q710GC
  • HW-Q600C
  • HW-Q60C
  • HW-C400
  • そして次に、価格と技術的特徴におけるこれらのサウンドバーの違いについて。

サムスン・サウンダーHW-Q990C 機能概要

Q990Cはサムスンのプレミアムサウンドバーです。サウンドバーの主な特徴は以下の通り。

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル11.1.4(サラウンド11、サブウーファー1、シーリングスピーカー4)
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リアスピーカー2個、リモコン。
  • 講演者数:計22名
    • メインパネル 15
    • リア・スピーカー 3 イン・ワン・キャビネット
      • レギュラー1本
      • 高周波
      • 一天井
    • サブウーファー
  • パワー:656ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力2ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生:Spotify(Hi-Fi)コネクト、Tidal(Hi-Fi)コネクト、AirPlay、Chromecast。
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

このサウンドバーでは、ストリーミング・デバイスを接続し、ビデオをテレビにストリーミングすることができる。しかし、サウンドバーには2.0規格のHDMIポートがあるため、60Hzのビデオしかサポートされていない。最近のテレビは、モデルにもよるが、もちろん120Hzをサポートしている。

サウンドバーは11のオーディオ・チャンネルと4つの天井チャンネルをサポートし、より良い音質を実現するため、一部のチャンネルには標準周波数と高周波数それぞれ2つのスピーカーが搭載され、合計スピーカー数は22となる。DOLBY ATMOSサラウンドサウンドメタデータがオーディオストリームにある場合、サウンドバーは本物のサラウンドサウンドを再生します。メタデータがない場合、サウンドバーはアルゴリズムベースの疑似サラウンド・サウンドを出力する。

サムスン・サウンダーHW-Q930C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル9.1.4(サラウンド9、サブウーファー1、天井スピーカー4)
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リアスピーカー2個、リモコン。
  • スピーカーの数計17名
    • メインパネル12
    • リア・スピーカー 2 イン・ワン・キャビネット
    • サブウーファー
  • パワー:240ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力1ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生:Spotify(Hi-Fi)コネクト、Tidal(Hi-Fi)コネクト、AirPlay、Chromecast。
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

サムスン・サウンダーHW-Q910C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル9.1.2(サラウンド9、サブウーファー1、天井スピーカー2)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リアスピーカー2個、リモコン。
  • スピーカーの数計17名
    • メインパネル 14
    • リア・スピーカー
    • サブウーファー
  • パワー:520ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力1ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生:Spotify(Hi-Fi)コネクト、Tidal(Hi-Fi)コネクト、AirPlay。Chromecast。
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

Q910Cは、より簡素化されたバージョンで、9つのアトモス・チャンネルのみに対応し、当然ながらスピーカーの数は17に減り、総出力も減って520Wとなった。天井スピーカーの数も4つから2つに減っている。総じて、このサウンドバーもハイクラスである。

サムスンサウンダーHW-Q900C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル7.1.2(サラウンド7、サブウーファー1、天井スピーカー2)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計16名
    • メインパネル 15
    • サブウーファー
  • パワー:446ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力2ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生:Spotify(Hi-Fi)コネクト、Tidal(Hi-Fi)コネクト、AirPlay、Chromecast。
  • 対応リアスピーカー:SWA-9500Sは別途購入
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

Q900Cはアトモスのチャンネル数を7に減らし、リアスピーカーはオプションで別途購入できる。スピーカーの数が少ないため、システム出力は446Wに減少します。

サムスンサウンダーHW-Q800C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル5.1.2(5サラウンド、1サブウーファー、2天井スピーカー)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計11名
    • メインパネル10
    • サブウーファー
  • パワー:360ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力2ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生:Spotify(Hi-Fi)コネクト、Tidal(Hi-Fi)コネクト、AirPlay、Chromecast
  • 対応リアスピーカー:SWA-9500Sは別途購入
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

Q800Cはサウンドバーをさらに小型化したもので、このオーディオ・システムは5チャンネルのサラウンド・サウンドにのみ対応し、リア・スピーカーもオプションとなる。総出力はさらに低下し、360Wとなる。このオーディオ・システムは、やはり天井にスピーカーを設置した広い部屋向けで、サウンドバーは良好なサラウンド・サウンドを再生できる。

サムスン・サウンダーHW-Q700C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル3.1.2(サラウンド×3、サブウーファー×1、シーリングスピーカー×2)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計9名
    • メインパネル 8
    • サブウーファー
  • パワー:320ワット
  • 接続WiFi、Bluetooth、HDMI入力1ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生いいえ
  • 対応リアスピーカー:SWA-9500Sは別途購入
  • 音声機能:グーグル、アレクサ

サムスン・サウンダーHW-Q600C機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル3.1.2(サラウンド×3、サブウーファー×1、シーリングスピーカー×2)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計9名
    • メインパネル 8
    • サブウーファー
  • パワー:320ワット
  • 接続Bluetooth、HDMI入力1ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生いいえ
  • 対応リアスピーカー:SWA-9200Sは別途購入

Q600Cのオーディオシステムは非常に最小化されている。5.1以上のオーディオフォーマットを処理しません。オーディオシステムは3.1.2フォーマットを作成し、アトモスとDTSフォーマットを受信するときのみ、リアルサウンドになります。これが、このサウンドバーで得られるオーディオフォーマットの表です。

エフェクト設定インプットサブウーファーのみの出力サブウーファーと出力 ワイヤレス・リアスピーカー キット
サラウンド サウンド2.0 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
サラウンド サウンド5.1 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
サラウンド サウンドドルビーアトモス®、DTS:X3.1.2 ch5.1.2 ch
ゲームプロ2.0 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
ゲームプロ5.1 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
ゲームプロドルビーアトモス®、DTS:X3.1.2 ch5.1.2 ch
適応的 サウンド2.0 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
適応的 サウンド5.1 ch3.1.2 ch5.1.2 ch
適応的 サウンドドルビーアトモス®、DTS:X3.1.2 ch5.1.2 ch
スタンダード2.0 ch2.1 ch2.1 ch
スタンダード5.1 ch3.1 ch5.1 ch
スタンダードドルビーアトモス®、DTS:X3.1.2 ch5.1.2 ch

このモデルのサウンドバーはWiFiをサポートしていないため、モジュールがなく、サウンドバーの機能は著しく制限されている。このサウンドバーは、テレビの音を改善するためだけに設計されている。

サムスン・サウンダーHW-Q60C 機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル:3.1(3サラウンド、1サブウーファー)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計7名
    • メインパネル 6
    • サブウーファー
  • パワー:340ワット
  • 接続Bluetooth、HDMI入力1ポート、HDMI出力1ポート、デジタル音声入力(光)。
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生いいえ
  • 対応リアスピーカー:SWA-9200Sは別途購入

Q60CがQ600と異なるのは、天井にスピーカーがないことと、ドルビーアトモスをサポートすると謳っているが、音声ストリームをデコードするコーデックがサウンドバーに搭載されているだけである。実際には、ドルビーアトモスの音質を聴くことはできない。サラウンド・サウンドを作り出せるスピーカーはほとんどない。

サムスンサウンドバー HW-C450 機能概要

  • Q-シンフォニー -NO
  • ドルビーATMOS-なし
  • チャンネル:2.1(2サラウンド、1サブウーファー)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計3名
    • メインパネル2
    • サブウーファー
  • パワー:300ワット
  • 接続:Bluetooth、デジタル音声入力(光)
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生いいえ
  • 対応リアスピーカー:SWA-9200Sは別途購入

サムスン・サウンダーHW-C400 機能概要

  • Qシンフォニー
  • ドルビーATMOS
  • チャンネル:2.0(2サラウンド)。
  • 装備:メインパネル、サブウーファー、リモコン。
  • スピーカーの数計4台
    • メインパネル4
  • パワー:300ワット
  • 接続:Bluetooth、デジタル音声入力(光)
  • ワイヤレス接続による高速オーディオ再生いいえ
  • 対応リアスピーカー:SWA-9200Sは別途購入

C-400とC-450は普及価格帯のサウンドバーで、テレビからの音を増幅するのが仕事だが、より大きなパワーで簡単にそれができる。ブルートゥースまたは光でテレビに接続します。これらのサウンドバーは、テレビのスピーカーよりもパワフルなサウンドが必要な場合に使用できる。C-400とC-450の違いは、C-450にサブウーファーが付いていることだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here