サムスンTVのオペレーティング・システム(年別

0
184

今日、テレビがテレビ・チャンネルやストリーミング・ビデオを受信し、革新的なホーム・システムに統合することは当たり前になっている。しかし、サムスン製テレビの機能は、製造年とテレビのオペレーティングシステムのバージョンによって異なる。
 テレビにインストールされているオペレーティング・システムのバージョンに関する情報は、いくつかのケースで

  • ストリーミングサービス(Netflix、HULUなど)を利用している。弊社のサービスは、Tizen 3.0以上のサムスン製テレビでサポートされていると多くの方が書かれています。
  • そしてもちろん、OSをアップデートするときにも。USB経由で手動で行う場合は、正しいOSバージョンを選択しなければならない。

サムスンTVのOSバージョンを調べる方法

サムスンのテレビに搭載されているTizenオペレーティング・システムのバージョンを見つける方法をお探しなら、それは至難の業です。テレビのTizenバージョンを調べるには、3つの方法があります。これらの方法を簡単に説明します。

  • サムスンTVのTizen OSバージョンを見つける最初の方法は、表を使ってTVの型番とOSバージョンを一致させることである。OSはテレビ内の永久メモリーに保存され、変更することはできない。表は以下の通り。
  • サムスンTVのTizen OSバージョンを確認する2つ目の方法は、サービス(隠しメニュー)に行き、最初の画面でTizenバージョン番号を確認することです。隠しメニューは専門家のためのもので、設定画面では何も変更しないでください。
  • サムスンTVのTizen OSバージョンを見つける3つ目の方法は、TVのブラウザを開き、ブラウザのバージョンを読み取るウェブサイトにアクセスすることです。サムスンTVの一部のモデルでは、サーバーの応答にTizen OSのバージョン番号が表示されます。例えば、https://j2i.net/apps/userAgent。

サムスンTVの年別オペレーティング・システム一覧

表では、サムスンのスマートテレビがどのように進化してきたかを見ることができる。2023年現在、テレビはOS Tizen 7.0を搭載している。サムスンがここ数年の方針を続ければ、2024年にはTizen 7.5が登場するだろう。お使いのテレビにインストールされているOS Tizenのバージョンを知りたい場合は、表からテレビのモデルを検索してください。自分のモデルが見つからなくても慌てず、モデル番号の開発年識別子の文字に注目してください。詳しくは、”サムスン製テレビの型番は何を意味するのか?”の記事をご覧ください。

テレビ機種名プラットフォーム・バージョン OS
2023QN800C、QN900CTizen 7.0
GN75C、GN85C、GN95C、QN700C
LS03C、QN80C、QN80CD、QN80TL、QN83C、QN85C、QN85CD、QN88C、QN8*C、QN90C、QN90CD、QN90TL、QN95C、QN95CD、QN95TL、QN9*C、S90C、S90CD、S90TL、S95C、S95CD、S95TL、S9*C
M70C、M80C、QN70C
q70c、q70ca、q70cd、q70c
M50C、Q60C
LS3C、CU7000
CU8000D、CU8000
2022QN900B、QN850B、QN800B、QN100B、MBWS1、GN97BTizen 6.5
QN700B、GN85B、GN75B、GN95B
LS04B、LS03B、QN75B、S95B、S90B、QN90BD、QN9*B、QN9*BD、QN95C、S90B、QN8*BD、QN85BD、QN85B、QN83B、QN80B、QN7*B、QBQ70、LS01B、LS05B、GN65B、GN70B、GN8QB、M80B
GN65B、G65B、GN70B、G70B、 
QA70B、QA70BD、QA90B
QN60BD、QN63B、QN60B、M70B、M50B、UAU8000
QN60B、UAU850D、LS03BS、BU7000、BU8000、LSP3B
2021QN9*A、QN90A、QN95A、QAQ90、QN8*AD、QN85A、QN85AD、QN85A、QN80A、QA80A、QN7*AD、QA70A、QN70A、LST5A、QN7*A、LS03ATizen 6.0
QN900A、QN850A、QN800A、QN700A
QA700A
AU9070、AU9000、QNQ60、AU850AD、AU8000、LS05A
QN6AD、QN60A、QN50A、AU7500、AU7000、AU850AD、AU8000、AU7700、LSP3
2020QN800T、QN850T、QN900T、QN950T、LSR9T、LST7T、QN70T、QN72T、QN70TD、QN80T、QN80TD、QN90T、QN95T、LS05T、LS03T、LS01TTizen 5.5
Q60T、Q62T、Q60TD、TU8500、TU850D、TU8510、TU8570、TU8000、TU800D、TU8200、TU8300、TU8400
LS03T、TU7000、TU700D、TU7090
TU4310、TU4500、TU4700、TU5310、TU5500、TU5770、TU4300、TU4400、TU5300、TU430E、TU530E
2019QN900BR、Q90R、Q85R、Q80R、Q75R、Q70R、Q69R、Q65R、Q60R、LS03R、LS05R、LS01R、RU800D、RU8000、MLS07RTizen 5.0
Q50R、RU7800、RU7700、RU74A0、RU7470、RU7450、RU7410、RU740D、RU7400、RU730D、RU7300、RU710D、RU7100、RU7790、RU77FA
RU7000、RU6900、RUF58T、RUF58T
RU6000、RU5500、RU4500
2018QN9FN、QN8FN、QN6FN、NU850D、NU8500、NU80A0、NU800D、NU8000、NU76A0、NU7500、NU74A0、NU7450、NU7400、LS03NUタイゼン4.0
NU730D、NU7300、NU710D、NU7103、NU7100
NU7000、NU7120、NU709D、NU7090、NU7080、NU7050、NU6950
NU5510、NU5500、NU5350、NU5305、NU5300、NU5200、NU4510、NU4500、NU4350、NU4310、NU4300
2017q7f, q6f, mu900r, mu9000, mu800r, mu8000, mu750r, mu7500, mu70ar, mu70a0, mu700r, mu7000, mu66a0, mu6500, mu64a0, mu6470, mu6400、в ls003, ls003u, mu66ar, mu650r, mu64ar, mu640r, mu6303, mu6302, mu6300, mu6310, mu6320, mu6103, mu6102, mu6100, mu6070, mu6000Tizen 3.0
MU6303、MU6302、MU6300、MU5603、MU5602、MU5600、MU5523、MU5522、MU5520、MU5513、MU5512、MU5510、MU5503、MU5502、MU5500、MU5300、MU4500、MU4300
NU7000、MU6100Tizen 2.4
2016KU9518、KS9800、KS9500、KS9000、KS8500、KS8000、KS7500、KS7000、KS6900、KU66A0、UK6510、KU6500、KU64A0、KU6400
KUC30S、KU6390、KU630D、KU6300、KU6310、KU6100、KU6090、KU6070、KU6000
KU6300、KU6250、KU6200、KU5600、KU5520、KU5510、KU5500、KU5310、KU5300、KU4300
2015JS9900、JS9800、JS9500、JS9000、JS9100Tizen 2.3
JU5900、JU5910、JU5920、JU8000、JU7800、JU7500、JU7000、JS8500、JS8000、JU6900、JU6410、JU6400、JU6300、JS6900、JU6390、JU6000、JU6100、JU6800、JU6740、JU6700、JU6600、JU6510、JU6500、JS8600、JS6700、JU7090
J6400、JS6000、J6330、J6300、J6240、J6200、J5520、J5510、J5500、J5300、
K5200、J6203、J5373、J5370、J5303、J5300、J5290、J5278、J5270、J5248、J5205、J5202、J5201、J5200、J5190、J4700、J4600、J4570、J4500、J4303、J4300、J4290、J4200、H4501サムスン・レガシー・プラットフォーム
2014HU9800、HU9300B、HU9300、HU9000、HU8500CV、HU8800、HU8700、HU8550、HU8500、HU8200、HU7500、HU8800、HU8000
H7100、H7000、H6900、H6850、H6800、H6700、H6600、H6500、H6400、H6410、H6350、H6300、H6200、H6088、J5800、UH5600、UH5570、H5510、H5500、H4570、H4500
H7000、H6700、H6600、H6510、H6500
HU8800、HU8700、HU8550、HU8500、HU8200、HU7800、HU7500、HU7250、HU7200、HU7100、HU7000、HU6950、HU6900、HU6830、HU6000、HU5900
H6203、H6103、H5303、H5203、H5103、H4500、H4303、H4250、H4203
2013F8500、F8200、F8000、F7500、F7450、F7400、F7000、PF8500、KS9C、F9500、S9、F9000、
F7200, F7150, F7120, F7100, F7050, F6900, F6800, F6700, F6600, F6540, F6510, F6500, F6470, F6450, F6420, F6400, F6370、F6360、F6350、F6330、F6320、F6300、F6203、F6200、F5700、F5500、F5400、F5303、F5300、PF5200、F4500、F4300、PF5500
2012ES9500、ES9010、ES9000、ES8000、ES7500、ES7000、PE8000、EA6950、PE7000
E7200, E7150, E7100, E6900, E6820, E6800, E6760, E6710, E6700, E6600, E6580, E6540, E6530, E6500, E6400, E6330, E6320, E6300, E6200、E6100、E6150、E5800、E5700、E5600、E5500、E5450、E5400、E5330、E5300、E4530、E4500、PE7000、PE6500、PE570、PE550、PE540、F6200、F6088

サムスン・スマートTVのオペレーティング・システムの歴史

サムスン・スマート・テレビの歴史に興味がある方のために、サムスン・スマート・テレビが誕生した時期について情報を集めてみた。サムスンのテレビが現在のようになったのはつい最近のことで、徐々に改良されていった。もちろん、サムスンはテレビを改良し、オペレーティングシステムを変更し、最終決定し、多くのバージョンがありました。サムスンのテレビの特徴は、OSを新しいバージョンにアップデートできないことだ。Tizen 6.5のような工場出荷時にインストールされているバージョンが常にテレビのOSとなる。テレビ向けに定期的にリリースされるアップデートは、マイナーな改良とOSのバージョンアップである。これは、オペレーティング・システムのコアが工場出荷時に永久メモリ・チップに書き込まれ、コンピューターのバイオのように変更されなくなるためである。しかし、サブルーチンや設定は半永久的なメモリーチップに書き込まれており、バージョンが更新されるとこれらの情報は上書きされる可能性がある。

2008年のサムスン・スマートTV。

2000年代半ば、テレビをグローバル・インターネットに統合する必要があることが明らかになった。最初の試みは2008年のPAVVボルドー750TVであった。このテレビはビデオプレーヤーとインターネット接続を内蔵したプロトタイプで、ユーチューブを直接表示したり、フラッシュドライブからビデオを見ることができた。このテレビには本格的なOSは搭載されていなかった。当時、サムスンはスマートTV分野への参入を試みた最初の企業のひとつだった。当時の挑戦は、ケーブル、USB、インターネットからのビデオを映し出すテレビを作ることだった。もちろん、ノートパソコンをテレビに押し込むこともできたが、それではテレビが非常に高価になってしまう。そこで、各社は実験を繰り返した。

2009年のサムスン・スマートTV

2009年、サムスンは、ビジュアルデザインとインタラクティブアイコンを若干改良したPAVVシリーズテレビを引き続き発売し、ヤフーとのコンテンツ表示に関する提携を開始した。全体として、目新しいもの、変わったものは何もない。インターネットに接続でき、ブラウザを内蔵し、USB経由でビデオを見るためのビデオプレーヤーを備えたテレビである。今のところ、まだプロトタイプのスマートTVだ。

2010年のサムスン・スマートTV

2010年、スマートテレビはテレビの3Dの後塵を拝した。革新的な機能は、例年同様、最小限のものにとどまった。しかし、サムスンは内蔵プレーヤーを凌駕する本格的なOSの開発に取り組んでいる。テレビは、ストリーミング・ビデオ・サービスにアクセスするためのアプリをインストールできるはずだ。タッチパッドやマウスで簡単に操作できるはずだ。

2011年のサムスン・スマートTV

2011年、スマートTVという名称が登場。統一されたテレビ制御システムが構築される。ソーシャルメディアへのアクセスがテレビに追加され、サムスンは映画ライブラリー(ビデオ・オン・デマンド)へのオンライン・アクセスのアイデアを形成し、映画とテレビ番組のライブラリーを作成した。

2012-2014年のサムスン・スマートTV。

2012年、サムスンはすべての開発をサムスン・レガシー・プラットフォームと呼ばれる単一のプラットフォームに統合した。このプラットフォームは、すでにテレビ用のオペレーティング・システムであったが、さらに多くのことができるようになり、実質的にテレビをコンピューターに変えた。アプリをダウンロードしたり、ストリーミングビデオを見たり、スマートリモコンでテレビを操作したりすることができた。このシステムは2014年まで続き、サムスンのテレビの一部モデルは2016年までサムスン・レガシー・プラットフォームで発売された。

サムスン・レガシー・プラットフォームを採用したサムスンのテレビモデルのリストは以下の表の通りである。サムスンは2012年から2015年まで、このプラットフォームでスマートTVモデルをリリースしていたことがわかる。これがTizen 1.0である。しかし、顔のないOSはマーケティングで負けたため、OSをTizenと呼び、テレビを宣伝する広告キャンペーンを構築することになった。

2015-2023年のサムスン・スマートTV

2015年、移行期間があった。新しいOS、Tizenバージョン2.0が登場したのだ。というか、Tizenオペレーティングシステムは、さまざまなデバイスで動作するように最終調整された。OSの最初のバージョンは2012年にリリースされた。2015年には、このOSを搭載した新しいテレビの販売が始まった。サムスンはこのシステム、特にテレビに賭けた。2016年以降、すべてのテレビモデルはTizen OSのみで発売されている。例えば、2022年にはTizen 6.5、2023年にはTizen 7.0が搭載された。徐々にOCが完了し、新機能が登場する。例えば、Tizen 2015-2016にはWebkitベースのインターネットブラウザが搭載されていた。後のバージョンでは、最も人気のあるブラウザーであるChromeのベースとなっているChromiumエンジンを使用している。OSの視覚化システムも改善され、クイック設定が可能なゲームモードなどの機能も追加された。OSには、サウンド処理、画質向上、HDRサポート、その他多くの貴重な機能のサブルーチンがある。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here