Insignia TV のメーカー – 知っておくべきことは次のとおりです

0
258

Insignia TV の製造の起源とパートナーシップを主張するには、世界的なエレクトロニクス製造、ブランド ライセンス、業界の運営動向を微妙に理解する必要があります。 Insignia は、米国の有名な家電量販店であるBest Buyの自社ブランドです。 Best Buy の Insignia ブランド戦略には、主に中国のさまざまな相手先ブランド供給メーカー (OEM) に生産をアウトソーシングすることが含まれています。これは、コスト効率を向上させ、専門知識を活用するためにエレクトロニクス業界で一般的に行われています。

中国の世界的なエレクトロニクスおよび家電市場の重要なプレーヤーであるハイセンス コーポレーションは、Insignia TV、特に Amazon Fire Smart TV オペレーティング システムを搭載したテレビの主要サプライヤーとして認識されています。

Insignia ブランドの所有者は誰ですか

Best Buy Co., Inc. は、家庭用電化製品やその他の幅広い製品カテゴリを専門とする大手小売業者であり、Insignia ブランドを所有しています。この所有権は、企業がブランドを登録し、そのブランド名でテレビやさまざまな機器の生産を発注するという、業界で一般的な戦略を象徴しています。このアプローチは Best Buy に固有のものではありません。これは、市場で大きな存在感を示しているにもかかわらず、製造施設を持たないAmazon や Vizioのような企業の運営モデルを反映しています。

Insigniaのようなブランドを所有すると、いくつかの戦略的利点が得られます。まず、Best Buy がブランド製品で市場を飽和させることで、ブランドの認知度を高めます。この直接消費者モデルにより、卸売業者やその他の仲介業者が関与する流通チェーンが不要になり、市場へのより合理化されたコスト効率の高い経路が提供されます。その結果、この効率により収益性が向上し、競争力のある価格戦略が可能になります。競合他社に比べて低価格で製品を提供できます。

Insignia TV が良いかどうか、知っておくべきことは次のとおりです

Insignia TV は、家庭用電化製品市場において、予算を重視する購入者にとって手頃な価格の選択肢として位置付けられています。控えめな画面、8 ビットの色深度、毎秒 60 フレームのリフレッシュ レートなどの機能を備えたInsignia TV は、最先端のテクノロジーよりも経済的利益が重要である層をターゲットにしています。市場の需要に応えて、購入者には非スマート TV が提供されます。これらのテレビはアプリケーションの操作や音声制御などをサポートしていませんが、画面サイズが 40 インチのテレビは 130 ドルで購入できます。はい、これらのテレビは 2015 ~ 2016 年のレベルです。それでも、Insignia TV は、技術革新と優れた仕様に関して業界リーダーの最新モデルと部分的にしか競合できませんが、市場セグメントでの地位を確立しています。

2018 年、 Best Buy と Amazon は戦略的パートナーシップを締結し、Amazon の Fire Smart TV オペレーティング システムを Insignia TV に導入しました。この提携により、Amazon のサービス エコシステムとのより深い統合を通じて Insignia TV の価値が高まり、それによってこれらの低価格モデルのスマート機能が強化されました。この契約により、Insignia ブランドは Amazon パートナーとして位置づけられ、Amazon の広大なオンライン市場での流通と利用可能性がさらに拡大されました。

Insignia TV が製造される場所、Insignia TV の Samsung コンポーネント

Insignia TV の起源とコンポーネントの選択は、特にサムスン、LG、東芝などの大手メーカーのコンポーネントの使用に関して、広く憶測と誤解の対象となってきました。インターネット上の一部の主張に反して、Insignia TV の組み立てにはこれらの企業のコンポーネントは使用されていません。この誤解は、大手ブランドのエレクトロニクス製造慣行とポリシーに対する広範な誤解が原因である可能性があります。

たとえば、家庭用電化製品の世界的リーダーであるサムスンは、2021年にLEDスクリーン事業から撤退し、中国の有名な電子機器企業であるTCLに売却した。ディスプレイ技術の革新で知られるサムスンとLGは、プレミアムブランドとの協力を除き、コンポーネントや回路基板などのテレビ電子機器をサードパーティの組立業者に供給しない方針をとっている。このポリシーは、市場での存在感やブランドの完全性を弱める可能性のあるテレビのコピーの製造を防ぐ戦略的な理由から設けられています。

さらに、本来 LG や Samsung 向けに設計された回路基板に Android や Fire TV OS などのオペレーティング システムをインストールすることは技術的に不可能であり、Insignia TV でこれらのコンポーネントを使用できるという概念は払拭されました。

東芝は2015年に自社テレビの生産を中止し、他のメーカー、特にコンパル・エレクトロニクス社へのブランドライセンス供与に切り替えた。2018年、東芝はビジュアルソリューション部門をハイセンスに譲渡し、テレビ生産への直接関与からさらに距離を置いた。

シャープ製テレビの製造も誤解の対象となっている。シャープ ブランドにはエレクトロニクス分野で豊かな歴史がありますが、その過半数はフォックスコン (旧称: 鴻海精密工業有限公司) が所有しており、生産のダイナミクスを変えてきました。たとえば、シャープのテレビはフォックスコンの製品であり、一部のインシグニアのテレビもフォックスコンの施設で製造されており、世界のエレクトロニクス製造の相互接続された性質を強調しています。

Insignia TV は、中国、台湾、マレーシアなど、さまざまな国で製造されています。ただし、製造を担当する特定の OEM は公表されていません。今日のエレクトロニクス市場では、製品の起源ではなく、ブランドと消費者の体験に焦点が移ってきています。多くの有名ブランドの受託製造業者として機能する Foxconn などの企業は、エレクトロニクス製造のグローバル化を象徴しています。

Insignia TV は良いブランドですか?

Insignia TV が「良い」ブランドであるかどうかを評価するには、製品の品質、価格、寿命の要素を考慮した多面的なアプローチが必要です。

一般的に、Insignia スマート TV モデルは、Samsung の Crystal UHD シリーズや LG の Nano Cell、さらには Hisense、Vizio、または TCL のほとんどのモデルと同じクラスにあります。また、同じコンポーネントから作られているため、Amazon、Philips、その他ほとんどのブランドのテレビと同等です。
Insignia にはインテリジェント機能のないモデルがあることを考慮すると、これらのテレビは少なくとも 7 年以上古いため、現在の認定の対象にはなりません。他のテレビ ブランドの 80% と同様、中立的なブランドです。 Fire TV のすべてのモデルを比較すると、すべて同じコンポーネントで作られていることがわかります。たとえば、テレビを含む電子機器の修理をしている知人に相談したところ、さまざまなブランドのさまざまな価格のテレビを 4 台修理に出していましたが、中身は同じであることが判明したと彼は言いました。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here