サムスンTVの歴史 1970-2023

0
297

サムスンの最も有名な製品は携帯電話とテレビである。しかし、同社は家電製品やコンピューター部品も製造している。この記事では、サムスンがどのようにテレビを生産してきたか、最初のモデルから現代のテレビに至るまでのストーリーをお話しし、昔のサムスンのテレビとテレビ生産の歴史の主な段階について簡単にお話しします。

1970年から今日までの50年間のサムスン製テレビ

1970年から今日までの50年間におけるサムスンのテレビ。この間、サムスンは無名の企業から、先進的なテレビ技術ソリューション開発のリーダー企業へと成長した。電子産業の発展当初、サムスンはテレビを生産する技術を持っていなかった。それでも韓国政府は、外資による企業開放と、その前提となる韓国企業への技術移転の条件を整えることで、経済の発展を図ることにした。サムスンは、テレビ技術を含む新技術の供与を受けた企業のひとつである。

1970-1976年のサムスン製テレビ

1970年、サムスンは韓国でのみ販売される白黒テレビを初めて発売した。その後、いくつかのモデルのテレビが発売され、1976年までにサムスンは100万台以上の白黒テレビを生産した。テレビは画面サイズが小さく、本体は木製か合板製だった。最初のサムスン製テレビは輸入部品を組み立てただけのもので、最初の部品供給元は日本の三洋だった。当時はテレビ市場が飽和状態にあった時期で、テレビは大きな需要があったため、売上が伸び、サムスンが設立された。写真では、最初のテレビがどのようなものだったかを見ることができる。

サムスンTV 1976-1993

1976年、サムスンはカラーテレビの生産を開始し、白黒テレビの生産も続けた。1978年には400万台の白黒テレビが生産された。サムスンは国際市場に参入した。まずアジアでテレビが販売され、その後世界市場への進出が続いた。サムスンは、サムスンのロゴの入った電子機器をどの国でも有名にすることを目指した。アジアと南米には白黒テレビを、ヨーロッパと北米にはカラーテレビを供給した。1982年、サムスンは白黒テレビを1,000万台、カラーテレビを400万台生産した。テレビは改良され、画面はより広くなり、電気回路は真空管の代わりにトランジスタとマイクロチップを使用した。1987年、サムスンはテレビ開発のための研究所を設立した。

1991年、ソビエト連邦が崩壊した後、東ヨーロッパと旧ソビエト共和国から新たに生まれた国々に巨大な市場が開かれた。これらの市場は何百万台ものテレビを購入する準備ができており、サムスンはこれらの国々にテレビを供給することでこれを利用した。化学工業はプラスチックの生産をマスターしていた。この素材は木材よりも安く、テレビをより魅力的で手頃なものにした。1980年代半ば、テレビはプラスチック製の筐体で作られるようになった。

サムスンのテレビ 1993 -1998

サムスンは新しいテレビに取り組んでいる。他のメーカーと同様、テレビのアイデアは安定してきた。テレビはプラスチックの筐体に電子基板とキネスコープが取り付けられている。リモコンでテレビを操作する。メーカー各社はテレビにさまざまな名前をつけるが、その目的は、他の多くのメーカーの中で目立つようにするためである。サムスンも同様で、以下のシリーズのテレビが発売されている。

サムスン1993年製BIOテレビ。

1993年に発売されたサムスンの新型テレビ。これらのテレビには緑色のバイオビジョンというラベルが貼られていた。製造の過程で、このラベルはウルトラ・バイオ・ビジョンなどのように変更された。テレビはバイオテクノロジーとは何の関係もないので、これはマーケティング上の策略だった。通常、何か特別なものにちなんだ名前を思いつくのは、マーケティングのトリックの始まりだった。

サムスンのテレビ プラスワン 1996

サムスンはテレビの実験を行った。次のステップは、アスペクト比12.8:9の非標準サイズの画面を持つテレビを作ることだった。当時、標準的なアスペクト比は3×4だった。新しい画面解像度は、非標準的ではあったが、サムスンのテレビをほとんど見分けがつかないものにした。このようなテレビを発売するのはほとんど非現実的で、多くの顧客は少しでも画面が大きいテレビを買うことに決め、多くの人は何も考えなかった。しかも、One televisionは、対角線上の画面サイズが当時の標準的なテレビよりも1インチ大きかったからだ。例えば、サムスンは21インチではなく22インチのテレビを生産した。同様に、標準的な画面サイズが29インチだとすれば、サムスンは30インチのテレビを生産した。これらのテレビは、他のメーカーのものとほとんど区別がつかなかった。テレビのデザインは変わらないが、以前は黒いボディーのテレビがあったが、現在はグレーのプラスチックボディのテレビがある。

サムスン 薄型テレビ 1998

1998年、サムスンはCRTスクリーンの生産を改善し、フラットスクリーンの生産を開始した。もちろん凸型ではあったが、画面の曲率は大幅に減少し、CRT前面の保護ガラスは外側が平らになった。視覚的にも、そのようなテレビの画面は平らだった。もうひとつの大きな進歩は、電子ビームの偏向角度を120度にしたことで、テレビの奥行きが格段に小さくなった。また、画質を向上させるために、ディスプレイのフレームレートを上げることも考案された。当時の標準的な表示速度は毎秒24フレーム。そのようなテレビは100Hzや120Hzと呼ばれ、視覚的に画質が向上し、1つのフレームを2回表示する構造を繰り返すことで画質の向上が得られた。

ビーム管の設計上、30インチを超える画面のテレビを作ることはできなかった。ビーム管の設計上、30インチ以上のテレビを作ることはできなかった。そのため、開発におけるすべての力は、フラットなLCDスクリーンとプラズマ・パネルの技術に集中した。1995年にプラズマパネルの生産が始まり、LCDパネルの開発が続けられた。テレビの開発は、新たなラウンドに入った。

サムスンTV 2005-2009

2005年、TFT(液晶)画面を搭載したテレビの大量生産が始まった。このテレビの特徴は、ブラウン管テレビに比べてかなり薄く、消費電力が少ないことだった。当初は22~26インチと小型だったが、2009年には32インチ以上のテレビが標準となった。画素数(テレビ画面のドット数)も増えていった。最初のテレビの解像度はHD未満だったが、その後、HDやフルHD画面のテレビが登場した。テレビがデジタルテレビを受信するようになり、ケーブルによるデジタルビデオストリーミングが始まった。

サムスン・プラズマテレビ 2006-2013

最初の大画面テレビはLCDテレビではなかった。最初はプラズマテレビで、家庭用の最初の大型テレビだったが、製造コストが高く、重量が重く、焼損しやすいため、開発者は液晶画面に押された。液晶画面は徐々に改良され、画素数が増え、応答速度が低下した。液晶テレビはプラズマテレビよりはるかに安くなった。プラズマテレビの生産は減少し、プラズマ技術の最終的な放棄は2013年に起こった。サムスンはプラズマテレビの生産を中止した。

サムスンLCDテレビ 2005-2008

もちろん、LCDスクリーンは2005年以前に発明されていたが、その欠点からテレビにはほとんど使われなかった。液晶画面は、ゲーム用ではなく、仕事用のノートパソコンに搭載された。テレビメーカーは、応答時間を短縮し、テレビ画面上で動く物体から発生する残留プルームを除去するために多額の資金を投入した。2005年までには、これらの欠点はほぼ解消された。液晶画面付きテレビの大量生産が始まった。2008年には、40~60インチの大画面液晶テレビが登場した。

サムスンTV 2009-2016

次の一歩は、特殊なランプによるバックライトの代わりにLEDバックライトをテレビに採用したことだった。LEDバックライトは、バックライトのレベルをコントロールすることを可能にし、LEDをディスプレイの端とバックパネルの両方に配置することができた。テレビは調光技術をサポートし始めた。LEDテレビはいくつかの本質的な改良を受けた。

サムスンLEDテレビ2009

2009年、テレビ製造に大きな変化があった。LEDスクリーンへの切り替えは、バックライトの種類が変わっただけではない。LEDバックライト用のボタンによって、テレビ画面を作り、画面の裏側にLEDを配置することが可能になった。そして、この配置によってバックライトの制御が可能になり、画像、特に黒の色が灰黒ではなく、TFTスクリーンの問題点であった真の黒の欠如が解決されたのである。

サムスン 3Dテレビ 2010

2010年、サムスンは3Dテレビの大量生産を開始した。サムスンはアクティブ3D技術のみを使用し、2013年にはサムスンが生産するテレビの80%が3Dに対応した。しかし、この技術は需要がなかった。多くの視聴者は、テレビを購入する際、3D映画を1-2回見ただけで、それ以降はこのモードを使用しなかったと述べている。さらに、スクリーンのさらなる発展は3Dとこれ以上相容れないものだった。2015年までに、3Dテレビの生産は中止された。2010年代初頭の3Dは、失敗した実験だった。おそらくまたいつの日か、3D対応テレビが登場するだろう。

サムスンスマートテレビ2011。

2011年、プロセッサー・メーカーはテレビのプロセッサーをインターネットに対応させた。テレビは、ケーブルで受信したビデオを見るためだけの機器ではなく、テレビがコンピュータになったのだ。サムスンは他の企業とともにオペレーティング・システムを開発し、OS「タイゼン」を発表した。彼らはこのシステムを携帯電話に搭載したかったが、アンドロイドが勝った。テレビはインターネットと連動し、インターネットを通じてユーチューブなどのデジタルストリーミングビデオをテレビで見ることができる。

サムスン有機ELテレビ2013

そう、サムスンは2013年に55s9モデルなどの有機ELテレビを発売した。当時、有機ELスクリーンは不完全で、寿命が短く、すぐに焼けてしまった。新しい有機ELテレビの発表会で、電源を入れて数分で壊れたのは見ていて滑稽だった。これがサムスン初の有機ELテレビの運命を決定づけたのかもしれない。多くの失敗と高価格による需要の低迷で、サムスンはその後9年間、有機ELテレビを見捨てた。

サムスン 4Kテレビ 2013

また、2013年には4K解像度のテレビが登場し、このフォーマットは有望で、ディスプレイメーカーはUHD画面を生産するために工場をアップグレードした。当時、4K解像度の画面を持つテレビはあったが、4Kを受け入れることはできなかった。当時のHDMI端子はこの規格をサポートしていなかったからだ。2013年のテレビの主な目標は、ビデオを4K解像度に拡大することだった。そして、4Kビデオは当時ほとんど存在しなかった。

サムスン 2014曲面4Kテレビ

2014年、サムスンは湾曲型4Kテレビの発売を開始した。これは新しいというよりもマーケティング的なもので、このようなテレビはテレビのすぐ前に座って動画を見るのに適している。しかし、このようなテレビは数台しか生産されず、通常は年に1、2モデルしか生産されない。このようなテレビは徐々に生産台数を減らし、私の見間違いでなければ、2020年には製造中止となるだろう。もちろん、このようなディスプレイは生産ラインが陳腐化するまで生産できるが、大手メーカーはこのようなテレビにあまり意味を見出さない。

サムスンのテレビ2016。

量子ドット上の材料を使った画面を持つテレビがあった。当初は、量子ドット上の材料を使用した特殊な追加レイヤーをスクリーンの構造に使用し、光フィルターの役割を果たしていた。しかし、この名称は数年しか続かなかった。

サムスンTV 2017

2017年は、サムスンが2つの大きなことを行った年である。それは、Superラインの延長線上にある量子ドットスクリーン、QLEDスクリーンを搭載したテレビを発売し、さらにLifeStyleテレビの新ラインを設立したことである。
 QLEDはテレビのプレミアムラインであり、強化された画像と高度な機能により、サムスンのテレビは他のLEDテレビメーカーとは一線を画してLifeStyleラインには特殊テレビが含まれ、The Frame、The Serif、The Terrace、The Seroと徐々に拡大してきた。

サムスンの2019年テレビ。

2019年には8K解像度のテレビが登場し、サムスンも8Kテレビの発売を開始した。多くのオーナーは、映像を見ると4Kと8Kテレビの違いがほとんどわからないと言う。とはいえ、これらのテレビは生産台数も価格も4Kより高いが、需要はある。

サムスンの2021年型テレビ

2021年、サムスンはLEDスクリーンの生産中止とディスプレイ工場の大規模な近代化を発表した。2021年には、第2世代の量子ドットによる新しいスクリーンの生産を開始する予定だった。これらはQLEDスクリーンとミニLEDバックライトを搭載したテレビとなる。この技術の商品名はNEO QLEDである。なお、ネオQLEDスクリーンの生産は、QLEDスクリーンを生産する旧工場で行われる。サムスンはOLEDテレビの生産も復活させる計画で、OLEDテレビでは、OLEDとQLEDの最高の開発成果を使って作られたディスプレイを使用する予定である。サムスンのOLEDディスプレイは両方の技術を使用する予定である。

サムスン 2022-2023 テレビ

商業用有機ELテレビの初披露から9年後の2022年、同社は新たな有機ELテレビを発表した。サムスンの声明によると、同社の有機ELテレビはQD-OLEDテレビである。サムスンの有機ELテレビについて少し調べてみた 、LGの有機ELディスプレイとは共通点は多いが異なるサムスンの有機ELテレビは新しいラインナップなので、品質については何とも言えない。しかし、OLEDテレビのオーナーが指摘しているように、画質は素晴らしい。将来的には、高級テレビに有機ELディスプレイが搭載されることになるだろう。これは、技術開発の重要な次のステップである。
 また、2022年にサムスンはディスプレイ事業の抜本的な再編を決定し、サムスンの中国のディスプレイ工場はTCLに売却さサムスンは韓国の新工場でQD OLEDディスプレイのみを生産することを決定した。
 新しいOLEDディスプレイ生産ラインは稼働を開始し、2023年には77インチと83インチのパネル生産が開始される。ソニーは2022年にサムスン製ディスプレイをOLEDテレビに搭載し始める。LEDテレビとQLEDテレビについて言えば、サムスンは時代遅れの技術だと考えているが、その利点は価格であることは間違いない。そのため、このようなテレビは生産されており、今後も生産される予定である。

グローバル化がテレビ制作市場に与える影響

サムスンは世界的なトレンドの影響も受けている。例えば、サムスンのテレビ・スクリーンは製造コストが高い。そして、サムスンがローエンドテレビ用のディスプレイを他のメーカーから購入していることは周知の事実であり、その代表的なサプライヤーは中国のBOEであり、今後はおそらくTCLにもなるだろう。そして高級テレビでは、サムスン製でないスクリーンもある。これは何も珍しいことではない。同じBOEを例にとれば、サムスンはより安い完成品と引き換えに技術開発を助けているのだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here