デノンブランド:オーナー、生産者、製品

0
26

デノンは、有名なオーディオおよび電子機器メーカーであり、コンシューマーおよびプロ用オーディオ機器業界の著名なプレーヤーです。 1910 年に設立された同社は、高品質のオーディオ システムとホーム エンターテイメント ソリューションの設計と製造における大手企業としての地位を確立しました。これらすべては何十もの Web サイトで読むことができますが、この記事では、その会社が製造する製品、その所有者、および生産拠点について説明したいと思います。

デノンの製品は誰が作っているのか

デノンは、消費者市場とプロフェッショナル市場の両方で有名なオーディオおよびホーム エンターテイメント製品メーカーです。このブランドの製品範囲は次のカテゴリをカバーしています。

  • オーディオ/ビデオ レシーバー:デノンは、ホーム シアター システムの中心ハブであるオーディオ/ビデオ (AV) レシーバーで知られています。これらのレシーバーは高度なオーディオ処理を備え、さまざまなサラウンド サウンド フォーマットをサポートし、HDMI などの接続オプションを提供して、今日のオーディオおよびビデオ ソースとシームレスに統合します。
  • アンプ:デノンは、ステレオおよびマルチチャンネル オーディオ システム用に設計されたさまざまなアンプを製造しています。これらのアンプは、そのパワー、精度、高品質のオーディオソースとの互換性で知られています。
  • スピーカー:このブランドは、ブックスピーカー、フロアスタンディングスピーカー、ホームシアタースピーカーなど、さまざまなスピーカーを提供しています。
  • ヘッドフォン:デノンは、オーバーイヤー ヘッドフォンやインイヤー ヘッドフォンなど、さまざまなヘッドフォンを製造しています。

デノンの所有者、ブランドの歴史

日本コロムビア日本の電気音響の合併により設立されたデノン ブランドは、複雑な進化を遂げてきました。 2000 年にはエレクトロニクス業界に大きな変革が起こり、いくつかのブランドが市場から撤退するなど世界的な変化が見られました。同時に、ブランドや中小企業を買収する傾向が現れ、2002 年にデノン株式会社と日本マランツ株式会社が合併しました。その結果、両ブランドを統括する株式会社 D&M ホールディングスが設立されました。

2017 年、 D&M Holdings Inc. は、業界全体の統合の流れに合わせてSound United LLCに買収され、極めて大きな変化を遂げました。 2022 年にMasimo Corporation が参入し、Sound United LLC を買収しました。この戦略的動きは、マシモ コーポレーションのコンシューマー オーディオ分野への拡大の一環であり、より広範なポートフォリオ戦略を反映しています。

2024 年現在、Masimo Corporation が Denon ブランドの所有者です。

Denon ブランドが Masimo Corporation のポートフォリオ内で自律的に運営され続けていることは注目に値します。この企業は現在コンシューマーオーディオの主要企業であり、デノンを所有し、サウンドユナイテッドの買収から引き継いだ他の有名なオーディオブランドスイートを管理しています。この印象的な名簿には、Bowers & Wilkins、Marantz、Polk Audio、Definitive Technology、Classé、HEOS、Boston Acoustics が含まれます。 Masimo Corporation の所有権の下、Denon ブランドは競争環境においてその明確なアイデンティティを維持しています:出典

デノンの工場はどこにありますか?

今日の世界では、ブランド所有者が OEM または ODM メーカーに製品の設計と製造を依頼するのが標準的な慣行です。はい、そのような企業は開発を行う研究センターを持っている可能性があります。 Denon デバイスの適合証明書を検索したところ、これが見つかりました。デノン製品は株式会社ディーアンドエムホールディングスにより認証されており、同社は日本で登録されています。

ヘッドフォンの製造: Denon ヘッドフォンはShenzhen Grandsun Electronic Co, Ltdによって製造されています。製造パークの住所は、中国深セン市龍崗平地街高橋工業区東公園です。ヘッドホンやスピーカーのOEM/ODMメーカーです。サイト深セングランドサン電子

サウンドバーの製造:サウンドバーは OEM/ODM メーカーによっても製造されており、モデルに応じてサウンドバーは 8 つの工場のうちの 1 つで製造され、そのうち 7 つは中国にあり、1 つはベトナムにあります。

  1. 広西トンリー電子技術有限公司
  2. 株式会社トンリーテクノロジー
  3. Tonly Technology Co., Ltd. 通橋工場
  4. Tonly Technology Co., Ltd. 中開工場
  5. Tonly Electronics Technology Viet Nam Co., Ltd.
  6. Tonly Technology Co., Ltd. 陳江工場
  7. TCLテクノロジーエレクトロニクス(恵州)有限公司
  8. 恵州プーリー音響技術有限公司

アンプとレシーバー:主にベトナムで製造されていますが、OEM/ODM メーカーによっても製造されています。

  • ANAM ELECTRONICS VIETNAM CO., LTD は、ベトナムに工場を持つ韓国の電子機器メーカーです。
  • Inkel Corporationもベトナムに工場を持つ韓国の電子機器メーカーです。
  • D&M白河工場:レシーバーやアンプのハイエンドモデルを製造するデノンの自社工場。

デノンって今も日本で製造してるの?

デノンの製造状況は、2017 年に至るまでに大きな変化を遂げました。歴史的に、デノンのレシーバーとアンプの注目すべき部分には「Made in Japan」ラベルが付けられ、精度と品質に対するブランドの取り組みを強調していました。しかし、生産コストを最適化することが経済的に不可欠であるため、戦略の再評価が必要になりました。

この進化においては、 2017 年のサウンド ユナイテッドによるデノンの買収が極めて重要な役割を果たしました。日本製のエレクトロニクスはその品質が高く評価されていますが、製造コストが高いため、品質と収益性のバランスをとるための現実的なアプローチが必要でした。その結果、日本での生産は段階的に最適化されました。

この最適化戦略の注目すべき例外は、福島県白河市にあるD&M 白河工場です。この施設は、5 ~ 7 千ドルの価格帯のアンプや受信機に代表されるデノンのハイエンド モデルを組み立てる専用ハブとして際立っています。 DENON AVC-A1Hなどは、この日本の工場が守り続ける精度と職人技の証です。

サウンドユナイテッドはデノンを所有していますか?

現在、デノンはサウンドユナイテッドの所有ではなくなりました。その会社 (Sound United) は、小型の消費者向け医療機器を専門とする Masimo Corporation に買収されました。マシモは、投資ポートフォリオを拡大するために大手オーディオ ブランドのオーナーを買収し、コンシューマー オーディオ部門を設立しました。両社は以前と同様に事業を継続し、マシモのリーダーシップの下で製品のサポートと製造を行っている。

デノンって良いブランドですか?

はい、デノンは間違ったブランドではありません。最近はOEMメーカーによる製品も少なくありませんが、OEMメーカーが製造品質に目を配り、製品開発に携わっています。もちろん、自社製品とストリーミング サービスの統合を追いつく必要があります。これは日本特有の特徴です。日本はエレクトロニクス分野のリーダーであるにもかかわらず、ソフトウェア開発やプログラムやサービスの実装においては決して主導的な存在ではありませんでした。デノンが自社製品をモバイルアプリやクラウドサービスと非常にうまく統合しているMasinoファミリーに加わったことを考慮すると、デノンはデバイス上でクラウドやストリーミングサービスも使用するだろうと予想されます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here